【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

ウッカリ押したくなる?置くのではなく飾る「石けん収納」掃除もラクって買わない理由がない

  • 2020年09月16日公開

こんにちは、インテリア雑貨のひなたライフです。

使う分だけでる「ソープディスペンサー」でバスルームで場所をとっているシャンプー類をスッキリと自分好みに壁にレイアウト!
空いている壁にポンと吸盤で貼り付けるのでスッキリ、床置きにならないのでお掃除もらくらく♪

片手が塞がっていても問題なしの「ソープディスペンサー」でバスルームを自由にレイアウトできますよ。

【mog】 ソープディスペンサー

必要な量は押し加減で調節

本体正面の「PUSH」部分を片手で押すだけで、上部からシャンプーなどが出てきます。

ポンプを押す力が弱いお子様も軽い力で必要な量が存分に出てくれたり、押し加減で量も調節できるのが優秀です。

シンプルでおしゃれなタグ

S:シャンプー

R:リンス

B:ボディソープ

の文字入りのタグが付属しています。
取付方は、大きな吸盤と本体のくびれにはめるだけ。使用する部分を残し、ミシン目に沿って切り離して使うか、回転させるだけでもOK。

吸盤と本体は一体型なので隙間がなく衛生的に使用できます。

詰め替え方

壁に吸盤で取り付けた状態で、ノズル部を左右に振りながら上に引き抜きます。液を8分目まで入れて、ノズル部を本体に差し込めば完了(容量は300mlです)。

※中に液が入った状態で壁に取り付けますと、液が飛び出すことがあります。

“置く”のではなく飾る

こちらの「mog(モグ)」シリーズは、“置く”のではなく飾る。
片づけるのではなくレイアウトするをコンセプトに、どんなレイアウトでも思いのままにアート感覚で、収納できる楽しさを生み出すブランドです。

壁面を生かし、吸盤に取り付ければ水気も切れ、スペースも十分に取れる見た目も使い勝手も楽しめる空間に早変わりさせてくれます。

柔らかく環境に優しい、エラストマー素材

カバー部分はカビにくく環境にやさしいエラストマー素材を使用しています。
やわらかい素材なので、バスルームで頭や肩がぶつかったり、落としたりしても大丈夫。

また、カビが発生しにくい素材により本体自体の水はけもよく、角のないデザインにより水気が溜まりにくい構造になっています。

ハンドソープも

バスルームだけでなく、洗面所にもオススメ。

水でビチャビチャになる洗面台も置く収納ではなく、壁面に付ければ毎日のお掃除も劇的に変化しますね。
ホワイトカラーが統一感を持たせ、スッキリとした印象に、そして清潔感もUPしますよ。

食器用洗剤も

キッチンのシンクにも◎。
お皿を片手にスポンジを持ったまま押すだけで、適量の洗剤をスムーズにスポンジに染み込ませるので、毎日の作業もストレスフリー。

シンクと一体化するので、見た目もスッキリ清潔感もUPしますね。

分解してお手入れ

ソープかすなどが付着した場合は、本体を外し、40℃程度のお湯で全体をすすいでください。
分解して隅々までお手入れができるので、清潔感をキープできます。

ノズルが詰まった時は、ノズルをタンクから引き抜き、ノズル出口に、40℃程度のお湯を約1分間あて、固まったソープを洗い流すだけで、元通り♪

こちらのシリーズ、一つだけ壁に付けるより、何個かをレイアウトするかのように付ければ一段とおシャレに可愛く仕上がるんですよ。

赤ちゃんのお腹のような丸いポッコリした中央部がなんとも可愛らしく、親しみに似た愛着が湧きます……♪

見た目に比べて、意外と大容量なのもGOODで頻繁に詰替える必要もないのも嬉しいです。 さらに、小さい子がいるとバスルームがぎゅうぎゅう。そんな時、エラストマー素材なら頭や体がぶつかっても痛くない所も隠れポイント。

省スペースでスッキリ、そして壁面がぽっかり空いているお宅にピッタリの「ソープディスペンサー」でバスルームをもっと楽しんでみては。

⇒【5000円以上で10%OFF!クーポンコード「ym500」配布中】【mog】 ソープディスペンサー

⇒【100均グッズ】まとめ!ダイソー・セリア・キャンドウ好きなら要チェック

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

インテリア雑貨のひなたライフ

こんにちは。ひなたライフと申します。
【5000円以上で10%OFF!クーポンコード「ym500」配布中です】

心が温かく、暮らしを豊かにするインテリアや雑貨を販売するネットショップと暮らしが素敵になるメディアを運営しております。 よりわかりやすい商品の使い方やメリットをできる限り丁寧に説明しておりますので、是非ご覧くださいね。

インテリア雑貨のひなたライフ の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事