【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

もう何度鬼リピした!?セリア歴25年マニア「とっておきだけ厳選BEST4」秒で使える&万能すぎ

  • 2020年08月23日公開

こんにちは。100均に魅了されて25年、ヨムーノライターのlittlehappyです。

100均での楽しみのひとつが、商品を見ながらいろいろな使い方を考えることです。安全・衛生面をしっかりと考慮した上で、浮かんだアイデア通りにできると達成感と満足感がすごい!というのも100均の魅力だと思います。

今回は、いつもセリアで購入するお気に入り商品を紹介いたします。

100円で食卓が映える「フリークロス」

  • プリントシースルーフリークロス  100円(税別)
    サイズ 約87×42cm

フリークロスなので使い方はいろいろありますが、タグには「カラーボックスに」と記載してある商品です。

フリークロスを使った簡単テーブルコーディネート

我が家ではフリークロスをテーブルランナーとして使用しています。
夏らしいカラーなのでガラス食器に合います。

こちらはフリークロスを敷く前のテーブルセッティングです。 食器の位置は一緒ですが、フリークロスを敷くだけで印象が変わりますよね。

100円なので汚れることを気にせず、気軽に使用できるのが嬉しいポイントです。

4人用のセッティングの時は両端を少し折り、幅を細くしてテーブルの真ん中に敷くとまた違った雰囲気が楽しめます。

100均でも販売されている「貝」などをクロスの上に置くと、夏らしさを楽しめると思います。

フリークロスは種類が豊富

  • コットンフリークロス 100円(税別)
    サイズ 約88×45cm

こちらは先ほど紹介したプリントシースルーフリークロスよりも、生地がしっかりしているクロスです。
タグには「カラーボックスやカーテンに」と記載してある商品です。

敷くだけで印象が変わる!

木のテーブルに木製の食器を置くと、同じ色合いなので全体的にぼやけた印象になってしまいます。
そんな時におすすめなのがフリークロスです。

クロスを敷くことで木製の器も印象がぼけてしまうということがなくなります。

テーブルクロスは洗濯やアイロンがけが大変ですが、こちらのフリークロスはほどよい大きさなので洗濯やアイロンがけも簡単です。

いつもの食卓の雰囲気を変えたいという方は、ぜひフリークロスをチェックしてみて下さいね。

シンプルで使いやすい「ワイヤースポンジホルダー」

  • ワイヤースポンジホルダー  各100円(税別)
    サイズ 約7.5×4.5×6cm  耐荷重500g

カラーはホワイトとブラックの2種類。

こちらの商品はセリアで何度も購入している商品です。
シンクなどの壁面に取り付け、スポンジなどを収納するものです。

ワイヤーがさびにくいので水場でも安心して使用できます。
我が家ではキッチンだけではなく、お風呂場や洗面所でも使用しています。

デザインがかわいい「ワイヤースポンジポケット」

  • ワイヤースポンジポケット 各100円(税別)
    サイズ 底部分8×6cm 上辺部分10.7×7㎝ 高さ6.5cm
    耐荷重500g

こちらの商品も、セリアで何度も購入している商品です。
ワイヤースポンジホルダーと同様、スポンジやたわしなどを収納するものです。

シンクの淵にワイヤースポンジポケットを置きたかったので、吸盤を底面に取り付けました。
こちらにはシンク掃除用のスポンジを収納しています。

他にも小物入れとしても使用しています。

ワイヤースポンジホルダーやワイヤースポンジポケットはとても使い勝手が良い商品だと思います。セリアに行く機会がありましたら、ぜひチェックしてみてくださいね。

※2020年7月現在の情報です。記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

「家時間」を楽しく・快適に過ごすため 料理・収納・インテリア・掃除をほどよく頑張る日々♪

コストコ歴14年・ニトリ・カインズ・IKEA・100均のパトロールが大好きです!

100均・IKEAグッズを使った気軽にできるテーブルコーディネート

簡単だけど見た目も楽しめる料理・レシピをブログで紹介しています。

littlehappy の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事