【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

ほぼ全種類食べたシャトレーゼマニアが今どハマり!「2品勝手にコラボ」無敵アレンジが絶品

  • 2020年08月08日公開

こんにちは、シャトレーゼ大好きヨムーノライターsakuranboです。

ケーキやアイスなど幅ひろいバリエーションのスイーツが並ぶシャトレーゼ。ほぼ全種類食べつくすほど大好きで、かなりの頻度で通っています。

そんな私の最近はまっていることは、シャトレーゼの中で2種類の商品をコラボさせること。 ひとつひとつがおいしいので、組み合わせるとまた違ったおいしさが発見できるんです♪

今回は和菓子の人気商品どらやきを使ったアレンジをご紹介します。

シャトレーゼをもっと楽しむアレンジ

今回購入した商品は…

  • 北海道産大納言どらやき 120円(税抜)

  • 北海道産バターどらやき 120円(税抜)

  • PREMIUM 発酵バターラムレーズン 140円(税抜)

  • PREMIUM マダガスカルバニラ 140円(税抜)

私は、もともとシャトレーゼのどらやきはトースターで軽く焼いて食べるのが好きなのですが、今回はそんなトースターで焼いた熱々のどらやきにひんやり冷たいアイスをコラボさせます!

組み合わせを決定!

北海道産大納言どらやき&PREMIUM 発酵バターラムレーズン

カステラのような生地に、大納言小豆を挟んだ王道のどらやき。そのまま食べるとしっとり口溶けのいい生地と甘さ控えめの餡がマッチしています。

そんな正統派のどらやきには発酵バターとラム酒の風味が味わい豊かな発酵バターレーズンを合わせます。 どうなるか楽しみですね!

北海道産バターどらやき&PREMIUM マダガスカルバニラ

しっとりとやわらかい生地が特徴のバターどら焼きは名前の通り中に餡とバタークリームが挟まっています。

どら焼き自体がバターの風味が豊かなので、合わせるアイスはシンプルなマダガスカルバニラ。 しっかりとコクのある芳醇なアイスとバターの風味豊かなどら焼き、考えただけでもよだれがでそう!

作り方

①トースターで2~3分焼く

まずはどら焼きの表面に少し色がつくまで焼きます。我が家のトースターでは約3分で表面がいい色になりました。

②どら焼きを開いてアイスをのせる

焼いたどら焼きをフォークなどを使って開きます。このとき熱いのでやけどに注意しましょう。

そして餡の上にアイスをお好みの量のせていきます。中も熱々なので手早くしてくださいね。

③挟んだら完成!

再び挟んだら、はい完成です!

とっても簡単ですよね。中身のアイスが多すぎるとはみ出してしまうので気を付けてくださいね。

気になる味は…

王道どらやきが大人の味に変身

北海道大納言どらやきは焼くことで外はカリっと中はふんわり、しっとり甘い生地とバターの芳醇な香りのアイスがマッチ。 熱々でアイスを挟んでいるので常にアイスがジュワーっととろけていくのですが、それがどらやきをジューシーで濃厚な味にしています。

熱々とひんやりがほどよくミックスされていて病みつきになりそう…。 アイスのレーズンがアクセントになっています。

ふんわりどらやきがとろける

北海道バターどらやきは焼くことで中のバタークリームがじわっととろけて風味がさらにアップします。

そこにコクのあるマダガスカルバニラが合わさると、とろけるような舌ざわりと濃厚な甘さが口いっぱいに広がります。 ふんわり生地にアイスが溶け出してはじめての食感に…。

アレンジレシピで新たなおいしさを♡

シャトレーゼにはほかにも5種類のどらやき、チョコ系や抹茶系のアイスなどたくさんあるので組み合わせは無限大!

単品でもおいしいですがたまには自分流のアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。

※地域により商品の規格や価格・発売日が異なる場合があります。
※店舗により、取り扱いがない場合があります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

今読まれている人気記事まとめはこちら

【業務スーパー】人気グルメから目から鱗のアレンジレシピはこちら

【100均グッズ】まとめ!ダイソー・セリア・キャンドウ好きなら要チェック

【コンビニ】セブン・ローソン・ファミマ新商品から爆売れスイーツ情報はこちら

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

sakuranbo
ライター

「楽しみながら子育てをする」をモットーに毎日娘と奮闘中!食べること、DIY&手芸、旅行にカメラと多趣味で好奇心のままに生きています♪

sakuranbo の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事