【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと
マニア激推し!ハズさない通販だけ厳選。ネットでお買い物。買えるヨムーノ

業スー「1本30円」が「夏一番したくない料理」の神!主役から弁当まで"簡単アレンジ"3選

  • 2020年08月04日更新

こんにちは。メインの買い物先は業務スーパーのヨムーノライター野上ママです。

キッチンをガッツリ掃除しようと決めた時に作る料理が揚げ物!
油がはねるし、キッチン暑いし……と、大変なのですが、チラシの特売品でせっかく買った油も使わないといけません。
あとは、イチから作るか、冷凍食品を使って揚げるだけにするかのバランス。

ここでは、コスパ重視なら業務スーパーの冷凍食品ということで、「えびフライ10尾入り」をご紹介します。

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

冷凍食品「えびフライ」10尾入り280g298円(税別)

インドネシアから直輸入の「えびフライ」です。
我が家は1回で10尾もあれば十分。残ったら、翌日やお弁当のおかずにもなりますからね。

もう、揚げるだけ状態です。

安いですが、他メーカーと比べて小ぶりという印象はありません。

さっそく揚げていく

  • 170度のたっぷりの油で2分半揚げる
  • 300mlの油で片面ずつ揚げる

片面ずつじっくり揚げていきます。少量の油で済むので油の節約にもなります。

3分程で片面は綺麗なきつね色になりました。ひっくり返してもう片面も揚げていきます。

油の量やフライパンによっては少しフライパンにくっついて返しにくい時があります。そしてだんだんと、香ばしい、良い匂いが漂ってきました。

冷凍食品で有名なメーカーさんではないので、申し分ない見た目(笑)。

アレンジ方法たくさん

さて、毎回エビフライとソースをそのまま食卓にだしていると飽きられてしまうので……色々とアレンジもしています。

エビフライサンド

エビフライを使ったサンドイッチアレンジをご紹介します。

食パンを2枚用意し、片方にスクランブルエッグを乗せます。 そしてもう片方に塩コショウで味付けしたキャベツとエビフライを乗せます。

具がこぼれてしまわないよう慎重に2枚を合わせてくださいね。

食パンはトースターで軽く焼いたほうが香ばしくなります! しかしちょうどトースターが壊れてしまったので、今回は食パンをそのまま使ってみました。

軽く押さえて具とパンを馴染ませます。 パンが柔らかくて押さえる行程がやりやすかったので、トースターが壊れていたのも結果オーライです(笑)。

半分にカットしたら、完成!
とってもボリューミー!

エビフライにはソースをかけましたが、それでもなおサクサクの食感♪ 少し手間はかかりますが、是非お弁当にも活用したいと思える美味しさでした...!

太巻き

次に、太巻きへのアレンジメニューです。

酢飯を作って冷ましておきます。

エビフライ、きゅうり、タルタルソースを乗せて巻いていきます。きゅうりの代わりにレタスなどで代用するのも良いでしょう。

私はさっぱりめが好きなので、きゅうりを増量しました!子ども達からはカニカマなどが人気です。彩り鮮やかになるのでこちらもおすすめ。

家族の好みによって巻く具材をカスタマイズできるので、とても楽しいですよ♪

完成です!
切るのに苦戦し、少し形が崩れてしまいましたがとても美味しくできました!

私は上から更にタルタルソースをかけて食べています。
一緒に具材を考えたり巻いたりと、子ども達と一緒に楽しくご飯が作れたので休日にまた作りたいと思います!

カツ丼

最後にかつ丼へのアレンジメニューです!

余ったエビフライを使って、かつ丼っぽくアレンジをしました♪

夕飯がいるのかいらないのか不明な夫用(ミニ丼仕上げ)です。
揚げたてで作るのが一番美味しいですが、1日経って少しシナっとしてしまったエビフライはこのように調理するのがとってもおすすめ!

サクサクとした食感はありませんが、卵と共にフワッとした食感を楽しめて美味しいんです。ペロリと平らげていました♪

業務スーパーの「えびフライ」で、一番の懸念はインドネシア産くらいでしょうか。家族の口に合えば産地はあまり気にしない我が家ですが、機会があれば味わってみてはいかがでしょうか。

※取り扱いや価格はエリアやお店によって異なります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

株式会社アステル
ASTER編集部

ASTER(アステル)の記事は「視点が変われば、日常にもっと心奪われる」がコンセプト。日本中、世界中にいるママさんライターやトラベルライターの身近にある"あ、心惹かれる!"をご紹介します。

株式会社アステル の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事