ニトリ「ペットベッド」でぬくぬく♡初日からお気に入り!購入1週間正直レビュー

  • 2021年02月25日更新

はじめまして。ワークマンでアウトドアウェアをチェックするのが大好きなayanaです!元スタバ店員で今でも週4でスタバに通っているほど、スタバの沼にハマ…

こんにちは!ポメチワを飼っているヨムーノライターのayanaです。

肌寒い日も多くなってきましたが、ペットの寒さ対策は万全ですか?
”お値段以上”でお馴染みのニトリでは、冬に大活躍してくれるペットグッズが多数販売され、インスタでたくさんの写真が投稿されています。

そこで今回は、筆者も毎年購入しているニトリの“ペットベッド”を紹介します。
購入して1週間ほど経ち、実際にペット使ってみたから分かる感想なども記載しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ブランケットがセットになったニトリの”ペットベッド”

こちらは、私が先日ニトリで購入した「ペットベッド L(Nウォーム モイストo-iマルL)」。

ベッドに接している面だけでなく、上からもペットを温めることができるので、寒い冬にぴったりです。ペッドのかかっているブランケットはボタンでくっついているため、気温やシーンに合わせて使い分けることもできます。

こちらのペットベッドは裏生地に吸湿発熱素材であるNウォームと保湿素材であるNモイストが使用されているので、一般的なペットベッドよりも暖まることができますよ!。

筆者が飼っている犬(4キロ)は、Lサイズがぴったりでした。平らな形のペットベッドなので、2〜3キロくらい小さなペットであっても大きめなサイズがおすすめです。

今回購入したのは、Lサイズ(幅65×奥行65×高さ10cm)のペットベッドを購入しましたが、Mサイズ(幅50×奥行50×高さ10cm)でも同じ商品が販売されています。

ペットベッド L(Nウォーム モイストo-iマルL)
価格  3,990円(税込)
サイズ 幅65×奥行65×高さ10cm

ペットベッド L

ニトリの”ペットベッド”の良かった点

ここからは、実際に1週間使用してみて分かった”良かった点”を紹介します。

中に入って温まれる!

昨年はニトリで「犬・猫用ペットベッド(Nウォーム q-o コーディG M)」を購入したのですが、こちらのペットベッドはコップのような形をしていたため、ベッドに接していない面は温めることができていませんでした。

その点、今回購入したニトリのペットベッドにはブランケットもついているので、身体全体を温めることができます。ブランケットはふんわりとかかっているため、ペットが自分で中に入り込むこともできますよ!

肌触りがいい!

肌触りの良いタオルやブランケットが好きというペットも多いですよね。

今回紹介しているニトリのペットベッドは、さらさらとした優しい肌触り。上にかかっているブランケットは、柔らかい肌触りになっています。私が飼っている犬はとても気に入ったようで、購入してからずっとこのベッドで寝るようになりました。

洗える

こちらのペットベッドは、手洗い可能。そのため、粗相などをしてしまった時でもキレイに洗うことができます。抗菌防臭加工も施されているので、いつもペットベッドのにおいが気になっているという方にもおすすめなベッドです。

あまり良くなかった点

次に、使ってみて分かった”あまり良くなかった点”を紹介します。

ボタンで遊んでしまう

ペットベッドの上にかかっているブランケットはボタンでとめられるデザインになっているため、ボタンに慣れていないペットややんちゃなペットだと破壊してしまったり誤飲してしまったりする可能性があります。

糸で簡単に縫い付けられているだけなので、不安な方は最初からボタンを取り外し、ブランケットを縫い付けてしまう方がいいかもしれません。

ペットの寒さ対策はニトリでゲット!

いかがでしたか?
ニトリでは、季節ごとに様々なペットベッドが販売されています。
今回紹介したペットベッドは、ペットの身体全体を温めることができる冬のマストアイテム!
ぜひ、今回の記事を参考に、ニトリでペットグッズを購入してみてくださいね。

紹介した商品はこちら

  • ニトリ ペットベッド L(Nウォーム モイストo-iマルL) 3,990円 (税込)

ペットベッド L

ニトリには他にもペットベッドがたくさんありますよ。

ニトリのペットベッド

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

参考になりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事