インテリアにも馴染む可愛らしいデザイン!シンプルで簡単な人気のスチームアイロン

  • 2021年09月09日更新

ひなたライフ

【CB JAPAN】スチームアイロン

4,813 円 (税込)

スチームアイロン

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

こんにちは、インテリア雑貨のひなたライフです。

デザインも使い方もシンプルで簡単。広いかけ面と適度な重さで力を入れずに楽ちんプレス♪

アイボリー×グレーで気分が上がるスチームアイロンのご紹介です。
億劫になりがちなアイロンがけもお気に入りの道具を使えば、準備するのも楽しくなりますよね。

このアイロンなら、機能もシンプル。約1.15kgと適度な重さ、約10g/分のスチーム量、安全機能など必要な物はしっかり付いた、インテリアにも馴染む可愛らしいアイロンなんです。

【CB JAPAN】 スチームアイロン アイボリー

重すぎず軽すぎない適度な重さ

約1.15kgと適度な重さなので、力を入れなくても衣類のシワをしっかり伸ばせます。軽い力でも、きれいな折り目がつけられ女性やご年配の方でも簡単にお使い頂けます。

スムーズな理由は……

2mのコードが動きに合わせて上下してくれる、フレキシブルコードなので、アイロンがけしている時も、一時置きする時も、手や本体にまとわりつきにくいのが嬉しすぎるポイント。

また都度微熱が必要なコードレスアイロンに比べて、コード付きタイプはかけ面の温度が下がりにくいので、複数の衣類をアイロン掛けをするにも、ストレスフリー。

約10g/分のたっぷりのスチーム

かけ面のスチーム穴から噴射しながら、衣類のシワを伸ばし、スチームを使うことで衣類に与えるダメージを軽減してくれるので、デリケートな衣類でも安心ですね。

それに、高温蒸気を噴射することで、殺菌・防臭・アレル物質の対策もしてくれるので毎日洗濯できないスーツや制服のケアにも◎。

かけ面には、フッ素加工を施しているので、スイスイと軽い滑り心地です。

付属の計量カップで給水口にスチーム用のお水を注げます。
内容量が確認できる水位窓が付いており「MAX」と表示されているので、水の溢れを防いでくれます。

※MAX容量:150ml

●スチームレバー
スチームのON/OFFの切り替え。

●温度調節ダイヤル
衣類の洗濯表示がそのまま表記されているので、衣類のタグの絵とカチカチと合わせるだけ。 (MIN/LOW/MEDIUM/HIGH/MAXの無段階調節でスチーム噴射はHIGHから利用可能)

使用手順

  1. 本体に水を入れ、ダイヤルを[MAX]にセット。

  2. 温まったら「スチームレバー」でON/OFFを切り替え。

  3. 「ダイヤル」で温度を合わせ、本体ランプが消えれば簡単にスチームアイロンかけが出来ます。
    ※安全機能(サーモスタット、温度ヒューズ)付き

インテリアにも合う“レトロ可愛い”デザイン

男性的なインダストリアルなデザインが多いアイロンですが、「Mlte スチームアイロン」は温かく優し気なユニセックスデザインを実現。

レバーとダイヤルがよくあるブラックではなく、馴染みカラーのグレーなところもソフトで可愛らしい雰囲気ですよね。

最新設備や未来型の見た目のアイロンもカッコイイのですが、レトロ可愛いアイロンは置きっぱなしでもなんだか許せちゃう佇まいですね。
見た目だけでなく、必要な機能はしっかり備わっているので少し億劫なアイロンがけも「Mlte スチームアイロン」なら手に取りたくなります。

ポイントは、温度調節ダイヤルが衣類の洗濯表示がそのまま表記されているところ。一目みて分かる便利さと、愛着が湧くイラスト感がイイです。

stay home中の断捨離後、「これは大事にしよう」と決めた衣類にはしっかりとアイロンでケアをし、サステナブルな生活をちょっとだけでも心掛けたいものです。

⇒【5000円以上で10%OFF!クーポンコード「ym500」配布中】【CB JAPAN】 スチームアイロン アイボリー

⇒【100均グッズ】まとめ!ダイソー・セリア・キャンドウ好きなら要チェック

ひなたライフ

【CB JAPAN】スチームアイロン

4,813 円 (税込)

スチームアイロン

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事