【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

セリア「1枚1円!節約の神」「ゴミ箱が優秀すぎてゴミ捨てるのもったいない」【人気記事まとめ】

  • 2020年09月26日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

「ヨムーノ」でたくさん読まれたセリアに関する人気記事を振り返ってみようと思います。見逃した方も大丈夫。最旬トレンド商品や情報を「まとめ読み」で一気にお届けします!

※過去にヨムーノで読まれた人気記事を一部抜粋・編集しております。店舗在庫を保証するものではありませんのでご了承ください。

⇒【最新版】使って実感!セリアのおすすめ食器・雑貨・収納まとめ

入れるだけで長持ち!セリア「鮮度保持袋」100円(税別)

わが家は4人家族(夫、小1・年中の息子)で食費月2万3000円を無理なくキープしています!その秘密は、「食品ロス」を徹底的になくしたから。
食品ロスをなくすのに、とても便利なセリア「鮮度保持袋」を紹介します♪

「鮮度保持袋」です。そのままなネーミングですよね(笑)。何の変哲もないこの鮮度保持袋ですが、これこそ食費節約の救世主なのです!

せっかく安く買えた食材を、傷ませて廃棄してしまうことってありませんか?かつてパンパンにものが詰まった冷蔵庫だった汚部屋の住人時代は、こういうことがしょっちゅうありました。今思い返すと、「食材を廃棄する=お金を捨てていること」と同じことだったと気がついたのです。

廃棄する食材を無くせば、もれなく節約になりますよ♪

Mサイズは60枚入りと、こちらも十分な枚数です。
1枚当たり1.6円と超神コスパです。

サイズは縦35cm×横25cmとSより5cmずつ大きくなります。たった5cmの差ですが、野菜保存には大きな差なんです!

ほうれん草などの葉物野菜やブロッコリー、ハーフサイズのキャベツの保存にオススメのサイズです。

野菜は「育った状態の保存」でさらに長持ち

袋に入れるだけでも長持ちしますが、野菜室内の保存方法にひと手間加えるとさらに美味しく、長く保存できます!

ポイントは「野菜の育った状態」をイメージすること!例えば、葉物野菜など上向きに育つ野菜は立てて保存すると、さらに長持ちしますよ♪

優秀すぎ!マルチに使えるセリアのごみ箱

即買い決定!セリアのフタ付きごみ箱

こちらはセリアで人気の高いごみ箱「1dpダストボックス」です。 シンプルかつコンパクトなサイズで、ごみ箱だけでなく小物入れとして活用している方も大変多いです。

カラーはホワイトとライトグレーの2色展開。 おしゃれなデザインでごみ箱にするにはもったいないくらいです。

フタはパタパタ動くタイプで開け閉めしやすく、使い勝手の良さでも高い評価を得ています。 とても人気の高い商品なので見つけたら即買いをおすすめします♪

可愛い卓上サイズのセリアごみ箱

屋外ごみ箱をぎゅっとコンパクトにしたような、可愛らしいデザインが特徴のセリア「フタ付き角ペール」。 フタ付きの卓上サイズで、色はライトブルーとブラウンの2色展開です。

@thll.t.0403さん宅では、子ども用のごみ箱としてリビングのカウンターデスクに置いています。 こちらのごみ箱を選んだポイントは、口が大きめでお子さんでも使いやすいところだそうです。

見た目が可愛いので目立つ場所に置いておいても絵になりますね。 リメイクしてインテリアや収納に活用する方も多いようです。

ロゴ柄ごみ箱をサボテンのプランターに

@happinesschuchuさんはセリアのごみ箱をプランターに活用しています。 おしゃれなロゴ柄のごみ箱は、インテリアとしても抜群の存在感を示してくれます。

アイデアはもちろん素敵ですが、もう一つ注目したいのが鉢に植えてある大きなサボテン。 こちらは@happinesschuchuさんの手作りで、なんとダンボールでできているそうです!

手作りサボテンとロゴ柄ごみ箱の相性がバッチリですね。 セリアにはおしゃれなごみ箱がたくさんあるので、鉢カバーとして使う際は植物のイメージに合わせて選べます。

⇒【100均グッズ】まとめ!ダイソー・セリア・キャンドウ好きなら要チェック

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事