【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

めざましテレビでも話題【即リピ!秋マスク】絶対買い「着る保湿クリーム」って名前からズルい

  • 2020年11月18日更新

株式会社タナカふとんサービス

洗える保湿ガーゼマスク

1,639 円 (税込)

洗える保湿ガーゼマスク

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

こんにちは、絶賛肌荒れ中のヨムーノライターなないろのしずくです。

毎年、季節の変わり目は肌荒れに悩まされておりますが、今年はマスクをする機会が多かったせいか頬や口まわりの乾燥が特にひどいです。 肌がとても敏感になってしまっているため、肌に負担がかかるものはできるだけ避けたいですね。

そんな肌荒れに悩んでいる私が、付け心地の良さに惚れてリピートしているのが「着る保湿クリーム(R) Wガーゼマスク」。 「news.every」や「めざましテレビ」などのテレビ番組でも紹介された、今話題のマスクなんですよ♪

天然スキンケア成分を配合した保湿マスク

  • 「着る保湿クリーム(R) Wガーゼマスク 2枚入り」1,639円(税込)

洗える保湿ガーゼマスク

ルームウェアで人気の「着る保湿クリーム」シリーズから、新たに登場したのが天然の保湿成分を生地に配合したこちらの保湿マスク。

使っている成分は、シアバター、オリーブオイル、シルクアミノ酸の3種類。 天然スキンケア成分を配合しているから肌にとってもやさしく、皮膚科医も推奨しているそうですよ。

大人気のパジャマ生地を使用

生地にはパジャマにも採用している、肌触りの良いコットン100%ガーゼを使用しています。 やわらかくサラッとした肌触りで、洗うほど肌に馴染んでくるので肌への摩擦を軽減してくれます。

裏地も同じ素材です。 一日中ずっと付けていても、肌がチクチクするといったことはなく本当に快適です。 また通気性も良いので、付けているのを忘れてしまうほど軽やか♪

肌の乾燥を防いで潤いキープ

他のマスクだと自分の呼吸で潤っているような気がするのですが、外したときに肌の水分が失われるような感覚がありました。 でも保湿マスクだと、付けているときも外したときも肌が潤っている感じがします。

普段なら必要ないときはマスクを即外すのですが、不思議とずっと付けていたいと思わせてくれるんですよね。 肌馴染みの良い生地なので、やさしく包み込んでくれるような安心感もあります。

カラーバリエーションが豊富

サイズは縦15×横20cmのフリーサイズで、顎まですっぽり包み込んでくれます。 立体型で口や鼻に吸い付いてしまうということもありませんでした。

カラーは、ネイビー、ピンク、ネイビーストライプ、グレーストライプの5色。 カラーバリエーションが豊富なところも嬉しいですね。ちなみに私が選んだのはグレーストライプです。

早速リピートしちゃいました!

あまりにも付け心地が良かったので、早速リピートしてしまいました! 最初は半信半疑でしたが、実際に使ってみると肌の乾燥が和らぐ感覚があり、私はスキンケア感覚で使っています。

しかも水分保湿力は洗濯しても持続するそうです。 洗濯は手洗いが推奨されていますので、洗うたび肌に馴染んでいく感覚をぜひ楽しんでみてください。

洗濯後は若干縮んでしまいますが、気になるほどではありませんでした。

今回紹介した商品はこちら

  • 「着る保湿クリーム(R) Wガーゼマスク 2枚入り」1,639円(税込)

洗える保湿ガーゼマスク

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

次のページでは、ネットで買えるおしゃれな保湿マスクを紹介します。

株式会社タナカふとんサービス

洗える保湿ガーゼマスク

1,639 円 (税込)

洗える保湿ガーゼマスク

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

試してみたくなりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

なないろのしずく

好きなものは、北欧インテリア、整理収納、プチプラ雑貨。 日々の暮らしを楽しく心地よいものにしてくれるモノやアイデアを紹介していきます。

なないろのしずく の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事