【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

イ・ジョンソクが見せる完璧な男像「ロマンスは別冊付録」まるごと楽しむ方法をマニアが伝授

  • 2020年10月14日更新

こんにちは、年間480本以上の作品を鑑賞している映画ライターの白河さなです。

韓国作品は、一つの作品を鑑賞する中で、他の作品にもたくさん登場している俳優さんに出会うことがよくあります。

今回ご紹介する「ロマンスは別冊付録」は、まさにそんな韓国ドラマ。今年のヒット配信作品「サイコだけど大丈夫」や、「椿の花の咲く頃」など、有名作品と重複して出演している、話題の俳優さんにも注目です!

「ロマンスは別冊付録」のあらすじ

Netflixオリジナルシリーズ『ロマンスは別冊付録』独占配信中

記録的な若さで編集長の座についた天才作家と、どうしても仕事が欲しい元人気コピーライター。出版社の中でつづられるのは、どんな小説よりも甘く切ない恋物語。 イ・ジョンソクとイ・ナヨンが共演。

幼なじみ兼年下の男友達で、会社では上司という胸キュンポイントが盛りだくさん。

最初はウノのことを男として全く意識していなかったダニが、徐々に自分の恋心に気がついていく様子が繊細に描かれています。

主人公たち以外の登場人物の恋愛模様も必見!

「ロマンスは別冊付録」の見どころと魅力

1 日本にはない韓国ならではの就職事情が分かる

Netflixオリジナルシリーズ『ロマンスは別冊付録』独占配信中

離婚してシングルマザーになったカン・ダニ。娘の留学費用と生活費を賄うために、就職活動を始めますが、毎回書類審査か面接で落とされてしまいます。

ダニは、学歴も良くコピーライターとして賞を取ったこともありますが、逆にそのキャリアが落とされる原因になっていました。7年のブランクが開くと、経験者の方が採用されずらいのです。

韓国で正社員として採用されるのはかなり厳しく、学歴が良く年齢も若い人ではないと仕事が見つかりません。

専業主婦だったというだけで、遊んでいたと思われてしまい、キャリアがあることが逆に雇ったあとが使いづらく面倒だという印象を残してしまいます。

本当は、家族のために自分を犠牲にして尽くしていたにも関わらずです。

そこで、ダニが就職の書類審査のアンケートで書いた、「自分にかけたい言葉」が感動しました。 

まとめると「雑に扱ってごめん。こきつかってごめん。笑顔で耐えたね。もう幸せになって」という文章でした。ダニの語りと共に流れる、彼女の今までの苦労が画面に映し出され、さらに涙を誘います。

2 有名ドラマの出演者が大集合

鑑賞していると「あ!この人あのドラマにもでていた!」というシーンがたくさんありました。

例えば、ウノの子供時代を演じている子役は「椿の花の咲く頃」にも出演していた子役でした。演技がうまい子役と言うのは貴重で、どこのドラマにも引っ張りだこになるのでしょう。

さらに、「サイコだけど大丈夫」でキム・スヒョンの男友達役の俳優カン・ギドゥンが、ダニの同期の社員として出演。今回も愛されキャラを演じていました。

またまた「サイコだけど大丈夫」のキム・スヒョンに片思いをしていた看護師役の女優パク・ギュヨンも、ダニの同期の社員として出演。

この「サイコだけど大丈夫」コンビのかわいい恋模様は必見です。

そしてあの名作「愛の不時着」と「椿の花の咲く頃」の近所のおばちゃん役の女優キム・ソニョンも出演。言わずと知れた名脇役ですね。

登場するキャラクターの中で、一番いい人なのではないかと思うくらい素敵な上司役を好演。

最後に、ウノとダニが勤める会社の編集長役は「その冬風が吹く」のヤクザ役の演じた俳優キム・テウでした。本の出版に情熱を抱いていて、頼りになる編集長を熱演。

多くの名俳優たちが出演しているので、見ていて飽きずに楽しめました。

3 登場する言葉が美しい

Netflixオリジナルシリーズ『ロマンスは別冊付録』独占配信中

さすが出版社を舞台にしたドラマ!登場する言葉がどこか詩的で美しいです。

「春から夏・夏から秋・秋から冬がいつ変わるかわかる?いつから好きかなんて分からないよ」というウノの言葉は印象に残りました。

また、映画マニアの私のお気に入りは、大切な人や好きな人を本に例えるシーンです。なるほど!好きな人のことをそんな風に表現する方法があるんだ!と感動しました。

4 ウノに片思いをしているソン代理がかわいすぎる

Netflixオリジナルシリーズ『ロマンスは別冊付録』独占配信中

異例のスピードで出世し、氷の女と呼ばれるソン代理は私が大好きなキャラクターです。

誰よりも本を愛していて、努力家。土日も関係なく働き、仕事の鬼のように見えますが、片思いの相手ウノの前で見せる笑顔がかわいすぎます。

「恋がだめだから仕事に走っちゃうみたい」と言って恋に不器用なところも応援したくなっちゃいます。

特に9話で、彼氏に振られたと言えばウノに構ってもらえるから嘘をついていたということが分かり、切なすぎました。

5 イ・ジョンソクの8話のシーンはかっこよすぎてすぎて罪

Netflixオリジナルシリーズ『ロマンスは別冊付録』独占配信中

編集長・作家・教授の3つの肩書を持つチャ・ウノ。そしてあの顔面に186㎝の高身長。ちょっと完璧すぎませんか?

しかも、初恋の相手ダニのことがずっと忘れられず一途なところも最高です。

恋のライバルソジュンの元にダニを行かせないように、わざと帰り際に仕事を頼むところは年下っぽくてかわいすぎます。

そしてなんといっても、8話のいきなりダニを押し倒すシーンはかっこよすぎて罪です。今まで全く男を出さず、弟みたいに接してきていたウノがそれから変化します。

それまでウノを男として意識していなかったダニが、意識するきっかけになるシーンです。

「ロマンスは別冊付録」見るしかない!

Netflixオリジナルシリーズ『ロマンスは別冊付録』独占配信中

今回は「ロマンスは別冊付録」のあらすじと見どころを紹介しました。いかがでしたか?

個人的に編集の仕方も面白いと感じました。昔のことを思い出すシーンは、フィルムで撮ったかのようなオシャレな映像に切り替わります。

1話の始まりが、なぜかミュージカル調になるのもコミカルで楽しいです。

韓国のお仕事ドラマを楽しむと同時に、年下男子の可愛さに癒されたい方におすすめ。

韓国ドラマ「ロマンスは別冊付録」ぜひ見てください

参考になりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

白河さな
映画ライター

年間480本以上の作品を視聴しているほどの「映画マニア」です。韓国ドラマ・洋画・邦画と幅広いジャンルの執筆を担当しています。マニアならではの見どころや作品への愛をお届けしたいです。一人でも多くの方に「あ、この作品面白そう」と思ってもらえるような記事を目指しています。

白河さな の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事