【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

ダイソーなのに「1個16円」は衝撃!家中が「2秒でスッキリ片付く!」地味すご収納"神"グッズ

  • 2020年07月11日公開

こんにちは! 「節約×整理収納」アドバイザー、ヨムーノライターの海老原葉月です。

時間がないときに限って「コードが絡まって使えない」なんてこと、ありませんか?グチャグチャになったコードを解くのも、さらにタイムロスですよね。

こんな日常のプチストレスが、ダイソーの便利グッズで解消できました!

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

ダイソー クリップ付コードホルダーが便利!

今回紹介するのが、ダイソー「クリップ付コードホルダー」!

サイズ展開は2種類ありました。

●大サイズ 4個入り(30mm) 100円(税別)
●小サイズ 6個入り(15mm) 100円(税別)

使い方はとっても簡単。まとめたいコードにコードホルダーを挟み、カチッと止めるだけです。外す時は、コードホルダーの開閉部を上下に動かすだけ。結束バンドタイプのように「使う度にギュッと閉める」必要も手間もありません。

コツさえつかめば子どもでも使えるので、「ママー、できないー!」と、毎回、毎回、呼ばれることも減りました。

こんなものに便利!ダイソー「クリップ付コードホルダー」大サイズ編

毎日使うものほど、わずらわしさを感じない収納方法が便利ですよね。コードひとつですが、このひと手間が減るだけで、荒れない部屋づくりに繋がりますよ。

ドライヤーのコードがスッキリ!

意外と散らかりやすいのが洗面所。特にお風呂上がりに使うものはそのまま放置されがちです。夜はとにかく早く寝たい、そんな心理が働くため、ほんのちょっとの手間がものすごく面倒に感じるんです。

ドライヤーのコードを結んで収納する方もいるかと思います。ですが、コードの中で切れてしまうこともあるので、ぜひコードホルダーがおすすめです。

出番の少ない家電がスッキリ!

これはわが家で使っているホームベーカリー。月1の頻度でパンを作っています。使わない時はコードホルダーでまとめて、本体に付けたダイソー「クリア粘着フック」に吊るしています。

同じように、扇風機や空気清浄機も、コードを吊り下げてしまっています。

パソコンの充電器がスッキリ!

長いコードほど、わずらわしさは倍増しますよね。そのひとつがパソコンの充電器。私も夫も1台ずつパソコンを使っているため、どっちが誰の充電器か分からなくなることも…。そこで、私のは白のコードホルダーを、夫のには印がわりにシールをつけたコードホルダーを使っています。ラベルシールを貼れるサイズなので、用途によってラベリングすると便利です。

こんなものに便利!ダイソー「クリップ付コードホルダー」小サイズ編

小サイズはバッグやポーチの中を整えるのに便利なサイズです。バッグのなかが荒れがちな人は、コード収納も見直してみてください。

携帯の充電器がスッキリ!

今や必須アイテムになった携帯の充電器。バッグに入れて持ち歩く人も多いのではないでしょうか?私は充電器本体とケーブルを別々にポーチにしまっています。さらにコンセントも入れているので、いつでもどこでも充電できます!
絡まりがちなケーブルは、丸く整えてコートクリップで止めています。バッグのなかでケーブルがグチャグチャになる…!なんてこともなくなりました!

イヤフォンがスッキリ!

イヤフォンケーブルは細いため、絡まりやすさもアップ。音楽を聞きながら通勤している方は、イヤフォンを外したらそのままバッグにしまいがちなので、特にわずらわしさを感じるのではないでしょうか?
イヤフォンケーブルも、コンパクトに丸めてコードホルダーで止めています。通勤時はバッグの内ポケットが収納場所。帰宅したら、充電器のポーチにしまっています。万が一イヤフォンの充電がなくなっても、持ち運び用の充電器からもチャージできるので、とても便利です。

ダイソー「クリップ付きコードホルダー」まとめ

日々の生活の『ちょっと面倒』を即解決してくれるコードホルダー。1パッケージに大サイズなら4個、小サイズなら6個と、複数個入っているので、ストックとして置いておくのもおすすめです。ぜひお試しください。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

海老原葉月
暮らし整えアドバイザー

整理収納アドバーザー1級/親・子の片付けインストラクター1級。『仕組みを整える節約術』をキーワードに、 元汚部屋の住人&浪費家ならではの、簡単な工夫で続けられる情報をお届けします。夫、小2、年長男子の4人家族。

海老原葉月 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事