ニトリより安定感アリ!?ダイソー「スチールラック」アレンジ5選!不器用さんでも簡単♡

  • 2020年08月30日公開

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライ…

こんにちは、100均巡りが趣味の佐々木舞です。特にお気に入りはダイソーです。

ダイソーって行くたびに見たことがないアイテムが増えていて、ついつい長居しちゃいませんか?

それもそのはず。ダイソーは毎月700~800もの新商品が開発されているんです。現在、ダイソーで扱っている商品はなんと約70,000種類!

これまで数々のヒット商品を生み出してきたダイソーですが、今回はその中でも、誰もが一度は手に取ったことがあるロングセラー商品『スチールラック』を紹介します。

安くて丈夫、しかもアレンジ自在のダイソーのスチールラックは、使い方が無限!おうちのいたるところで大活躍してくれます。

見た目もスッキリスタイリッシュに!レンジラック

このラックを作った@n.s.m.r.83さんは、デザインやサイズ感、カスタマイズのしやすさが気に入っているそうです。

ダイソーのスチールラックはシンプルなのでどんなキッチンにもマッチして、さらにキッチン自体をすっきりとした印象に見せてくれますよね。高見えするのは嬉しいポイント♪

@n.s.m.r.83さんのコメント

「以前ニトリで同じようなサイズ感のラックを購入したことがありますが、けっこうグラついて付属のパーツもしっかりはまらず隙間ができるものがありました。ダイソーのスチールラックは、重さ10kgまで耐えられるようで、耐久性も問題なし!」

これひとつで片付け上手!キッチン棚の収納ラック

もはや王道の使い道!見違えるほどすっきり片付いていますね。私も一人暮らしを始めた時から10年以上、ずっとキッチン棚の中で愛用しています。

ごちゃつきやすいキッチン棚の中。 小さいサイズのスチールラックを置くだけで、高さも有効活用できるようになり、倍以上収納スペースが確保できることも! また、食器棚に置くことで、食器が格段に出し入れしやすくなります。

キッチン棚のスチールラックは使わない理由がないくらい必需品です!

植物好きに大好評!日光浴に最適なディスプレイ棚

ダイソーのスチールラックは植物好きさん達の中で大好評!特に多肉植物好きの皆さんが愛用しています。

多肉植物は日光に当てる必要があり、窓際など日光が当たる場所は限られています。 ダイソーのスチールラックなら必要に応じて棚を増やすことができるので、植物を重ねて置くことで、まんべんなく日光を当てることができるんです。

しかも!実はダイソーのスチールラックの棚部分は真っ直ぐ平らなものだけではなく、写真のようなカゴ型もあるので、落ちる心配もなし!安心して日光浴させられます♪

観葉植物を乗せて室内のオシャレインテリアとして使うのもオススメです。

デットスペースも無駄にしない!ベッドサイドテーブル

「このちょっとしたスペースもったいないな……。」おうちにそんな場所ありませんか?

ベッド横など狭くてなかなか活用できないスペースでも、アレンジ自在のダイソースチールラックならこの通り、置けちゃいます!

これを作った@shu_no_photosさんは、「DIYは憧れるけど私にはハードルが高い。だけどこれなら簡単に作れました。」と喜んでいました。

キャスター付きなのでお掃除するときも簡単に動かせて楽チンです♪

ナイスアイディア!移動式洗濯物干しラック

雨の日や梅雨時期に大活躍間違いなしの洗濯物干し。しかも移動式!

窓際、洗濯機の近く、乾燥機がある脱衣所、エアコンの風が当たる場所などの洗濯物が乾燥しやすい場所、また邪魔にならない場所に好きなように移動できるのはとっても便利ですね。

洗濯物干しの場所を楽々移動させられるのは目から鱗、ナイスアイディアです♪

不器用さんでも大丈夫!ダイソースチールラックで快適生活を

安くて丈夫なだけじゃなく簡単に組み立てられるダイソーのスチールラック。 コツも要らないので、不器用さんでもDIYが苦手な方でも大丈夫♪

整理整頓、収納、ディスプレイなどなど使い方は無限大。ぜひご活用ください♪

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

⇒【業務スーパー】人気グルメから目から鱗のアレンジレシピはこちら

⇒【100均グッズ】まとめ!ダイソー・セリア・キャンドウ好きなら要チェック

※【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事