【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
五星三心占い

【唐揚げ】ベチャッと揚がる問題を解決!「10秒簡単テク」でケンタ顔負けのサクサク食感に♡

  • 2021年01月08日更新

こんにちは、調理師歴13年、ヨム―ノライターのだいきです!  

『唐揚げをせっかく揚げたのに、べちゃっとしていてなんか美味しくない......』
『せっかく作るならサクサク、ジューシーで美味しい唐揚げが作りたい、でもめんどくさいのはちょっとな.....』

こんな悩みってありますよね。

そんな時におすすめの「簡単に唐揚げをサックサクにするコツ」を3つ紹介します!

「唐揚げがべチャッと揚がる問題」を解決して、ケンタッキーにも負けない、お店級に美味しい「サックサク唐揚げ」が作れるようになります。ぜひ参考にしてみてください♪

カリカリ唐揚げを作るコツ①揚げる直前にしっかり粉を付ける

みなさんは衣を鶏肉にまぶすとき、下味をつけた鶏肉が入ったボウルに"ドバッ"と粉を入れていませんか?そうすると余分な水分が粉につきすぎてしまい、カラッと揚げることが出来ません。

唐揚げをカリカリにしたければ、揚げる直前に、しっかり1つずつ粉を付けましょう。

その時に注意したいのが「粉はケチらない」こと!
写真くらいたっぷり粉を付けてから揚げると、カラッと揚がりますよ。

ちなみに今回の粉は片栗粉を使っています。

カリカリ唐揚げを作るコツ②唐揚げを油から出し、空気に触れさせる

揚げている途中で、1度唐揚げを油から出し、10秒くらい空気に触れさせましょう。(※1)余分な水分を飛ばすことで、手軽にカリカリにすることが出来ます!

実はこの空気に触れさせる方法は、昨日ヒルナンデスで、おいしい唐揚げを作る裏技No.1に選ばれたテクニックなのです!

少し浮かす程度なので油がはねる心配も少なく、子どもがいる家庭でも取り入れやすいのでぜひ試してみてください!

油から浮かせるタイミング

油から浮かせるタイミングは、唐揚げに少し色が付いてきたくらいが一番いいでしょう。(※2)

浮かせる目安のタイミング

  • 160℃(中温)の油...1分30秒
  • 180℃(高温)の油...1分

あまり早すぎると、衣が剥がれてしまう原因になり、遅すぎると効果があまりなくなってしまうので、ご注意!

(※1)ヒルナンデスでは、3~4秒ほど空気に触れさせ、2・3回繰り返す、と紹介されていました。
(※2)ヒルナンデスでは、半分くらい揚がったら、と紹介されていました。

唐揚げを浮かせるときは「かす揚げ」を使って

唐揚げを浮かせるときには、100均などでも売っている「かす揚げ」を使うことをおすすめします!唐揚げを持ち上げやすく、落とす心配もほぼありません。

家庭にかす揚げがなければ、菜箸や揚げ物トングでも大丈夫です。
ただ、万が一唐揚げを落としたときに、油がはねてやけどをしてしまうかもしれないので注意してくださいね。

2度揚げよりも手間なく、カリカリにできる♪

よく「2度揚げするとカリカリで美味しい唐揚げにすることが出来る」と聞いたことはありませんか?正直2度揚げをするとなると、ちょっとめんどくさい。

今回紹介した「途中で唐揚げを少し油から出す」方法は、2度揚げの工程を簡単にしたものなのですよ♪

カリカリ唐揚げを作るコツ③揚げたては網に上げてしばらく置いておく

揚げたては「ザルや網の上」で少しの時間、油を切っておきましょう。ザルや網がない方は、魚焼きグリルの上でもOK。

あれっ、キッチンペーパーはダメなの?と思った方もいるかもしれませんね。

カリカリの唐揚げを作りたいなら、キッチンペーパーに直接唐揚げを置くのはNGです。キッチンペーパーに接している部分に油が溜まってしまい、衣がべちゃっとする原因になってしまうからです。

【徹底比較】カリカリ具合はどれくらい違う?

今回は「揚げている時に空気に触れさせる」コツを実践して、唐揚げのカリカリ具合がどれほど変わるのか、検証してみます!

写真左が『1度浮かせた唐揚げ』で、右が『浮かせなかった唐揚げ』です。

見た目はどちらの唐揚げも目立った変化はありません。ですが、衣を触ってみると、1度浮かせた唐揚げは、カラッとしていました。

浮かせなかった唐揚げは、サクサクとしっとりのちょうど中間くらいの印象です。これはこれで美味しそうです。それでは実際に食べて比べてみたいと思います♪

【1度浮かせた唐揚げ】超サクサクで肉汁ドバ~ッ♡

まずは大本命、1度浮かせた唐揚げからいただきます!

同じく調理師をしている妻に食べてもらったところ、「カリカリしてるし、肉汁が凄い!」だそう。私も食べてみましたが、サクサク感が確実に強いです。

写真を見てもらえればわかると思いますが、切った瞬間、肉汁が「ドバ~ッ」っとお皿に流れてくるほどジューシーに揚げることが出来ています。

【浮かせなかった唐揚げ】ややしっとり、ジューシー

次に浮かせなかった唐揚げを、いただきます!

妻の感想は「うん、普通に美味しい」でした。あまり参考にならないので、私も食べることに。

カリカリとまではいかないけれど、しっとりした食感の中にサクサク感が少しあるくらいです。味はジューシーで美味しい唐揚げです。

食べ比べてみた結果、先に食べた「1度浮かせた唐揚げ」の方が肉汁たっぷりで、とても美味しい唐揚げになりました。

3つのコツで簡単、お店で食べるカリッとした唐揚げを♪

いかがでしょうか。

唐揚げは、下記の3つのコツで「カリカリ」でお店のような唐揚げにすることが出来ます。

  • 粉をたっぷりつけて揚げる
  • 揚げている途中で油から出し、空気に触れさせる
  • 揚げたてはザルなどに並べ、油を切る

ぜひ唐揚げを作る時には、意識して作ってみて下さいね。絶賛されること間違いなしですよ!  

合わせて読みたい!

▶「なすの味噌汁が黒くなる」長年の悩みを一発解決!たった1つの「簡単すぎる裏ワザ」検証
▶【玉ねぎ】生で食べても辛くない!「家にあるアレ」でまさかの簡単すぎ「辛味抜き裏ワザ」

試してみたくなりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

だいき
ヨムーノライター

こんにちは、脂っこい料理が大好物のだいきです!ホテルで4年洋食を学び、介護施設の調理師として働きながらライターもしています。自分も楽しみつつ、面白いレシピやアイディア、調理のコツなどを紹介していきます。ぜひご覧ください!

だいき の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事