【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

コストコマニア愛用「2.5kg入り988円冷凍野菜」コスパだけじゃない!万能すぎ【自炊疲れ】の神

  • 2020年07月18日公開

こんにちは。コストコ歴8年のヨムーノライターとんとんです。

時間もお金もかけずに料理をしようと思うと、ついつい食卓が茶色くなってしまいます。できれば緑のものを加えたいけど、鮮やかな野菜は足がはやくて扱いが難しいんですよね。

そんな悩みを解決してくれるのが、コストコの「ノルマンディースタイルベジタブル」。超大容量の冷凍野菜です。

コストコが気になるあなたへ朗報!このまとめ記事は保存版

食品・お菓子・日用品!会員になる前に知っておきたいおすすめ商品まとめ

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

2.5kgで988円は超お買い得!

ベジタブルミックスとありますが、中に入っているのは4種類の野菜です。ブロッコリー、カリフラワー、人参、黄人参がたっぷり約2.5kg入って988円。驚きのコスパです。

コストコで抱えたときも大きいと思っていましたが、持って帰るとさらに大きく感じます。コストコあるあるですよね。

2.5kgの冷凍野菜は、我が家の冷凍庫容量の約1/4を占めました。ブロッコリーとカリフラワーがかさばって、重さ以上に場所をとってしまいます。

買うときは冷凍庫の空き容量チェックは必須です。「さすがにこれだけ空いていれば大丈夫」と思っても、実際入れてみたらピッタリだったりするのでご注意を。

ジッパー付きの袋はそのまま冷凍可能

大きなパッケージはちょっと変わったタイプのジッパー付き。ビリビリッとパッケージを開けるとジッパーが登場します。初めて見ましたね、このタイプは。

そこまでしっかりしたジッパーではなく、100均のジッパーバッグみたいな簡易的な感じ。とはいえしっかり閉まるので、このパッケージのまま冷凍庫に入れてOKです。

野菜は4種でカラフル!カット済みでそのまま使える

中には4種類の野菜が入っています。緑、白、オレンジ、黄色。色の組み合わせも良いですね。

ブロッコリーとカリフラワーは小さめの房に分けられ、黄人参は薄めにスライスされています。人参はベビーキャロットと言うのでしょうか。大きめのしめじぐらいのサイズ感です。

ブロッコリーとカリフラワーは歯ごたえがあります。解凍したらそのままマヨネーズをつけて食べたくなっちゃいます。色も鮮やかです。

人参と黄人参はやや水っぽく感じました。ブロッコリーやカリフラワーと違って、歯ごたえもありません。刻んで煮込みや炒め物に使うと良いですよ。

解凍は茹でるのがおすすめ

人参と黄人参はさっと解凍したいし、ブロッコリーとカリフラワーは大きさがまちまち。レンジのほうが楽ではありますが、時間の調整がしやすいのは茹でて解凍です。

ちょっと早めに鍋から上げましょう。余熱で柔らかくなることを計算して、ちょっと早いかな?と思うくらいでザルに上げて放置します。水気と粗熱が取れればOKです。

炒めたり煮込んだりするときは冷凍のままでOKですが、発色と食感を良くするには「短時間茹でて余熱で完成」がおすすめです。

即「あと一品!」の簡単アレンジレシピ

そのままハンバーグなどの付け合わせにしても良いですが、ちょっと手を加えればあと一品にちょうど良いメニューになります。

オーロラソース和え

ケチャップとマヨネーズ、砂糖を混ぜて作ったオーロラソースで和えてみました。ちくわやカニカマ、ゆで卵を入れるとボリュームアップします。ほかのメニューと味がかぶりにくいのが強みです。

チーズ焼き

ケチャップとチーズをかけてトースターで焼くのもお気に入り。トマト系のパスタソースやピザソースが余ってたら使っても◎。

ウインナーやベーコンなど、お肉をプラスするとよりおいしくなりますよ。チーズはたっぷりかけるとちょっとしたごちそう気分です。

買う前は冷凍庫をチェック

コスパ抜群で便利なノルマンディースタイルベジタブル。繰り返しになりますが、唯一にして最大の気がかりは冷凍庫の容量ですね。買うときはしっかり冷凍庫を空けて臨みましょう。買い物に夢中で気づいたら冷凍食品ばかりカートインしていた……なんてことにならないようご注意を。

毎日の料理がちょっと便利にカラフルになります。手抜き料理にも彩りと栄養を。毎日の料理をちょっとでも楽にしたい方は、ぜひ試してみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

「無理なく賢くムダ遣い」コストコとイケアを愛する埼玉ライターです。節約中でも楽しく買い物ができるようなお得情報を発信します。

とんとん の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事