【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと
マニア激推し!ハズさない通販だけ厳選。ネットでお買い物。買えるヨムーノ

マツキヨ・ダイソーが神!身の毛もよだつ効果に驚愕「夏のイヤ〜な虫対策」4品の実力試してみた

  • 2020年08月10日公開

こんにちは!虫が出てくるようになる暑い季節は苦手なヨムーノライターの相場一花です。

暑い季節になってくると、目立つようになるコバエや蚊。暑い季節は日焼け対策だけでなく、虫対策も必須です。巷では、虫・蚊対策グッズがたくさん。今まで有名なメーカーのものを使っていましたが、他社メーカーとの違いも試してみたくなりました。

そこで今回は、虫・蚊対策グッズ各2種類購入し、実際に使ってみました。はたして違いは出てくるのでしょうか。

コバエを捕獲!アース「コバエがホイホイ(2個入り)」880円(税込)VSマツモトキヨシ「コバエ捕獲器COCOTTE」508円(税込)

我が家ではいつもアース「コバエがホイホイ」を愛用しています。コバエがホイホイは本当によくコバエが取れるため、重宝しています。一方のマツモトキヨシ「コバエ捕獲器COCOTTE」は、使ったことはありません。本当にコバエが摂れるのでしょうか……。

両者の特徴は?

両者共に大きな違いはほとんどありません。柑橘系の香りでコバエをさそって、中に入っているゼリー状の物体にもぐらせて殺虫させる仕組み。両者共に「ジノテフラン」という有効成分が入っているとのこと。

マツモトキヨシ「コバエ捕獲器COCOTTE」には取り外し可能なフタがついていますが、これはいらないかなと思いました。捨てる時に捕獲されたコバエをみずにすむ……という点においてはいいのかもしれませんが……。

アース「コバエがホイホイ」VSマツモトキヨシ「コバエ捕獲器COCOTTE」:検証方法

以下の条件で検証を開始しました。

  • 検証期間:7月27日~7月29日
  • 設置場所:玄関先
  • 設置したら一切動かさない
  • 設置場所ではコバエが時折確認できる程度
  • マツモトキヨシ「コバエ捕獲器COCOTTE」のフタは邪魔なので取った

玄関先に置いて1日経つと捕獲力に違いが

アース「コバエがホイホイ」とマツモトキヨシ「コバエ捕獲器COCOTTE」を玄関先に置いて様子を見ることにしました。

そして、翌日。 ※生々しいので写真のぼかしを入れています

ぼかしを入れていてわかりにくいと思いますが、両者共にたくさんのコバエが……。詳細な写真は割愛しますが、アース「コバエがホイホイ」にはコバエ20匹くらい、マツモトキヨシ「コバエ捕獲器COCOTTE」には10匹くらいといったところ。

1日たった時点では、アース「コバエがホイホイ」の方がたくさんコバエを捕獲していました。

3日後どうなった?

さらに2日ほど経ち、3日目に確認してみると……

身の毛もよだつほどのコバエが捕獲されていました……。ざっと目で見た感じ、各50~60匹は捕獲されているのではないかと思います。

我が家の玄関先にはコバエがぶんぶんと飛んでいると感じたことはないため、こんなにもコバエがいることに軽い衝撃を受けました。

両者共に捕獲力がすごい

初動としてはアース「コバエがホイホイ」の方がコバエにたいする捕獲力が凄いのかなと思っていました。しかし、3日たつとどちらにも恐ろしいほどのコバエが捕獲されていましたので、コバエの捕獲力にあまり差はないのかなと思いました。

数匹飛んでいる程度では捕獲できなかった

同時期に家の中にもアース「コバエがホイホイ」を仕掛けて置きましたが、コバエは1匹もみつからず……。家の中でもコバエをみかけますが、数匹程度であれば捕獲に至らないのかもしれません。今回は1匹も入っていませんでしたが、例年は1週間で5匹位捕獲されています。

検証結果のまとめ

実際にコバエ対策アイテムを2点置いて検証をしましたが、コバエの捕獲力に差はみられませんでした。初動はアース「コバエがホイホイ」の方が良さそうですが、3日も経つとマツモトキヨシ「コバエ捕獲器COCOTTE」との差はほぼありません。わが家で試した結果としては、同じ位のコバエが捕獲されていました。

楽天の販売ページを見る
コバエがホイホイ

コバエ捕獲器COCOTTE

虫よけ対決!100均「虫よけ携帯スプレー」110円(税込)VSフマキラー「天使のスキンベープミスト プレミアム」592円(税込)

暑い季節はコバエもですが、「蚊」対策もちゃんと行いたいものです。今回は、写真左100均(ダイソーで購入)「虫よけ携帯スプレー(12ml)」110円(税込)と、写真右フマキラー「天使のスキンベープミスト プレミアム(60ml)」592円(税込)との2種類を購入しました。

ダイソーで購入した虫よけスプレーはとても安く感じられますが、60ml換算して計算すると税込550円。実は、フマキラー「天使のスキンベープミスト プレミアム(60ml)」との差額はさほどありません。それでも、ダイソーの方が経済的です。

両者の特徴は?

「蚊対策スプレーなんてどれもあまり変わらないのでは」と思っていたのですが、両者を比べてみると入っている成分に違いがありました。

  • 「虫よけ携帯スプレー」・・・ディート5%、イソプロパノール、精製水
  • 「天使のスキンベープミスト プレミアム」・・・イカリジン15%、エタノール、ヒアルロン酸Na(2)、精製水、香料

「イカリジン」と「ディート」は同等の虫よけが期待できるとのこと(※1)。しかし、ディートが入っている虫よけの場合、12歳以下のお子さんが使う時には1日の回数制限が設けられていることがほとんどです。

実際に、ダイソーで購入した「虫よけ携帯スプレー」には、生後6ヶ月未満の子どもには使用不可、生後6ヶ月以上~2歳未満は1日1回、2歳以上12歳未満は1日1~3回までといった記載がありました。

一方の「天使のスキンベープミスト プレミアム」には、年齢での使用制限はありません(※2)。赤ちゃんからでも使えるのは魅力的ですね。

両者共に虫よけはしてくれる

実際に使った感覚では、両者共に虫よけに一役買っているという印象です。

「天使のスキンベープミスト プレミアム」や「虫よけ携帯スプレー」を付けて、家の周りをぐるっと回った時には蚊に刺されることはありませんでした。

どうやら虫よけに一役買っているようです。蚊がいる場所につっこんでいったわけではないので正確な判断はしかねますが「虫よけ」という観点から考えると、違いはわかりません。

大きな違いはニオイ

虫よけに関しては違いがわからなかったものの、スプレーのニオイについては大きな違いがありました。

  • 「虫よけ携帯スプレー」・・・アルコールのようなにおいがする
  • 「天使のスキンベープミスト プレミアム」・・・甘い香り。香水でもこういうにおいがありそう

個人的には「天使のスキンベープミスト プレミアム」の方が、香りがきつくなくていいですね。幼い子どもにも気兼ねなく使える点を考えると、「天使のスキンベープミスト プレミアム」の方に軍配が上がります。

楽天の販売ページを見る
天使のスキンベープ ミスト プレミアム

しっかり虫・蚊対策をして暑い季節を乗り切ろう!

暑い季節に厄介なのが虫や蚊。対策するのとしないとでは大きな差があります。ご家庭の環境に合わせた虫や蚊対策をして、暑い季節を乗り切りましょう。今年もコバエ捕獲器と虫よけスプレーには手が離せそうにありません。

※1 KINCHO
※2 フマキラー 天使のスキンベープミスト プレミアム

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。販売店によっても異なる場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

今読まれている人気記事まとめはこちら

【業務スーパー】人気グルメから目から鱗のアレンジレシピはこちら

【100均グッズ】まとめ!ダイソー・セリア・キャンドウ好きなら要チェック

【コンビニ】セブン・ローソン・ファミマ新商品から爆売れスイーツ情報はこちら

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

相場一花
ライター

夫・1男1女の4人家族。食べる事が大好きなグルメライターです。 シャトレーゼ&業務スーパー歴は10年以上!常においしいものを探し求めています。 また、家族で地元近辺のレジャー施設巡りをするのが趣味。最近カインズとワークマンにハマり中。

相場一花 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事