カルディ「テレビで話題のハリッサ」VS「美味しくする激辛ソース」手放せない2品

  • 2021年03月25日更新

こんにちは、ヨムーノライターの小町ねずです。

連日の暑さで食欲が落ちていませんか?
夏バテ気味だけど、ご飯を作る元気がない……。そんなときにおすすめしたいのが、「ピリ辛調味料」です。

食欲を刺激するピリ辛調味料は、スタミナ回復に役立つお助けアイテム。今回は辛さだけでなくおいしさも兼ね備えた、カルディの賢い商品をご紹介します。
のっけるだけでOKのお手軽調味料なので、料理が苦手な人は必見です。

懐の深さは随一!地中海生まれの「ハリッサ」

商品名:ハリッサ
内容量:110g
価格:415円(税込)
辛さ:★★★☆☆

どんな料理でも活用できる「ハリッサ」は、唐辛子を使った地中海生まれの万能調味料。カルディオリジナルのハリッサはパプリカをベースに、唐辛子、にんにく、ごま、コリアンダー、クミンといった複数のスパイスを加えて作られています。

辛口な調味料ですが、スパイスのおかげか辛味よりも旨味が感じられる不思議なお味。「食べるラー油」の異国版といった感じでしょうか?

中東っぽい味ですがクセはなく、日本人の舌にピッタリの食べやすい仕上がりです。

ザクザクっとした食感が楽しめるのも、ハリッサの魅力。口の中で弾けるスパイスの食感が楽しく、普通の調味料よりも「食べてる」感が強めです。
辛さは割と強め。ガツン!と前面にくる辛さではないですが、後からピリリっと押し寄せてくる「ジワジワ系」。 スパイスが豊かに香るオシャレな辛さで、心地よい気分に浸れる調味料です。

このハリッサ、「なんでもござれ!」の懐の深さに脱帽します。 洋食はもちろんですが、和食や中華とも相性抜群。甘さが強いもの以外は何でも合うのでは?と思うほどの対応力の高さです。

料理が苦手な私は、グリル野菜や蒸し鶏にかけて食べることが多いですね。調理法がシンプルだと、ハリッサのスパイス感が引き立ち、食欲そそる一皿が堪能できます。

豆腐+ハリッサ

こちらは、「スパイス香る地中海風冷製豆腐」です。
……ごめんなさい、見栄を張りました。豆腐にハリッサをのせただけの手抜きメニューです……。 プルプルな豆腐にコリコリっとしたハリッサが小気味よくマッチ。サッパリなのにスパイシーという、両極端な食材の組み合わせが楽しい一品です。

アレンジ無限

気力ゼロ!のお疲れMAXのときは、ごはんにかけてそのまま食べることも。卵をのっけて「ハリッサ卵ご飯」にすればなお良し!これぞ、究極のズボラ飯です。 かけるだけのお手軽メニューですが、これだけでも立派な一品に。調理時間はほぼゼロのくせに、自宅では出せない本格的な味が楽しめます。

ほんのちょっとだけやる気を出した時は、パスタに使用することも。オイルが入っているので麺類とも絡みやすく、手軽にメイン料理が完成しますよ。

お魚、お肉、野菜、何にでも合うので、冷蔵庫にある食材を適当に放り込めばOK。 「こんなに手軽で良いの?」と罪悪感を抱きそうになるほどの楽ちんさ。「私って料理が上手なのかも!?」と勘違いしそうな、ちょっと危険な調味料です。

激辛度は地獄級?「美味しくする激辛ソース」

商品名:美味しくする激辛ソース
内容量:120g
価格:415円(税込)
辛さ:★★★★★

激辛好きさんにおすすめしたいのが、こちらの調味料。どのくらい辛いんだろう?とペロッとなめたら、あまりの辛さに悶絶しました。

それもそのはず、唐辛子に加えてハラペーニョ、ハバネロペッパーが入っているのですから。

ラベルの「HOT」の文字は伊達ではなかった……。汗がタラタラと流れ落ちるほどの辛さに襲われるので、使用量にはお気をつけください。

ソースは素材の粒感が感じられる、モッタリとした感触。 瓶入りなのでついたっぷりとすくい出したくなりますが、少量だけ取り出すようにしましょう。地獄を見ることになります……。

激辛のソースですが、辛いだけでなくちゃんとおいしさがあるのが素晴らしいところ。玉ねぎ、トマトピューレ、にんにくといった素材が入っているので、味に深みがあるんですよね。

辛いだけのソースは料理の風味を殺してしまうことがありますが、「美味しくする激辛ソース」は辛さと一緒に「旨味」も足してくれるタイプの調味料。
辛さは欲しいけれど、元の料理の味も楽しみたいときにピッタリ。「激辛好きは味音痴」と言われて憤慨している人に推奨したい商品です。

ちょい足しがおすすめ

料理には、“ちょい足し”で使うのがおすすめ。ハリッサと同じ感じで料理にドサッと入れると辛すぎて食べられないかもしれません。

パスタソースやカレーなどに混ぜ込み、ベースとなる料理にプラスするのが基本的な使い方。これで辛味も旨味もアップ。平凡な味が消え、刺激的な一皿に変身します。
お惣菜の餃子や、冷凍チャーハンに添えるのもアリ。同じ味に飽きた人はお試しください。

私はおつまみに使うのが好み。

超簡単おつまみ

左は「ピリ辛チーズ」。ベビーチーズにソースをちょいのせしたら完成。チーズのマイルドさに激辛ソースがベストマッチしたおつまみです。

右はケチャップと激辛ソースを混ぜたものをチョリソーにつけて食べる「辛い×辛い」の組み合わせ。チョリソーのコクを消さずさらに旨辛度が上がる、刺激的な一品です。
どちらも調理らしい調理は不要。包丁いらずで簡単に作れるズボラ系おつまみです。

後を引く辛さですが、変に主張しすぎず食材のおいしさはそのまま。絶妙なお仕事をする名脇役なソースです。 辛すぎる!と感じたときはマヨネーズを混ぜると良いですよ。辛さがマイルドになり、ぐっと食べやすい味に変身します。

辛旨調味料で暑い夏を元気にのりきる!

ズボラな私は瓶入りの調味料は扱いが面倒そうで苦手でしたが、一度購入したらあまりのおいしさに手放せなくなりました。

万能なうえに中毒性が高い味で、やみつきになること間違いなし!減退していた食欲をガツガツ刺激してくる悪魔的な調味料です。

使い方も簡単なので、楽して夏バテ予防をしたい人はストックしてみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

⇒【業務スーパー】人気グルメから目から鱗のアレンジレシピはこちら

⇒【コストコ】人気商品記事まとめ!買って良かったから残念まで実食レポ

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事