【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

シャトレーゼ「史上NO.1高見え!」歴10年マニア激推し「5種類入り600円」でハズさない手土産

  • 2020年08月15日公開

こんにちは!徒歩圏内にシャトレーゼがあり、通い続けて10年以上。ヨムーノライターの相場一花です。

シャトレーゼといえば自宅で食べるちょっとしたスイーツが数多く販売されていますが、ギフトにぴったりなお菓子もたくさんあります。

今回は、コスパが良くて見栄えもよい「ティータイムブレッド ラスク詰合せ」を紹介します。

5種類のラスクが入ってる!・シャトレーゼの「ティータイムブレッド ラスク詰合せ」600円(税別)

シャトレーゼでは、ギフトや手土産にぴったりなスイーツの詰め合わせも販売されています。1,000円以下で購入できる詰め合わせも多く、コストパフォーマンスにも優れています。

「ティータイムブレッド ラスク詰合せ」はラスク5種類・7袋入りでなんと600円(税別)。詰め合わせラスクの種類は季節やタイミングにより異なりますが、私が購入した時には以下5種類が入っていました。

  • キャラメルアーモンドラスク…2枚入×各2袋
  • 溶かしバターのリッチシュガーラスク…2枚入×各2袋
  • チョコラスク…2枚入×各1袋
  • ホワイトチョコラスク…2枚入×各1袋
  • イタリアンマロンチョコラスク…2枚入×各1袋

シャトレーゼのラスクは1枚あたり100kcalですので、スイーツとしてはカロリーが低め。ラスクの味もバラエティーに富んでいて、子どもから大人まで万人受けするのも魅力的です。

高級感のある外装なのも◎

シャトレーゼの「ティータイムブレッド ラスク詰合せ」は、高級感のある外装でご丁寧にリボンもかかっています。ちょっとしたギフトや手土産品として充分ではないでしょうか。

「ギフト用にラッピングお願いします!」と頼んだわけではなく、上記写真の状態で販売されていますよ。ラッピング代がかからないのも個人的には魅力に感じました。

「キャラメルアーモンドラスク」の実食レビュー

それでは、シャトレーゼの「ティータイムブレッド ラスク詰合せ」に入っていたラスクの実食レビューをお伝えしていきます。

  • シャトレーゼ キャラメルアーモンドラスク

スライスアーモンドがトッピングされたシャトレーゼの「キャラメルアーモンドラスク」。1袋あたりラスクが2枚入っており、2袋分入っていました。1枚あたり61kcalです。スイーツとしては、カロリーが低いのではないでしょうか。

ちなみに、厚生労働省ではおやつの摂取カロリーは200kcalを適量としています。(※1)
仮に、シャトレーゼの「キャラメルアーモンドラスク」を2枚食べてもおやつの摂取カロリーとしては問題ありませんね。

歯ごたえのある甘めのアーモンド

口の中に入れると、ザクザクとしたアーモンドで歯ごたえのあるラスクに仕上がっています。アーモンドにはキャラメルとバターが練り込まれていますが、甘さはしつこくありません。紅茶やコーヒーとの相性は抜群です。ティータイムのひとときにぴったりですね。

ラスク自体は結構硬い

ラスク自体は結構硬く感じました。一応、我が家の4歳と2歳の子どもでも問題なく食べられますが、2歳の娘は食べきるのに時間がかかっていましたね。一般的なせんべいよりは硬くありませんが、あまり硬いものを食べられない人には注意。

また、食べている間にラスクのパンくずがボロボロとこぼれがちなのも気になりました。気の置けない人と一緒に食べる分にはいいですが、目上の人や知人と一緒にシャトレーゼのラスクを食べるのはハードルが高そうです。

「溶かしバターのリッチシュガーラスク」の実食レビュー

  • シャトレーゼ 溶かしバターのリッチシュガーラスク

国産バターに希少糖、オリゴ糖、グラニュー糖を組み合わせて仕上げたシャトレーゼ「溶かしバターのリッチシュガーラスク」。「キャラメルアーモンドラスク」と同様に2袋分入っていますよ。

1枚あたり51kcalしかありませんので、「甘いものが食べたいけれど、カロリーが高い……」とお悩みのダイエッターにもぴったり!

甘さ控えめのスタンダードなラスク

表面には砂糖がたっぷりついていますが、見た目に反して甘さは控えめでした。甘ったるさは最小限に抑えられていて、食べやすい!物足りなさを感じる人は、いちごジャムやマーマレードをつけてみてもいいかもしれません。

控えめな甘さの中にもバターの風味を感じました。上品なラスクですね。「ラスクは甘ったるいから苦手」という人も、シャトレーゼのラスクを食べるとイメージが変わるかも……!

「チョコラスク」の実食レビュー

  • シャトレーゼ チョコラスク

ラスク全体にチョコレートを染み込ませたシャトレーゼの「チョコラスク」。1袋入っていました。1枚あたり84kcalでチョコレート菓子としては、低カロリーですね。

チョコレートが溶け込んで美味しい

チョコレート色に染まったラスクは、袋から取り出すと甘いチョコレートの香りがしました。中までチョコレートが染みており、ラスクの食感もサクサクと噛みやすいのが特徴的。

チョコレートの味自体は、甘すぎず苦すぎず……といったところ。我が家の子ども達には、大好評でした。「チョコレートとパンが合体して美味しいね!」と4歳の息子が言っていました。

シャトレーゼの「チョコラスク」は、子どものおやつとしても良さそう。我が家では、4歳の子どもにチョコラスク1枚と牛乳をおやつとして出してみましたが、ちょうどいい量だったみたいですよ。

「ホワイトチョコラスク」の実食レビュー

  • シャトレーゼ ホワイトチョコラスク

ホワイトチョコレートを染み込ませたシャトレーゼの「ホワイトチョコラスク」。ホワイトチョコレートで覆われたラスクは。真っ白になっています。カロリーは1枚で84kcal。2枚食べてもおやつのカロリーとしては、許容範囲ではないかと思います。

やや甘めのホワイトチョコレート

上で紹介した「チョコラスク」と比べると、やや甘みが出ていてミルキーでした。ラスク自体もサクサク感を残しつつ、柔らかくなっています。食べていても、パンくずが落ちにくいのが◎。

「ホワイトチョコラスク」の両面を確認すると、片面にホワイトチョコレートが固まっていました。数日間室温20℃の環境で常温保存した状態では溶けておりませんでしたが、もう少し室温が高い場合はホワイトチョコレートがドロドロになってしまう可能性も……。室温が高くなりがちな春~夏は、冷蔵保存した方がいいかもしれませんね。

「イタリアンマロンチョコラスク」の実食レビュー

  • シャトレーゼ イタリアンマロンチョコラスク

イタリア栗のチョコレートでコーディングされたシャトレーゼの「イタリアンマロンチョコラスク」。シャトレーゼの公式HPで「ティータイムブレッド ラスク詰合せ」のページを確認すると、イタリアンマロンチョコラスクは入っていません。(※2)

常時発売されている味ではないのかもしれません。1枚あたり77kcalです。チョコレート系のラスクとしては、カロリーが抑えられていますね。

栗の味がしっかりとする

思ったよりも栗の味がしっかりと主張してくるチョコレートでした。モンブランのクリーム部分がそのままチョコレートになったみたい。個人的には、今回食べたラスクの中で一番美味しいと感じました。

紅茶との組み合わせが抜群に良く、幸せなティータイムに……!

シャトレーゼオンラインショップでも購入可能

今回紹介したシャトレーゼの「ティータイムブレッド ラスク詰合せ」はシャトレーゼ店頭まもちろんのこと、シャトレーゼオンラインショップでも取り扱いがあります。

ラスク詰合せは、7袋・12袋・24袋・33袋の4種類。一番値段が高いものでも、2800円(税別)と経済的ですよ。また、シャトレーゼでは、ラスク1種類5袋入りの商品も販売されていますよ。こちらもオンラインショップで購入可能です。気になる人は、是非ともチェックしてみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

今読まれている人気記事まとめはこちら

【業務スーパー】人気グルメから目から鱗のアレンジレシピはこちら

【100均グッズ】まとめ!ダイソー・セリア・キャンドウ好きなら要チェック

【コストコ】人気商品記事まとめ!買って良かったから残念まで実食レポ

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

相場一花
ライター

夫・1男1女の4人家族。食べる事が大好きなグルメライターです。 シャトレーゼ&業務スーパー歴は10年以上!常においしいものを探し求めています。 また、家族で地元近辺のレジャー施設巡りをするのが趣味。最近カインズとワークマンにハマり中。

相場一花 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事