【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

次に【IKEA】行ったら絶対買い!最近のNO.1「とにかく映える」プチプラ高見えキッチン雑貨

  • 2020年10月27日公開

こんにちは。ヨムーノライターのritaです。

だんだんと寒くなり、温かいお茶を飲む機会も増えてきました。
紅茶や緑茶は殺菌作用があり、風邪予防にいいと言われていますよね。さらにはリラックス効果や、ダイエットにも効果的とか。

そんなお茶を楽しむ際、欠かせないのがティーポット。今回は、おしゃれで使える、IKEAのガラス製ティーポットをご紹介します。

IKEAのRIKLIG(リークリグ)ってどんな商品?

IKEA 「RIKLIG(リークリグ )ティーポット」0.6L 799円(税込)

ガラス製のクリアなティーポットです。

本体のガラスの容器と、大きめの蓋、丸い小さな蓋、茶漉し部分(インサート)の4パーツとシンプルな作り。 重さは300gと、りんご1個分程度。
軽く持ちやすいです。

小さな蓋を外して、そこから茶葉とお湯を入れます。

茶漉しには取っ手が付いていて、取り出す際もスムーズです。

蓋と茶漉し部分は手洗いですが、ガラス容器は食洗機で洗えます。
また、電子レンジの使用もOKです。

サイズは0.6Lと1.5Lの2サイズ展開。

0.6Lポットと500mlのペットボトルを比べるとこんな感じ。 0.6ℓは2〜3人用として適したサイズ感だと思います。
1.5ℓはそれ以上の多人数用、または、作り置き用としても使えるサイズです。

IKEA「リークリグ」のおすすめしたいポイント

ガラスのティーポットってこんなにすごい!

【1】とにかく見た目が「映え」

実は今まで、ガラスのティーポットを使ったことがなかったのですが、思った以上にビジュアルが美しくてびっくり!
お茶の色が綺麗に映り、湯気がゆっくりと立って、なんだかそれだけで優雅な気分になれます。

紅茶にドライフルーツを入れて、フルーツティーに。
クリアなガラスのティーポットだからこその美しさですね。

【2】見えるから調節も簡単

大目にお茶を作って1杯目を飲んでいる間に、ポットの中で茶葉が抽出され続け、気がついたら濃くなりすぎていた、なんてこと、皆さんもあるのではないでしょうか?
このIKEAのポットは中身が見えるので、茶葉の開き具合や味の濃さ、また、残量も確認できてとても便利です。

【3】保温力のデメリットも問題なし

素材がガラスだと、見た目は綺麗だけど、保温力が低いのでは......?と懸念していましたが、このポットなら電子レンジが使えるので、冷めてしまったお茶もすぐに温め直すことができます。
テレワーク等で、1日を通して何杯かお茶を飲みたい時も、この機能は嬉しいですよね。

洗いやすさが購入の決め手

今までいくつかのティーポットや急須を使ってきましたが、大体蓋はコロンと小さく、注ぎ口は長いタイプ。
ポット本体も入り口が狭く洗いにくいし、注ぎ口は専用の細長いスポンジを使わないといけないし……と、片付けが少し面倒でした。

このIKEAのティーポットは蓋全体が外せて、カップのように簡単に洗えます。
シンプルな筒状なので、食洗機を使っても洗い残りナシです。

そして何と言っても、注ぎ口を洗うのがラク!
ガラスなので、茶渋なども残さず綺麗にすることができて衛生的です。
IKEAでこの商品を実際に見てみて、この形は洗いやすい!と購入を決めました。

小さな蓋にも便利機能

お茶を入れて、好みの抽出具合になった時。茶葉を取り出したいそんな時に、この小さい蓋が大活躍。

このようにひっくり返せば、茶漉し置きになるんです。
茶漉し置き用の小皿をわざわざ用意しなくていいので助かります。

残念ポイントはある?

様々な希望を叶え、不満を解消してくれたこのティーポットの残念なポイント。
私自身、特筆すべきものは正直思い浮かばないのですが、強いて言うなら「茶漉しの口が小さくて若干茶葉が入れにくい」という点でしょうか。

しかしこれも「若干」なので、そこまで気にはなりません。

おしゃれで使いやすく、リーズナブル!

さすがIKEA!なスタイリッシュな見た目と、手軽に使えるシンプルさと機能性、そして税込799円というリーズナブルな価格。
根っからのコーヒー党だった私も、このポットを買ってからは色々なお茶を楽しむようになりました。
これからの季節、暖かいお茶の時間には、IKEAのティーポットがおすすめです♪

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

参考になりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事