【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】

即買い必至!【ワークマン】バカ売れで入手困難「1,900円高機能シューズ」秋冬バージョン爆誕

  • 2020年09月28日公開

こんにちは!ワークマン巡回が大好きなヨムーノライターマミです。

テレビで紹介されたり、コロナ禍でもユニクロと並んで業績好調というニュースを見かけたりと、話題が絶えないワークマン人気。
テレビで紹介された商品はもちろん、口コミで人気が出た商品は即買いしなければ、次に来店したときにはもう欠品……入荷未定。

ここでは、春・夏に人気だったらLIGHTスリッポンの秋冬バージョン「裏ボアLIGHTスリッポン」を購入し、使用した感想をご紹介します。

フィールドコア「ボアLIGHT(ライト) スリッポン」1,900円(税込)

▲商品番号:FC142

軽くて撥水、多機能で収納袋もついていた春夏のLIGHTスリッポンは2019年の春夏アイテムでした。

今回の裏ボアスリッポンは、2020年の9月に発売されたようです。ワークマン公式アンバサダーのソロキャンパー「ねこまる」さんとのコラボ商品。

ワークマンアンバサダーってどんな人?

ワークマンアンバサダーとは、ワークマン製品が好きで継続して ワークマン製品を発信してくれる方、ある専門分野に精通した方で 製品開発のご助言をいただける方など、ワークマンを応援してくれる方を対象に 認定させていただいてます。

出典:ワークマンプラス公式アンバサダーご紹介

ということで!
アウトドアに詳しい人が商品開発に携わっているから、ユーザー目線で作られた商品ということですね。
LIGHTスリッポンはとても軽く撥水効果が高いため、キャンプやアウトドアシーンでは欠かせないシューズ。それが寒い季節にも使うことができる仕様で新発売になったため、とても話題になっています。

裏ボアLIGHTスリッポンはどんな機能性があるの?

裏ボアLIGHTスリッポンは、これまでのLIGHTスリッポンの良さはそのままに、内側にはあたたかなボアが全面に施された商品です。
かかとを踏んでスリッポンに、かかとを起こしてスニーカーとして、両方のスタイルで履くことができます。

また、足の甲部分にあるアジャスターで、履き心地の調節が可能です。
ぴったりと足にフィットさせてもOK、ゆるめてリラックスして履いてもOK。

さらには、収納袋が就いているので携帯も。キャンプ地で履き替えたり、汚れた場合は収納袋に入れて持ち帰ることもできますね。
この袋は結構丈夫で、わたしはLIGHTスリッポンではなく、急な雨や寒さ対策のためのレインウエアを入れて車に積んでいますよ。

裏ボアは、足裏部分はもちろん、足の甲部分、かかと部分、サイドにもたっぷりあしらわれていてとてもあたたか。裸足で履いても靴下を履いていても、ふんわり感が伝わります。

まさに、“もこもこ”!
女子の好きな肌触りで幸せな温かさです。

そして軽く足さばきがとても楽です、裏側も滑りにくく濡れた草地の上でも大丈夫でした。秋冬キャンプにぴったりですね!

また、ロゴなどがないので普段使いもできそう。寒い日のちょっとしたお出かけやお散歩、お買い物にも軽くて暖かく快適かもしれません。

素材:ポリエステル・ポリウレタン・綿・EVA・合成ゴム サイズ:S・M・L・LL・3L

難点を言えば……

靴下をはいて裏ボアLIGHTスリッポンをはくと、いつものサイズよりちょっときつめに感じました。
ですが、その上のMサイズをはいてみると緩いんです。

寒い季節は裸足で履くわけにもいかないので、サイズの調整と自分の足との折り合いがちょっと難点といえば難点でしょうか。
店頭で試し履きしてみた方が確実です。

裏ボアLIGHTスリッポンは見つけたら必ずゲット!

店頭はもちろん、オンラインショップやカタログでも入手困難になることがあったLIGHTスリッポン。

欲しいと思うひとは店頭で見つけたら即買いのアイテムです。
温かで楽チンな裏ボアLIGHTスリッポンでキャンプやお散歩へお出かけしてみませんか。

⇒話題沸騰!ワークマン人気グッズ最新版!売切れ前にチェック

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事