【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

ワークマン「即完売、何度目だ!バカ売れ980円に新作」「99円高見えバッグ」人気記事まとめ

  • 2020年09月19日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

「ヨムーノ」でたくさん読まれたワークマン・ワークマンプラスの人気記事を振り返ってみようと思います。見逃した方も大丈夫。最旬トレンド商品や情報を「まとめ読み」で一気にお届けします!

※過去にヨムーノで読まれた人気記事を一部抜粋・編集しております。店舗在庫を保証するものではありませんのでご了承ください。
※ワークマン店舗へのお問合せはお控えください。

エコバッグ 99円~149円(税込)

◆商品情報
Mサイズ:横42cm×縦45cm×幅10㎝
Lサイズ:横73cm×縦52cm×幅20㎝

価格:
Mサイズ 99円(税込)
Lサイズ 149円(税込)

カラー:キナリ/素材:綿・ナイロン

ワークマンにもエコバッグが販売されていることをご存知でしたか?
ワークマン女子に大人気のおしゃれでシンプルなエコバッグが販売されています。
Lサイズはかなり大きいので旅行やアウトドア用におすすめです。
普段使いはMサイズがおすすめ。

ワークマンのエコバッグは値札を2度見するほどコスパ最高です。
MサイズはA3サイズの書類がたっぷり入る大きめサイズながら、価格は99円!
買って損なしのおすすめのエコバッグです。

綿素材なので柔らかくコンパクトに折りたためます。
デザインはとってもシンプルで、どんなファッションにも合わせやすいですよ。

ワークマンのブランドのロゴタグもおしゃれです。
横と下部分にマチがあるので厚みのある書類などもたっぷり入れることが出来ます。
また肩掛けもできるので持ち歩きもしやすく、機能面でも使い勝手が抜群です。

500ml専用 真空保温ペットボトルホルダー 980円(税込)

2019年に発売され、即完売となったワークマン「真空保冷ペットボトルホルダー」。2020年春には爽やかな新色も加わって再販されましたが、こちらもやはり即完売の大人気ぶりなんです!

そんな「ペットボトルホルダー」が、なんと「秋冬バージョン」となって再び登場となりました!

ウッド調がなんともおしゃれ〜♡
これ、人気アパレルブランドではなく、高機能作業服で有名な「ワークマンの商品」ですよ(笑)?

ペットボトルをしまうのには、ちょっともったいない気すらしてしまいます……。

「ワークマン商品あるある」だった、「ロゴの目立ち度」もないですよね。よ~くみると「AEGIS」のロゴがうっすら。

キャンプなどのアウトドアはもちろん、今流行りの「ベランピング=ベランダでアウトドア気分を楽しむ」でも使えます♪

FW-11特大 Dバッグ 1,304円(税込)

ワークマンには、防災グッズをまとめて全部入れられるくらい大きなバッグがたくさんあります。文章では伝わり切れないほどの大きさにも関わらず、お手頃価格でしたので思わず購入してしまいました。

オンラインショップでは見当たらない……と思い、問い合わせしてみたところ「オンラインショップには在庫はありません」とのこと、実店舗へ行かないと手に入らない商品もあるみたいですね。

とにかく大きい

我が家の5歳と3歳が「FW-11特大 Dバッグ」を背負ってみると……バッグが大きすぎて引きずりそうになっています。大きすぎて子どもが背負う防災バッグとしては使えそうにありません。

174cmの夫が背負うと、ちょうど良いサイズですね。夫用の災害バッグとして活用することに決定!

2Lのペットボトルを入れてもかなりの余裕がある

実際に、2Lのペットボトルを2つ入れてみましたが、底面及び上部にはまだまだ余裕がありました。

そこで、手持ちのトイレ非常袋や災害用として取っておいた保存食を入れてみても……まだまだ入りそう。
底面にはもう詰められそうにありませんが、上の空間がまだ空いているため、災害時に必要そうなビニール袋や手袋、ランタンなどその他もろもろ防災グッズを詰め込んで、災害時に備えようと思います。

⇒話題沸騰!ワークマン人気グッズ最新版!売切れ前にチェック

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

参考になりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事