【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

アレ太った?もしかして「むくみ体質」かも?チェックリストで簡単判定【薬剤師直伝】解消法も

  • 2020年10月28日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。
食欲の秋は気を抜くと太りやすい季節。しかし、体重が増える原因は脂肪だけでなく、水分の影響である可能性もあるって知っていましたか?

なんと、人によっては水分だけで1~3㎏増えてしまうこともあるんです。むくみ撃退に効果的な方法を、薬剤師の佐藤瞳先生に教えてもらいました。

むくみって何?

むくみの原因は、体にある余分な水分です。体の60%は水分でできていると言われるくらい体にはたくさんの水分が蓄えられていますが、余分な水分は主に細胞と細胞の間に存在します。通常、これらの余分な水分はリンパ液に合流し、最終的に尿となって体外に排泄されます。

しかし、リンパ液の流れが悪くなると、余分な水分や老廃物をうまく回収できず、むくみの原因となります。また、筋力不足もリンパの流れを悪くする原因の1つです。

私ってむくみ体質?チェックリストで判定してみよう!

ではここで、あなたの体の状態や生活習慣が、むくみ体質チェックリストにいくつ当てはまるか数えてみましょう。

  1. 手足やお尻が冷たい
  2. 後ろから足首を見た時に、アキレス腱が見えない
  3. 朝起きるとまぶたが腫れぼったく感じたり、フェイスラインがぼやけていたりする
  4. 夕方になると靴がきつい
  5. 味付けは濃いめが好き、食事をする時はいつも醤油やソースをたっぷりつけて食べる
  6. 1日中同じ姿勢をとっている(座りっぱなし、立ちっぱなしなど)時間が長い
  7. 運動をする習慣がない

いくつ当てはまりましたか?
1~4に当てはまる方は、今むくみの症状を自覚しているようですね。むくみを自覚していなくても、5~7に当てはまった方は「むくみ予備軍」と言えます。

どちらの方も、ぜひ次に紹介するむくみ解消法を試してみてくださいね。

できることからトライ!むくみ解消法

1.むくみ解消は生活の1シーンから

●塩分や糖分を控えつつ、カリウムを摂る

塩分や糖分は水分を体に溜めやすくします。そのため、味の濃い食事やお菓子などは控えるようにしましょう。

逆に、カリウムは水分を体の外に出すのを助けてくれます。カリウムはバナナやきゅうりなどに多く含まれていますので、むくみに悩んでいる方はカリウムを含む食品を積極的に摂るようにしましょう。

●ハイヒールはほどほどに

ヒールが高い靴を履くと、バランスを保つために足首周りが固定されます。その結果足首の動きが減り、足首がむくむ「ハイヒール病」に。
ヒールを毎日履いている方は、ヒールをお休みする日を作るようにしましょう。また、ヒールを履いた日は足首周りのストレッチやマッサージを念入りにすると効果的です。

●週に2回は運動を!

筋力不足はリンパ液の流れを悪化させてしまいますので、定期的な運動は大切です。普段の生活では動かさない筋肉を動かしたり伸ばしたりして、余分な水分が体から出るようにしましょう。

2.むくみは漢方の得意分野!

重度のむくみでない限り、病院でむくみの治療をすることはあまりありませんが、一方でむくみは漢方が得意とする症状の1つ。「むくみの改善のために時間や労力をかけられない」「すぐに生活習慣を変えるのは難しいかも……」という方には漢方薬がおすすめです。

しかし、薬だけに頼るのはNGです。漢方薬に加えて、食事や運動などの基本的な生活習慣の見直しをすることで、少しずつ体質を改善していくことができます。

むくみに悩まされている場合、原因は体質であることが多いのですが、漢方薬はこの体質を「良い体質」に変えるために心身全体に作用します。 もちろん、バランスの取れた食事や、体質に合った運動をこなせるのであれば、それに越したことはありませんが、たとえ理想どおりにできなくても、自分に合った漢方薬を毎日のむことで、むくみにくい、望ましい体質を目指すことはできるでしょう。

実は私も、むくみ体質です。薬局は立ち仕事で、ふくらはぎは毎日パンパン。足首のアキレス腱も見えませんでした。
このままではまずい!と思い、八味地黄丸という漢方薬を飲み始めました。それからは食事と運動にも気をつけることで、足首を取り戻すことができました。

漢方薬+ライフスタイル改善の合わせ技が効果的ですよ!

【むくみ体質の方におすすめの漢方薬】

  • 汗かきで、疲れやすく、太りぎみの方:防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

水分循環を促し、余分な水を排泄させます。水太りの肥満症の方によく使用されます。

  • 下半身の冷えや頻尿、腰痛がある方:八味地黄丸(はちみじおうがん)

水分代謝の要である腎のはたらきを助け、むくみを改善します。

ただ、注意しなければならないのは、選んだ漢方薬が自分の今の状態や体質に合っているかどうかということです。もし合っていなければ、目指している健康状態を手に入れられないばかりか、副作用がおきることもあります。
自分に合う漢方薬を手軽に見つけるための専門サービスとして、A Iを利用した「あんしん漢方」が話題になっています。そういったサービスを活用するなどして、漢方に精通した専門家に相談することをおすすめします。

むくみを流してしなやかボディを手に入れよう!

たかがむくみと思ってはいけません。むくみは頭痛や冷え症などの他の不調の原因となりかねませんので、油断はできないんですよ。特にダイエットをしている方は、むくみを改善することですっきり見違えるようになります。私の場合、むくみ体質を改善したことで今は当時よりも体重が4㎏減りました。

ここまで読んでくださったみなさんも、ぜひむくみ解消法を試してみてくださいね!

むくみ解消方法を教えてくれたのはこの方

あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師 佐藤 瞳
製薬会社で臨床開発に従事後、「薬を実際に使っている患者さんの声が聴きたい!」との思いから、調剤薬局で勤務。病気を未然に防ぐライフスタイルや働く女性に役立つ漢方の情報を発信している。留学経験があり、論文や海外の最新情報の収集が得意。⇒あんしん漢方(オンラインAI漢方)

参考になりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事