“韓国の二大脚本家”の名作!2020年マニアが最もアツくなったイ・ミンホの「ザ・キング」を独自目線で解説

  • 2021年03月29日更新

こんにちは、自称“映画博士”のエンタメ専門ライター、motoです。

今回ご紹介するのは、Netflixで日韓ほぼ同時放送を実現させた『ザ・キング:永遠の君主』です!

すでに韓国ドラマファンからは、熱い支持を得ている有名作品ですが、私が着目するのは、作品を作り上げた監督の存在感。そして、時代物の描写までも見事に演じ切る名俳優の2つの観点から、おすすめポイントを書いてみたいと思います。

今や知名度抜群のイ・ミンホ主演『ザ・キング: 永遠の君主』

Netflixオリジナルシリーズ『ザ・キング: 永遠の君主』独占配信中

韓国版の『花より男子〜Boys Over Flowers』で知名度が上がったイ・ミンホと、『トッケビ 君がくれた愛しい日々』で大きな感動を寄せたキム・ゴウンが夢の共演を果たした『ザ・キング: 永遠の君主』。

パラレルワールドからやってきた皇帝イ・ゴン(イ・ミンホ)と、正義感に溢れる刑事チョン・テウル(キム・ゴウン)の、甘く切ないロマンス・ファンタジードラマを、マニアが独自の視点でご紹介します!

①“流行語を生み出す脚本家”といわれるキム・ウンスク!「韓国二大脚本家」のすごさ

一番の特徴は「テンポが良くセンスに溢れたセリフの数々」

ドラマが注目され、話題を集める一番の要因は、その出演者や制作費用だけでなく、“脚本の面白さ”ではないでしょうか。

そんなドラマの脚本家として今最も注目され、“韓国の二大脚本家”として名高いのが『愛の不時着』のパク・ジウンと、『相続者たち』や『トッケビ』をはじめ、今回ご紹介する『ザ・キング』の脚本を手掛けたキム・ウンスクです。

韓国ドラマ界を代表するヒットメーカーの呼び声が高い、脚本家キム・ウンスクの作品の最大の特徴は「テンポが良くセンスに溢れたセリフの数々」です。

キム・ウンスク作家のドラマは、セリフとキャラクターが見どころで、“流行語を生み出す脚本家”と呼ばれるほど。

甘いセリフやアクション、視聴者の心にグッと突き刺さるストレートな表現は、キム・ウンスク作家の専売特許と言っても過言ではありません。

例えば『トッケビ』では、“良い日でも、良い日ではなくても、普通の日でも、すべての日が幸せだった”という名セリフが誕生しました。

②『トッケビ』『ザ・キング』の面白さ!“パラレルワールド”構成

Netflixオリジナルシリーズ『ザ・キング: 永遠の君主』独占配信中

キム・ウンスクの有名作『トッケビ』では、コン・ユ演じるトッケビが永遠の命を授かり、思いのままに瞬間移動できる特殊能力を持つ、現実世界とは異なるファンタジーロマンスが描かれました。

『ザ・キング』においても似通った部分があり、時空を超えたパラレルワールドや、タイムトラベルといった時間移動もドラマの核となっています。

この作品で描かれるパラレルワールドは実在する大韓民国(韓国)とは似て異なる、君主制が今尚続く“大韓帝国”であり、イ・ミンホ演じる主人公はその第3皇帝イ・ゴンです。

その大韓帝国で1994年に勃発した謀反の悲劇の際、偶然発見したIDカードの所有者“チョン・テウル警部補”を探すべく、イ・ゴンはやがて時空を超えて2020年の韓国にやってくるのでした。

豪華キャストたちの熱演もさながら、ドラマが進むに連れて次第に解き明かされていく謎…。

パラレルワールド“大韓帝国”と現在の“大韓民国”、現実世界と異世界を往来する壮大なスケールに加え、ファンタジー、ラブロマンス、サスペンスの要素が絶妙に組み合わされたストーリーは、まさに必見です!

③イ・ミンホ演じるイ・ゴンの“完璧な皇帝感”がハマる!

Netflixオリジナルシリーズ『ザ・キング: 永遠の君主』独占配信中

最後のポイントは、役柄と俳優のキャラクターの一致です。
この作品でイ・ミンホが演じるイ・ゴンは、洗練された姿、秀麗な容貌、文武両道、数学の天才としても名を馳せる孤高の皇帝です。

かつて『花より男子 〜Boys Over Flowers』でジュンピョ役でブレイクを果たし、その後も『相続者たち』、『青い海の伝説』、映画『江南ブルース』などに出演しながら着々とキャリアを積み重ねてきたイ・ミンホの約3年ぶりの復帰作が、この『ザ・キング』。

巷では、大勢のファンから“皇帝がハマりすぎている!”という声も多く、作中で突如ソウルの光化門(カンファムン)に白馬に乗って出現しても、ただ紅葉の中で佇んでいるだけでも絵になるほどに美しいのです。

これは、男性の私でも、大きく共感するポイントです。

Netflixオリジナルシリーズ『ザ・キング: 永遠の君主』独占配信中

現世の“白馬の王子様”とも呼べるほどの美しさに、ため息が出るほど魅了されることは間違いありません!

また、皇帝イ・ゴンが長い間探し続けた相手チョン・テウルと出会い、思いが通じ合うまでの過程においても、キム・ウンスク作家らしい甘いセリフの連続です。

チョン・テウルからも、思わず「キザなセリフ禁止」とタブー化されてしまうほどに、甘くとろけるようなセリフが目立ちます。

そんなイ・ミンホの“皇帝”さながらの立ち振る舞いを堪能できるのも、『ザ・キング』限定となっています。

Netflixでチェック!『ザ・キング 永遠の君主』

Netflixオリジナルシリーズ『ザ・キング: 永遠の君主』独占配信中

年齢も30代を迎えたイ・ミンホが、完璧な皇帝イ・ゴンとして大人の魅力を兼ね備え、甘いセリフとキャラクターで魅了していく、ファンにはたまらない傑作。

大ヒット作『トッケビ 』でおなじみ、キム・ゴウン演じるチョン・テウルとのロマンスの行方も気になります!

ぜひ、Netflixで『ザ・キング 永遠の君主』をチェックしてみてください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事