クエン酸で電気ポットを洗浄!え、こんなに簡単だった?ほったらかし掃除術

  • 2021年03月25日更新

こんにちは、ヨムーノライターのharuです!

前回に引き続き、水垢、尿石、石鹸カスの汚れに強いクエン酸を使ったお掃除方法をご紹介いたします。

本日は、水垢が気になるキッチン家電をクエン酸を使ってお掃除してみたいと思います。

前回の記事はこちら
意外と知らない「クエン酸」やっていいこと・ダメなこと解説!簡単スッキリ掃除術【プロ監修】

監修者紹介

【日本ハウスクリーニング協会】
ハウスクリーニングを通じて地域の福祉に寄与し、認定資格講座およびハウスクリーニングの普及啓蒙活動を行なっています。
NPO法人日本ハウスクリーニング協会

【クエン酸でカンタン!】電気ポット洗浄

ポットやケトルを使っていると、中が白っぽくなることはありませんか?
また、水の中に含まれている鉄成分が付着した場合、もらい錆が出ることもあります。

これらは、クエン酸を使って除去する事ができます!

電気ポットをクエン酸で洗浄

私の家の電気ポットは、象印の2リットルタイプです。

この電気ポットの場合、クエン酸30g(約大さじ2)をポットに入れてクエン酸洗浄します。
クエン酸の分量の目安は、水1リットルに対して、クエン酸大さじ1〜1.5程度です。電気ポットの取扱説明書に分量が記載されている場合は、従ってくださいね。

電気ポットにクエン酸を入れて、内側の線いっぱいまで水を入れて蓋を閉じ、

「沸かす」ボタンを長押しするだけで、クエン酸洗浄をしてくれます。

クエン酸洗浄ボタンがない電気ポットの場合は、普通に沸かしてから1~2時間置きましょう。

誤ってお湯を使わないように、「洗浄中」の張り紙をしておきます。

クエン酸洗浄が終わったらお湯を捨てて、もう一度沸かしています。
排水管は60度位までしか耐えられないので、お湯を捨てる時はお水を流しながら捨てましょう。

お湯が沸いたらコップ1杯のお湯を出して、中のお湯を捨てておしまい。
コップにお湯を出す事で、お湯を吸い上げる部分も流します。

before⇒after

水垢やもらい錆も消えて、ピカピカになりました!

【クエン酸でカンタン!】電気ケトル洗浄

電気ケトルの場合も同様です。

クエン酸を入れて、内側の線まで水を入れて沸かします。
1リットルなので15g(約大さじ1)にしました。

1~2時間置いてお湯を捨て、再度新しいお湯を沸かして捨て、ゆすいでおしまいです。

洗浄で使ったクエン酸水で、ついでに排水口掃除!

洗浄で使ったクエン酸、そのまま捨てるのはもったいない!
そのまま排水口掃除にも使っちゃいます♪

まずは重曹(約大さじ2)を排水口にまきます。

重曹で汚れを浮かせます。

30分ほど置いたら、クエン酸洗浄で使ったお湯(60度以下に冷ましてから)をかけます。

重曹とクエン酸が混ざると、発泡効果が出て、汚れを浮かせます。

そのまま15分程置いて、洗い流したらおしまいです!

クエン酸でカンタン洗浄

クエン酸を使った、電気ポットと電気ケトルの洗浄、いかがでしたでしょうか?
とっても簡単なので、ぜひ試してみて下さいね!

また、洗浄で使ったクエン酸水もまた使えるので、ついでに排水口掃除もオススメです♪
発泡する様子がとってもたのしいですよ!

もちろんスプレーボトルに入れて、クエン酸パック等に使ってもOKです。

クエン酸パックはこちらで紹介しています。
意外と知らない「クエン酸」やっていいこと・ダメなこと解説!簡単スッキリ掃除術【プロ監修】

1つのクエン酸で2つお掃除できてお得な気持ちになりますよ!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事