診断テスト

【成城石井】100種以上食べたマニア推し「カップスイーツ」BEST4

  • 2020年11月14日公開

こんにちは!成城石井の食料品は延べ100種類以上食べている、ヨムーノライターの相場一花です。

自分や家族へのご褒美に、成城石井へと足を運び続けて約10年。成城石井の食料品の中で気に入っているのは「カップに入ったタイプのスイーツ」です。

今回は、成城石井歴10年ほどの私が気に入っている、成城石井のカップ入りスイーツを4つ紹介します。

成城石井のカップ入りスイーツはさほど高くない

「成城石井は、全体的にお値段高め……随分と足を運んでいない」という人もいると思います。成城石井はどちらかといえば高級路線なのか「買いたいけれど、値段がネック」になる食料品も多々ありますよね。

しかし、成城石井のカップ入りスイーツは200~300円台のものが多め。コンビニスイーツと変わらないお値段で購入できますので「今日はちょっと変わったスイーツを食べたい」なんて時に、成城石井のカップ入りスイーツはぴったりです。

私が今回紹介するカップ入りスイーツも、200~300円台で買えますよ!

シンプルだけどおいしい!成城石井「特製焼きプリン」238円(税抜)の正直レポ

成城石井のロングセラースイーツ「特製焼きプリン」238円(税抜)。正統派のプリンを食べたくなったら、買っています。

黄色かかったプリンと下には、カラメル。至ってシンプルなプリンですね。ちなみに、原材料についても牛乳、卵、砂糖、香料のみ。余計なものは入っていません。

卵の風味が味わい深いシンプルなプリン

プリンの食感としては、ややかため。いわゆる「なめらかプリン」系ではありません。口の中に入れると、一気に卵の風味が広がります。舌触りはなめらかで、油断しているとあっという間に完食しちゃうかも……。

カラメルの存在はひかえめ

スプーンでプリンをすくっていくうちに、下からカラメルがじわーっと出てきました。

でも、カラメルはあくまでもおまけ。卵風味のプリンを優しく包んでくれる存在で、あまり苦みは感じませんでした。可もなく不可もなし、素朴ながらも万人受けしそうなプリンです。

家族全員「特製焼きプリン」を食べていますが、いつでも好評!カラメルが苦手な夫も「成城石井の特製焼きプリンは、カラメルがしつこくないから食べやすい」とカラメル部分もペロリと食べていますね。

シンプルイズベストを体現しているようなプリンです。

かぼちゃ好きさんに激推し!成城石井「北海道えびすかぼちゃパンプキンプリン」290円(税抜)の正直レポ

思わずリピ買いしたくなる成城石井「北海道えびすかぼちゃパンプキンプリン」290円(税抜)。かぼちゃ好きならぜひともお試しいただきたい、えびすかぼちゃが堪能できるプリンに仕上がっていますよ。

濃密&濃厚なかぼちゃ

フィルムをとってみると、深いオレンジ色のプリンが見えました。プリン表面はやや凹凸があって、固まっています。

スプーンですくってみると、かたさがありながらもねっちょりした感覚が……。口の中に入れると、ねっちょりホクホクとした濃密&濃厚なえびすかぼちゃの味がします。ねっちょりしていると思いきや、すっととけていきますので、口あたり軽やかです。

プリンというよりも、むしろえびすかぼちゃのペーストを食べているような気分に……!

かぼちゃ好きにはたまりませんね。下の方にちらっと入っているカラメルを見て、ようやくプリンであることを思い出しました(笑)。苦みのあるカラメルですが、甘みがおいしいえびすかぼちゃの良いアクセントになっていますよ。

かぼちゃクリーム単品でも食べたい!成城石井「栗とかぼちゃのパルフェ」359円(税抜)の正直レポ

かぼちゃクリームが印象的な成城石井「栗とかぼちゃのパルフェ」359円(税抜)。「北海道えびすかぼちゃパンプキンプリン」を食べて「もしかしたら、成城石井はかぼちゃ系のスイーツが絶品なのかも?」と思い、購入に至った記憶があります。

かぼちゃクリームが優秀

かぼちゃクリームの上にパンプキンシード。かぼちゃクリームの下には、胡桃(くるみ)と生クリーム、ビスキュイ、栗のムースが隠れていますよ。

かぼちゃクリームはとっても濃厚……!上で紹介した「えびすかぼちゃ」とは、タイプの違ったかぼちゃの味わいです。かぼちゃそのものの味に近いのではないかと思います。かぼちゃっぽいざらつきがあるのも◎。

ねっとりとしていてややくちどけが悪い気がしますが、濃厚なかぼちゃを求めている私としては、余韻も楽しめて満足です。

かぼちゃクリーム単体で販売されていても、余裕で買ってしまう自信があります。そのくらい気に入っています。

胡桃や栗ムースはよいアクセントに

かぼちゃクリーム単体で食べるのも良いですが、胡桃や栗ムースなどと一緒に一気に食べても◎。
栗ムースはしゅわっとしていて、あっという間に口の中で溶けていきます。やや栗っぽさが薄めですね。ねっちょりとしたかぼちゃクリームとの食感が対照的で面白いなあと思います。胡桃はカリカリと香ばしさがあり、クリームやムースの単調さをカバー。

ビスキュイは……どこいったのかな?という位、よくわかりませんでした。

期間限定品のロカボスイーツ!成城石井「ティラミスコーヒーゼリーパルフェ」299円(税抜)の正直レポ

成城石井では、2020年11月2日(月)~11月29日(日)の間、「ロカボフェア」をしています。成城石井「ティラミスコーヒーゼリーパルフェ」299円(税抜)は、ロカボフェア対象の商品で、今回はじめて発見しました。

糖質が気になる……という人でも食べられるカップ入りスイーツですよ。

糖質7.2g!

成城石井「ティラミスコーヒーゼリーパルフェ」は、1食あたり187kcalでエリスリトールをのぞいた糖質はわずか7.2g。スイーツとしては、糖質がかなり低めですよね。

「糖質低めのスイーツだから、質素なコーヒーゼリーなのかな」と思いきや、コーヒーゼリーの上には、ティラミスクリームを重ねられていて、さらにガナッシュとアーモンドがトッピングされています。とても低糖質なスイーツには見えません。

コーヒーの苦みが◎

成城石井の苦いコーヒーゼリーを食べたことがあるので違和感は覚えませんでしたが、「ティラミスコーヒーゼリーパルフェ」のコーヒーゼリーもかなり苦め。普段からブラックコーヒーを好む私としては、好みの味わいでした。

ティラミスクリームはエアリーで口の中で手話っと溶けていきますね。上にかかっているガナッシュもややビターで、全体的に甘さは控えめ。

低糖質スイーツにありがちな、違和感のある味わいはありません。夫は最後まで糖質を抑えたタイプのスイーツであることには気が付きませんでしたよ。

今まで様々なメーカーの低糖質スイーツを食べてきましたが、成城石井の「ティラミスコーヒーゼリーパルフェ」はトップクラスに美味しく仕上がっていると感じています。

成城石井のカップ入りスイーツ、ぜひともお試しを!

成城石井のカップ入りスイーツは比較的手の出やすいお値段なのに、特別感があります。

今回紹介したカップ入りスイーツ以外にもたくさんの種類があり、いつも何を買おうか迷ってしまうほど。

「たまにはいつもと違った感じのスイーツを」という時には、ぜひとも成城石井のカップ入りスイーツをチェックしてみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

相場一花
ライター

コンビニや飲食チェーン店、スーパーなど話題の食を食べる事が大好きな全方位型グルメライター。2020年は飲食チェーン店お持ち帰りしまくりました。シャトレーゼ&業務スーパー歴は10年以上!地域のスーパーも大好き。常においしいものを探し求めています。ほっともっと常連客。最近はかつやがお気に入り。

相場一花 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事