【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

「豪華声優陣」布陣!原作なし完全Netflixオリジナル「泣きたい私は猫をかぶる」ココがすごい!

  • 2020年10月17日公開

こんにちは!アニメ映画にも精通しております、自称“映画博士”のエンタメ専門ライター、motoです。

突然ですが、あなたには、自分の姿を《猫》に変えてでも会いたい人はいますか?

今回ご紹介させていただくのは、Netflixで絶賛独占配信中のアニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』です。

『美少女戦士セーラームーン』や『おジャ魔女どれみ』でお馴染みのアニメ監督・佐藤順一と、柴山智隆監督が手掛けるオリジナル映画『泣きたい私は猫をかぶる』通称“泣き猫”は、豪華声優陣を揃えながら、大人気アーティストのヨルシカが主題歌を担当していることで大きな話題となりました。

原作のない完全オリジナルとして生まれた映画『泣き猫』を、見どころを混えてわかりやすくご紹介します!

『泣きたい私は猫をかぶる』は、こんなお話

Netflixアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」<Netflixにて全世界独占配信中>

主人公はいつも明るく陽気な中学2年生の女の子、笹木美代です。

愛知県常滑市で暮らす彼女は、空気が読めず自由奔放な性格から、周囲から「ムゲ」(ここでは、無限大謎人間を意味しています)というあだ名を付けられていました。

そんな美代も、思春期の女の子。

クラスメイトの男子、日之出賢人に片想いをしており、日々猛アタックを繰り返しますが、中々相手にしてくれません。

ある日、夏祭りに来ていた美代は、一風変わったお面屋台を見つけました。

そこで手に入れたのは、かぶると猫の姿に変わることのできる不思議なお面でした。

このお面をかぶり自由自在に猫の姿に変身できるようになった美代は、想いを寄せる日之出賢人と戯れる日々を過ごすように。

豪華すぎる声優陣の集結

映画『泣きたい私は猫をかぶる』の大きな見どころのひとつは、キャラクターの声の演出です。

自らアニメファンを公言し、声優としても『借りぐらしのアリエッティ』『風立ちぬ』など数々に話題映画にも出演経験のある実力派女優・志田未来と、大人気アニメ『鬼滅の刃』他『東京喰種トーキョーグール』『ダイヤのA』などに出演し、声優界で抜群の人気を誇る花江夏樹が、ムゲと日之出をダブル主演で務めました。

また、ムゲを《猫の世界》へ誘った謎のお面屋・猫店主を演じるのは、声優界ではもはやレジェンドと言っても過言ではないベテラン声優・山寺宏一です。

ムゲと日之出の担任教師役には意外な人物、おぎやはぎの小木博明が抜擢されました。

映画のストーリーはもちろん、声の演出も楽しむことのできる作品となっています。

“泣き猫”דヨルシカ”の絶妙な化学反応

Netflixアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」<Netflixにて全世界独占配信中>

映画『泣きたい私は猫をかぶる』の主題歌・挿入歌を担当しているのは、ネット発音楽シーンで今大注目を浴びている「ヨルシカ」です。

メロディアスかつエモーショナルな音楽性が特徴で、まるで小説の世界に飛び込んだかのような独特な世界観で数多くのリスナーを虜にしてきました。

自分たちのコンセプトを前提とした作品作りをモットーとするヨルシカのコンポーザー・n-buna(ナブナ)さんは、映画の世界観と楽曲のマッチングを心配していたそうです。

しかし、自身で初めて本作にマッチさせるように製作した楽曲『花に亡霊』は、《猫の世界》を存分に演出してくれる珠玉の作品となりました。

まとめ

Netflixアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」<Netflixにて全世界独占配信中>

映画『泣きたい私は猫をかぶる』について、みなさんの興味が湧くような見どころを厳選してご紹介させていただきました。

この映画は、2人の男女の主人公を中心とした、奇妙で温かい青春ファンタジー。

人間同士の繋がりや心の温もり、優しさを感じることができ、クライマックスでは大きな感動が生まれました。

好きな人と一緒にいることができるなら、あなたは人間としての“自分”を捨てることができますか? “好きな人とこのままずっと、そばにいることができたなら...”

誰もが抱く、共感できる恋愛感情と心の中の葛藤がリアルに描かれた、原作のない完全オリジナルストーリーの誕生です。

きっとあなたも、学生時代の純粋で甘酸っぱい恋愛を思い出すでしょう。

現在Netflixで絶賛配信中の『泣きたい私は猫をかぶる』、お見逃しなく。

参考になりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

moto
エンタメマニアライター

NetflixやHulu、UーNEXTといった数々の動画配信サービスを駆使し、国内外問わず映画やドラマ・アニメなど幅広いジャンルを視聴しております。自称“映画博士”として、溢れ出る映画愛を多種多様かつ興味深くなるような記事で、読者の皆様にお届けしたいと思っております。

moto の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事