無印で大人気「頑丈ボックス」は収納だけじゃない!超簡単アレンジで使い道無限

  • 2021年03月25日更新

こんにちは、片づけ遊び指導士のヨムーノライター、アリカです。

無印良品で人気の「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」は、特大・大・小の3サイズ展開で、無印良品らしいシンプルなデザインで、屋外でも使用できるとっても便利な収納ボックスです。

我が家でも、庭で子どもの外遊びグッズを入れたり、キャンプ道具の収納にと、とても重宝しています。
今回は、そんな頑丈ボックスを100均材料でテーブルに変身させる、おすすめの簡単DIYをご紹介します。

無印良品「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」とセリア「すのこ」を準備

無印良品「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」は、ネット通販でも購入できます。

販売ページを見る

材料

・セリアの桐すのこ(33×37cm)…3個
・ペンキ(水性ニス・お好みの色)
・ノコギリ
・木工用ボンド
・やすり(粗めのものがおすすめ)

作り方

(1)1枚のすのこを分解します

3枚のうちの1枚のすのこを手で分解します。
少し力を加えると、割と簡単に剥がれます。

その際、釘があるので怪我には十分に気をつけてください。

(2)残り2枚のすのこをカットします

残りの2枚のすのこの、写真の位置をノコギリでカットします。
カットする位置が、微妙に違うので注意してください。

(3)すのこを組み合わせる

ノコギリでカットした(2)のすのこの隙間に、分解した(1)の木材をはめ込み、木工用ボンドで接着します。

(4)四角を丸くする

やすりを使って、四角を丸く削ります。
あらかじめ、ノコギリでカットしておくと時短になります。

やすりを使う際は、2枚重ねると誤差が少なく丸めることができます。

(5)塗装します

水性ニスで塗装します。私はセリアの「メープル」というカラーを使用しました。

(6)完成です!

ペンキが乾いたら、完成です。
無印の頑丈ボックスの蓋をひっくり返して本体に設置し、その上に置けばテーブルの完成です。

まとめ

いかがでしたか?材料費が安く、工程も単純な簡単DIYです。

我が家は、ウッドデッキで食事する際のテーブルとして使用しています。
持ち運ぶ際や収納時は、頑丈ボックスの中に入れておくこともできます。

薄くてかさばらず、場所もとらないのでコンパクトに収納することができますよ♪
ぜひ試してみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
※【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

⇒【業務スーパー】人気グルメから目から鱗のアレンジレシピはこちら

⇒【100均グッズ】まとめ!ダイソー・セリア・キャンドウ好きなら要チェック

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事