やっと出会えた!【業スー】コスパ最高「便利ソースBEST3」他店では見かけない変わり種も♡

  • 2020年11月23日公開

食べるの大好き! 料理やクラフト、掃除が趣味の2児の母。
生活に役立つあれこれを日々模索中、どうぞよろしくお願いします♪

こんにちは、ヨムーノライターのソレールナです。

本格的に寒くなって外出するのが億劫になってくる季節ですね。

今日は、冬ごもりを始める前にぜひおすすめしたい業務スーパーの「便利なソース」を3つご紹介したいと思います。冬休み中の食事にも大活躍してくれるかも!?早速ご紹介していきます。

やっと出会えた!美味なパッタイソース。

タイ料理お好きですか?海外の料理は材料も揃えるのが難しいし外で食べるもの!と思っていらっしゃる方もきっと多いですよね。業務スーパーは日本で自国の料理店を経営する外国人の方も良く通っていらっしゃるほど輸入品が充実しています。そんな中見つけたのがこちら。

パッタイソース!この大きさで298円(税別)と激安。パッタイ、美味しいですよね。

表示を見てみると、豆腐や落花生はもちろん、エシャロットとなかなか自分では普段使いしない調味料も入っています。もちろん原産国は本場のタイです!

同じく業務スーパーのタイコーナーでゲットしたタイビーフン178円(税別)400g、これでパッタイが簡単にできてしまいます。こちらは20分ぬるま湯に浸すだけで準備完了。

好きな材料をごま油で炒めた後に、下ごしらえした麺とパッタイソースを加えて全体が良く混ざるまで炒めれば完成! ナンプラーやライムをかけるとさらに本格的な味になりますよ!

焼きそばを作る感覚と全く同じで、想像していたよりも簡単に出来上がりました。 ※このソースには落花生が含まれているので、アレルギーをお持ちの方は注意してくださいね。

プルコギのタレは万能ソース

こちらはプルコギのタレ398円(税別)。プルコギとは韓国風焼肉のことで、日本でも人気なのでタレも色々なものが売ってありますよね。これに決めた理由は子どもにうけそうだと思ったから!

原材料を見るとわかるのですが、フルーツピューレが盛り沢山!りんごとパイナップルとキウイと梨、なんと4種類の果物ピューレが入っています。中でもパイナップルはその酵素にお肉を柔らかくしてくれる成分が入っているので、それにも期待できそうです!

お肉や野菜を炒めて、こちらのタレで和えるのももちろん美味しいですが、おすすめは漬け込み。

買ってきたお肉をジップロックなどに入れてプルコギのタレを投入!揉み込みしばらく冷蔵庫で寝かせます。甘めのタレがじっくり染み込みこみ、ただのお肉にコクが出で味わい深い仕上がりになるんです。子ども達の箸が止まらなくなりますよー!

グレープモラセスって何?

こちらは業務スーパーの通路にしれっと置いてあるグレープモラセス178円(税別)。

業務スーパーによく通う方ならお見かけしたことがあるかと思います。気になりながらも、なかなか手に取れない方も多いのではないでしょうか。

そもそも「モラセス」って聞き慣れないですよね?モラセスとは砂糖を精製する際に出る副産物のことでどろっとした糖蜜のこと。栄養分が凝縮されているのでスーパーフードとも言われているんだとか?

着色料・保存料不使用な上にぶどう「100%の糖蜜」と表に書いてるように原材料を確認したところぶどうのみ!これなら子どもにも安心して与えられそうです。早速開封してみました。

黒というよりは茶色っぽく、匂いは黒蜜と同じ感じ。そのまま食べてみたところ、ブドウ感はあまりなく黒蜜の味がしました。瓶に記載してある通り、プレーンヨーグルトにすごく合います!ヨーグルトを食べるときは毎回砂糖を入れ少し罪悪感を感じながら食べていたので、これなら身体にも良さそうですし、味も私は気に入りました。

個人的におすすめなのは大学芋!大学芋ってなんだかんだ色々入れないと出来上がらないので面倒くさいですよね?でもこのグレープモラセスを素揚げしたサツマイモに絡めるだけで一瞬大学芋になります。

凄く上品な洋スイーツのような仕上がりになり子供のおやつにもぴったりですよ。白玉やお餅にかけてみたらし風にして食べるのもいいかもしれませんね。

まとめ

業務スーパーの「使えるソース3選」いかがでしたでしょうか?

漬け込みだれに最高なプルコギソース、我が家は一瞬でなくなりました(笑)。
今年の冬ごもりアイテムとして気になるものがあれば、ぜひ試してしてみてくださいね!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

参考になりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事