【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

こういうの欲しかった!「2,530円トート」が"ちょっとそこまで"に超便利!

  • 2020年12月02日更新

フェリシモ

ポケットで目隠し 底まちたっぷりで自立するトートバッグの会

2,530 円 (税込)

自立するトートバッグの会

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

こんにちは、ヨムーノライターのなないろのしずくです。

デザイン、使い勝手、価格、どれをとっても文句なしのアイテムをフェリシモで発見♪ ありそうでなかった便利な機能が満載でデイリー使いにぴったりです。

デザインもとてもおしゃれで、秋冬のコーディネートにもマッチします。 今回はそんな今イチオシのフェリシモ商品を紹介。ぜひお買い物の参考にしてみてくださいね。

秋冬のイチオシ!毎日使いやすいおしゃれトートバッグ

  • フェリシモ「ポケットで目隠し 底まちたっぷりで自立するトートバッグの会」月1個 2,530円(税込)

秋冬のイチオシは、こちらの「底まちたっぷりで自立するトートバッグ」。 デザイン、大きさ、機能性と何をとってもちょうど良く、また2,530円(税込)とお手頃価格なのも嬉しいです。

デザインは大人っぽい雰囲気のヘリンボーン柄。 ウールなどのあたたかみのある素材を使用し、秋冬の洋服との相性は抜群です。

カラーは、グレー、ブラック、ベージュの3種類。 ちなみにこちらはグレーです。 どれも落ち着いた色味なのでコーディネートに合わせやすいですね。

デイリー使いしやすい大きさ

トートバッグの大きさは、縦約22cm(持ち手含まず)、横約32cm(最大部)、マチ約16cm。 小さすぎず大きすぎないサイズ感で大変使いやすいです。

底マチはたっぷりあるので自立して置けます。

見た目以上に大容量

バッグの中はこんな感じになっています。 500mlのペットボトルを横に寝かせることも可能です。 長財布やお弁当もラクラク入ります。

500mlのペットボトルを立たせても、バッグから飛び出さずにすっぽり収まってくれます。 思った以上にたくさん荷物が入るので助かります!

鍵の紛失を防げるキーホルダー付き

バッグの中には紛失しやすい鍵を付けておけるキーホルダーを装備。 私は主に自転車の鍵を付けていますが、このキーホルダーのおかげで探す手間がなくなりました♪

目隠しもできる便利な内ポケット

内ポケットは深めになっています。

実はこの内ポケット、ただのポケットじゃないんです。 荷物が多くなってしまったときは、なんと目隠しの役割も果たしてくれる優れものなんですよ♪

このように内ポケットをバッグのホックに取り付けると目隠しに早変わり。 中身を隠せるので荷物が多くても安心して持ち歩けます。

内ポケットがフタ代わりになるというのは、これがありそうでなかなかない! バッグの表地と同じ素材を使っているので見た目も◎です。

お出かけの相棒に!使えるトートバッグ

フェリシモのトートバッグは、カジュアルからきれいめまで幅広いスタイルにマッチします。 また手頃な価格なのに高見えするところも嬉しいポイント。

サイズ感や使いやすさも文句なしで、お出かけの相棒として大活躍してくれること間違いなし! 今のところ使ってみて気になるところはなく、本当に使いやすいのでおすすめです♪

今回紹介した商品はこちら

icon

  • フェリシモ「ポケットで目隠し 底まちたっぷりで自立するトートバッグの会」月1個2,530円(税込)

販売ページを見る

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

フェリシモ

ポケットで目隠し 底まちたっぷりで自立するトートバッグの会

2,530 円 (税込)

自立するトートバッグの会

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

なないろのしずく

好きなものは、北欧インテリア、整理収納、プチプラ雑貨。 日々の暮らしを楽しく心地よいものにしてくれるモノやアイデアを紹介していきます。

なないろのしずく の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事