【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

パク・ソジュン色全開!韓国版"じれキュン"にどハマり♡「サム・マイウェイ」3大堪能ポイント

  • 2020年10月27日公開

こんにちは、年間480本以上の作品を鑑賞している映画ライターの白河さなです。

キスシーン、じゃれあい、男らしさ、どこを切り取ってもキマるカメレオン俳優のパク・ソジュン。

今年、彼の演じる作品を全制覇した私が今回おすすめするのは、じれったいストーリーが女心に刺さる「サム、マイウェイ 恋の一発逆転!」です。

「サム、マイウェイ 恋の一発逆転!」のあらすじ

2017年KBS演技大賞最多受賞!

アラサー男女のじれったい恋模様とリアルな現実を描くラブコメディ。

高校時代、テコンドー選手として名を馳せながらもワケあって引退し、現在はダニ駆除業の仕事をするコ・ドンマン。

20年来の幼馴染、チェ・エラもアナウンサーになる夢をあきらめて、今はデパートの案内係。二人は同じアパートに向かい合って住み、なんでも言える仲でした。

ある日偶然、デパートの館内放送を任されたエラは、それをきっかけにアナウンサーの夢をもう一度目指そうと決意。ドンマンも再び格闘技に挑戦するきっかけを掴みます。

そんな中、ドンマンの前には有名アナウンサーの元カノが、エラの前にはハイスペックな新カレが登場。ただの親友だった二人の仲に絶妙な変化が…。

格闘技選手を演じたパク・ソジュンの鍛え上げられた肉体や、直球の愛情表現など胸キュン要素が満載。魅力的なキャラクター、テンポよく進むストーリー展開に引き込まれること間違いなし。

「サム、マイウェイ 恋の一発逆転!」の見どころと魅力  

①パク・ソジュン×幼馴染=最強

想像してみてください。幼馴染のパク・ソジュン。家の向かいに住んでいて、なんでも話せるパク・ソジュン。最高すぎませんか?(笑)

これから幼馴染ならではの胸キュンシーンをご紹介します。

まず、2話のエラの彼氏が浮気していると知り、自分のことのように怒ってくれて、慰めてくれるシーンは必見でしょう。 元カレからもらったバッグを捨てろと言い、新しい鞄と靴をプレゼントしてくれます。

エラの喜んだ顔を見て嬉しくなるドンマン。この時点ではまだ、エラへの気持ちを自覚してないところがまたいいんですよね。

エラが辛いときに電話したら、「声が変だぞ」と泣いていることに気づいてすぐに来てくれます。 エラが男たちに絡まれたときに、飛んできて男を回し蹴りするシーンは、迫力がありました。個人的に、ドンマンが戦闘モードに入るときのBGMがツボでした。

エラが職場で理不尽な扱いを受けて泣くのを我慢しているときに「壁になってやる。向こうからは何も見えない。泣いていいぞ」といって、盾になってくれます。 泣くのを我慢しているときにあんなに優しくするのは反則でしょう。

そしてエラも、ドンマンが落ち込んでいるとき「誰がなんといおうとあんたは成功する」と言います。 ドンマンは嬉しくて泣いてしまい、思わずエラを抱きしめます。自信を喪失しているときに、こんなことを言われたら誰でも泣きますよね。

ドンマンはこの時にエラに対する恋心に気がついたのかもしれません。

そして、エラの彼氏に「あんたは誰だ?」と聞かれて「エラの保護者だ」と言っちゃうところは笑いました。ドンマンなりに必死に考えた答えなんでしょう。

二人の掛け合いが本当の幼馴染みたいでした。 途中、ドンマンとエラの幼少期、高校時代の映像もでてきてかわいいです。

②夢をあきらめた大人が夢に再挑戦する姿

小さい頃に持っていた夢を、実際に叶えられる人なんて一握りです。大体の人は大人になるにつれて、妥協して物事を決定するということを学ぶようになります。

ドンマンとエラの現実も厳しいです。 

テコンドーで有名だったドンマンは嫌な上司にいびられ、足を蹴られることも。ドンマンがテコンドーの選手をあきらめた理由も泣けます。その気になれば上司をぼこぼこにするなんて簡単なのに、必死に我慢するドンマン。

アナウンサーになりたかったエラもデパートの受付をする毎日です。 そんな中、やりたかったデパートの館内放送を任せられます。 嬉しくて一生懸命頑張るエラですが、最終的にコネで選ばれた人が採用されます。

どう考えても、エラの方が実力が上なのにです。 下の受付に戻り、自分がするはずだったアナウンスを聞くエラの表情が辛すぎました。 

好きなことを仕事にするために頑張るというと、楽しく聞こえるかもしれませんが、たぶん楽なのは今のまま現状維持でただなんとなく毎日を生きることです。

夢に向かって努力し続ける二人はキラキラしていました。

③20年そばにいてやっと恋人同士になれた二人

一緒にいると素の自分でいられて落ち着くけど、近づくとドキドキする関係のドンマンとエラ。

デビュー戦で勝ったドンマンの言葉がストレートすぎるんです!「お前しか見えなかった。すごくかわいく見えたんだ。見つめられるとキスしたくなる」心の中で思ったことを全部口に出してしまいます。

初デートの時、いつもジャージ姿で見慣れているエラが、ワンピースを着て家から出てきたのを見たドンマンが思わず言ったことも面白かったです。「セクシーすぎる。お前の脚を見たやつに回し蹴りしそうだ」

ずっと一緒にいたのに、手をつないだだけでニヤニヤしてしまうドンマンとエラの姿は、見ているだけで幸せな気持ちになりました。

ドンマンのテコンドーの選手のなる夢を応援したいけど、ドンマンが試合で殴られるのを見たくないエラの切実な思いにも、感情移入してしまうこと間違いなし。

「サム、マイウェイ 恋の一発逆転!」見るしかない!

今回は「サム、マイウェイ 恋の一発逆転!」のあらすじと見どころを紹介しました。いかかでしたか?

パク・ソジュンとキム・ジウォンの魅力がいっぱい詰まっていることはもちろん、一度夢を諦めた大人がもう一度挑戦するというストーリーは全ての大人の胸を熱くするはず。

幼馴染4人の和やかなシーンも必見です。

「サム、マイウェイ 恋の一発逆転!」ぜひ見てください!

参考になりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

白河さな
映画ライター

年間480本以上の作品を視聴しているほどの「映画マニア」です。韓国ドラマ・洋画・邦画と幅広いジャンルの執筆を担当しています。マニアならではの見どころや作品への愛をお届けしたいです。一人でも多くの方に「あ、この作品面白そう」と思ってもらえるような記事を目指しています。

白河さな の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事