【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

【“おじキュン”名言集】ロス・続編希望が続出!マニアに響いた「おじさんはカワイイものがお好き。」

  • 2020年10月18日更新

こんにちは、ドラマや映画のことならお任せ!ヨムーノライターのはるです。

名作ドラマ「おっさんずラブ」や「私の家政夫ナギサさん」と並んで、可愛いおじさんに萌える人が続出のドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」。

主人公の小路課長がパグ太郎を愛でる姿に、癒される日々を過ごした方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな本作の中に散りばめられている名言を、一挙に紹介していきます。ぜひ名言を振り返りながら、本作の魅力をもう一度楽しんでくださいね。

「おじさんはカワイイものがお好き。」Huluで配信中 ©ツトム・COMICポラリス/読売テレビ

作品の見どころと、登場人物のポイント♪

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」の見どころを簡単におさらい

本作の見どころは、なんといっても推しの「パグ太郎」を愛でている時の幸せそうな小路課長の姿。実際SNS上では、彼の可愛いものを愛でる姿に癒されるとの声が続出していました。

でも、見どころはそれだけではありません。

小路課長(眞島秀和)とケンタ(今井翼)、鳴戸課長(桐山漣)と真純(藤原大祐)の友情も見逃せないポイントの一つ。初めての同志と出会った彼らの変化に注目です。

登場人物もおさらい

小路課長:インテリア会社の課長。仕事もでき、皆から慕われています。可愛い犬のキャラクター・パグ太郎が大好きですが、他人には秘密に。バツイチで、甥の真純と同居中です。

ケンタ:デザイナー。くまのがっこうシリーズが大好き。仕事で小路と出会い、同志になりました。

真純:小路課長の甥で、少女漫画家になるためにアメリカから帰国。小路課長の家に居候することに。SNSで自作の漫画を公開しています。

鳴戸課長:小路課長の同僚で、彼をライバル視。いつもピリピリしており、会社では疎まれています。しかし真純と知り合い、友達になったことで少しずつ変化が……。そんな彼は、大の猫好きの一面も。

絶対に観たいオリジナルストーリーも配信中

ちなみに現在、本作はHuluで全話配信中。

さらに、Huluオリジナルストーリー「小路さんたちのヒミツのはなし」(全3話)も独占配信中です。なんとあの鳴戸課長が小路課長の家に訪問するエピソードも!

推しへの愛が溢れるオリジナルストーリーも見逃せません。

「無駄って言ったら無駄ですけど、これがあるから頑張れるんですよね」

それではここからは、「おじさんはカワイイものがお好き。」の名言を紹介していきます。

最初に紹介するこの名言は第1話で、小路課長の部下が自分の推しについて語った言葉です。

確かに他の人から見たら一見無駄に見えるものが、自分の中のモチベーションを上げてくれることってありますよね。

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」の中には、こうした共感できる言葉や参考にしたい言葉が随所に散りばめられています。

「なら僕もおじさんの好き応援するよ。そうやってみんなの好きを大事にすれば、僕たちきっともっとハッピーだね」

こちらも第1話の中で、甥の真純の夢を深く追及しない小路課長が「人の好きを大事にするのは難しいからね」と言ったのに対して、真純が返したセリフです。

もし本当に、自分の好きと同じように他人の好きも尊重できるようになったらとても素敵ですよね。

私もまずは身近なところから、固定観念に囚われて子供たちの好きの気持ちを摘まないようにしたいなぁと思います。

「気持ちは黙っていては伝わらない」

こちらは第3話の小路課長のセリフです。

仙台出張で元妻に偶然出会った小路課長。二人で一杯飲みに行くことになりますが、そこで冒頭のセリフに似た言葉を言われ反省します。

そして同志のケンタにLINEするシーンで、気持ちを伝えることの大切さを思い出し「気持ちは黙っていては伝わらない」と反芻するんですよね。

第3話では他にも、甥の真純が漫画をSNSにアップしたところで「気持ちが届くって幸せ」と呟きます。

本作では気持ちを届けることにフィーチャーしたセリフが多く出てくるので、ぜひチェックしてみてください。

「全部の想いが届くわけじゃないけど、それでも消せないのが好きなのかなって」

こちらは、猫好きな鳴戸が友人になった真純に「自分が好きなものに嫌われることは切なくてね、もうやめた方が良いんじゃないかって」と打ち明けた際に言われたセリフです。

この言葉は、自分の漫画投稿に批判的なコメントを見つけて傷ついていた真純が自分自身を励ます力にもなりました。

「しょうがないじゃないですか、出会っちゃったんですから」

こちらは第5話で人間関係は面倒くさいと思いながらも友達を作った鳴戸に、小路課長がその理由を尋ねた際の答えです。

そしてこの言葉が、ほんの少し小路課長の背中を押すことになります。

前回までは毎回偉人の名言を披露してきた鳴戸が、友人ができたことで自分の言葉で思いを伝えた今回。

偉人の言葉でなくとも、そこに想いが乗れば誰かの気持ちを動かす力になるんだなぁと思えるシーンでした。

鳴戸課長の披露した偉人たちの名言集

ちなみに、鳴戸課長がこれまでに披露した偉人たちの名言はこちら!

「1時間を無駄に過ごすような人間はまだ人生の貴重さを発見していない。そう時間は有限なのだ」

病弱で1日に20分しか仕事ができなかったというダーウィンが発したというこちらの名言は、鳴戸課長が小路課長のチームに嫌味を言う際に使った言葉です。

「物事、小事より大事は発るものなり。油断すべからず」

こちらは仙台出張の際に鳴戸が披露した伊達政宗の名言です。「問題は小さい事から始まり大きくなるもの。油断するな」という意味が込められています。

「男子、三日会わざれば刮目して見よ」

こちらは真純との買い物を終え、ニュー鳴戸になった鳴戸課長が小路課長に披露した呉の武将・呂蒙の故事。「人は三日で見違えるから目をこすって見ろ」という意味があるそうです。

ちょっとオマケのトリビア

実は小路課長の家は、ドラマ「きのう何食べた?正月スペシャル2020」第2章の中に登場するジルベールとわたる君が暮らす家にそっくりなんです。

玄関のドアや壁などの外観、キッチン、リビングにある階段、ダイニングの床の模様。

どれをとっても全く一緒。同じ部屋なのか、同じマンションなのかはわかりませんが、二つの作品の部屋を見比べてみても楽しいかもしれません。

ドラマ「きのう何食べた?」も癒したっぷりな一押し作品なので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

お気に入りのドラマを観て”Stay Home”を楽しみましょう

いかがでしたか?

多くの視聴者の心を癒した「おじさんはカワイイものがお好き。」。ぜひ今度は、ドラマを観ながら自分の気に入る名言を探してみてくださいね。

こちらもおすすめ!

【おじキュン】ナギサさん"じゃない方"にどハマり続出♡「おじさんはカワイイものがお好き。」徹底解説

参考になりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

はる
映画・ドラママニアWEBライター

映画館スタッフやCATVの営業を経て、現在はWEBライターとして活動中。大好きな映画やドラマの情報をマニアな視点でお届けしていきます♪

はる の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事