【水晶玉子さん】2021年の運気を爆上げ!「主婦の心得BEST5」無料占い

  • 2021年01月14日更新
田谷峰子
ライター

主婦向け生活情報媒体をメインに、ときどき旅記事なども執筆。
日々の生活を楽しく豊かにハッピーに送るためのヒントをお届けしていきます。

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

2020年のオリンピックの混乱、未知のものによる人々の意識や生活の刷新を的中させた、「オリエンタル占星術」で人気の占い師・水晶玉子さん。
水晶さんいわく、2020年は「200年に一度の時代の大転換期」、そして2021年もまだ、激動が続く年になるのだとか。

そこで2021年、主婦が強運を掴む、金運をアップさせる、自分と家族の運気をまるごと上げるための「2021年、開運の心得」について、教えてもらいました。

2021年は再構築の年。変化を味方につけるチャンス!

2020年は大きな変化が起きて、もう変化し尽くした…と感じるかもしれないけれど、変化は実はまだ始まったばかり。とはいえ、2021年は2020年のような破壊的な変化ではなく、「再構築していく」というイメージです。

大きな変化の中で、「手放してしまったもの」の中から、「やっぱり必要だったもの」を取り戻し、細かいところを調整していく、というような年。
なので、2021年は、「起きた変化を自分にとっていい方向につなげていく」ことがテーマであり、そのチャンスでもあるのです。

そんな中、主婦が変化を味方につけて運気を上げるためには……?

水晶玉子さん【2021年開運の心得1】大切な人に連絡をとる

再構築といえば、まず人間関係です。2021年の干支(えと)である丑(うし)年は、「紐」にも通じ、「つながり」がポイントになるので、「もう一度つなげる」にも最適な年。もちろん縁を切りたい人とは切ったままでOK。最近疎遠になってしまったけど、縁を切りたくない人とは、もう一度つなぎ直すといいでしょう。

自粛生活の中で、自然と距離が遠のいてしまった人もいるかもしれないけれど、ここ何年も疎遠だという人もいますよね。そうした人たちの中でも「自分にとって大切だった人」に改めて気づいたら、ぜひ自分から連絡を入れてみてください。当面はネットなどの繋がりを中心に、またリアルで気楽に会えるようになる、そのときを楽しみに過ごすといいでしょう。 人生の中で、かけがいのない幸せをくれるかもしれません。

気になる人には、メールを送る

年賀状や「明けましておめでとうメール」を出し忘れた人も、寒中見舞いや簡単なメールでの連絡は有効です。人との縁を強くするのに、すごくいい手段です。疎遠になってしまった人にも、メッセージを送りやすいし、返事が来なくてもあまり傷つかないですよね…(笑)。
切れたご縁を取り戻せるきっかけになるので、いつもよりたくさん出してみましょう。その際、一斉送信ではなく、メールでもハガキでも、それぞれにひと言添えるのがオススメです。

趣味や習い事など、垣根を超えたグループ作る

友だちなど「人との一体感」を大事にするといい年。仲良しグループを作るのもおすすめです。たとえば、趣味やボランティアの仲間、オンラインゲームやアーティストなど、「“推し”が一緒」という共通点も楽しい繋がりを作るでしょう。

SNSで連絡を取ったり、密にならないよう気をつけながら、行きつけの店をつくるのもおすすめです。年齢や性別、立場を超えて仲よくなるのも開運のポイント。そこから広がる世界を大切にすることで、金運はもちろん運気全体がアップしていきます。

水晶玉子さん【2021年開運の心得2】「本当に必要な物」以外は手放す

西洋占星術では、2020年から約200年間「風の時代」に入ったと言われています。「風」というのは、目に見えないものの象徴で、「形のないもの」が重要視される時代。これまでの「土の時代」で、形ある物や経済が重要視された時代でした。そんな土の時代から風の時代に移行するタイミングで、その流れに呼応するかのように、緊急事態宣言のときなど大掃除をして、不要な物を手放す人が増えましたよね。

お金はこれからも大切ですが、昔ほどこだわらなくなるし、物を多く持つより、「ミニマムな暮らしの方が心地よい」と感じるようになる傾向でしょう。
自家用車を持たないカーシェアや、服を買わずに定額料金でレンタルするサブスクを活用する人が増えただけでなく、最近ではノマド的な暮らしや多拠点生活を送る人も増えています。そんな、どこにでも住めるような時代がきたとき、物はフットワークを重くします。

多くの物を持たない暮らしだからこそ、自分に本当に必要な物や大切な物は何か?を見極めることが重要になってくるのです。

「本当に好きな物」を再発見する

2021年も「物を手放すこと、整理すること」はオススメの開運アクションです。ただ、すべての物を減らすのではなく、『物と自分との関係を整理する』ことにポイントを置くといいでしょう。

物を持たない方がいいと言っても、自分の好きな物を捨てることはありません。物づくりが好きなら作品は増えていくし、何かをコレクションすることもあります。そういった好きな物は、極めていけばいいのです!

断捨離する中で、自分の本当に好きな物を再確認する、という過程が大切です。

水晶玉子さん【2021年開運の心得3】周りの人に「励ましの言葉」をかける

「言葉を大切にする」のは、もう一つの「2021年の開運アクション」。オリエンタル占星術では2021年は觜宿(ししゅく)の年で、「觜」は口ばしを表し、言葉が力を持つ1年となります。だからこそ自分が発する言葉が運気に強く影響するので、言葉選びが大切になってきます。

「心得1」の「人とのつながり」にも言葉は欠かせないもの。人はもちろん自分自身のことも励まし、喜ばせるような、やさしいポジティブな言葉を発するように心がけましょう。

SNSなど、匿名の発信でも責任を持つ

SNSなどで匿名で発言したり発信する際も、言葉の選び方には気をつけること。文章が苦手だから…と甘えてはいけません。言葉は目には見えないけれど、人の心を動かします。人を励ますこともできるし、傷つけることもできるもの。とくにフォロワーの方がいたり、お金が発生するような仕事関係の場合には、言葉にはより責任を持つよう心がけましょう。

水晶玉子さん【2021年開運の心得4】情報メディアは「複数」チェックする

これからますます情報があふれ、メディアの在り方も変わってきます。フェイクニュースも増えてくるので、情報に対して受け身ではいられなくなってきます。その際、「情報源を複数持っている人」が強いといえます。そして、どの情報を選ぶかは、自分の判断力にかかってきます。

2021年は「考える・選び取る」などの「知性」も大切なテーマになっています。有名人が言っていたから正しい、セレブが使っているからいい商品、という時代ではありません。

情報に受け身でなく、積極的に関わっていくためにも、自分自身の判断力を鍛えましょう。

「マイルーティン」で自分軸をつくる

情報に流されず、自分をしっかり保つには、生活の中に自分のルーティンを持つことがオススメです。例えば、「毎日同じ時間に寝る」とか、「朝起きたら水を1杯飲む」といったことでもOK。

それを毎日続けることで自分の中に軸ができ、ブレない自分になれるので、運気も上がっていきますよ。

水晶玉子さん【2021年開運の心得5】最新家電をチェックする

2021年はテクノロジーがさらに進化して、最新機器が生活を変えてしまう兆しがあります。びっくりするような最新家電が登場することもあるので、すぐに飛びつかなくてもいいけれど、アンテナは張っておきましょう。

時代の流れに取り残されないよう、自分の知識をアップデートしておくことが開運のポイントです。

“おまかせ家電”で賢く家事をラクする

例えば、最新の「おまかせ家電」が登場したときは、ときどき使うことに罪悪感を持つ人がいいますよね。便利な家電を使うことは、家事をサボることではありません。ちょっと抵抗がある人は、どんなに便利な家電が出ても、好きな家事なら機械に任せず自分でやったらいいのです。例えば、ぞうきんがけが好きとか、みじん切りが好きなどあれば、好きなことは極める方向でいきましょう。

大切なのは、『自分たちなりの家事でOK』ということ。どこで上手に手を抜いて、どこに時間と手をかけるかは人それぞれ。上手に家電を取り入れていきましょう。

2021年は、「主婦の枠」にとらわれない生き方で開運!

2020年年末から2021年は、「幸運の星」と呼ばれる木星が「風の星座」であるみずがめ座にあります。みずがめ座は「常識にとらわれない」ことがキーワード。“おじさんの家政夫”が活躍するドラマ『私の家政夫ナギサさん』がヒットしたように、職業の性別もどんどんボーダーレスになっていくので、主婦という立場や属性の枠に自分を閉じ込めないことも、新たな時代を生き抜くポイントです。

「主婦だから」といって何かをあきらめることはないし、何かを発信してもいい…ときには、子どもを預けて遊びに行ってもいいのです。もし夫のほうが得意な家事があれば、夫にやってもらったり、好きな時間に仕事をしてもいい…他人の価値観や常識に縛られず、自由に自分らしい生活を求めるのが開運の秘訣。

2021年は、まさに「再構築の年」。2020年に大きく変わったことを調整する中で、“自分らしい生活”は何か?を見直すことで運を味方につけ、いい方向に進んで行きましょう!

教えてくれたのは:占い師・水晶玉子さん

東洋・西洋の枠を超えて数々の占星術を研究。1998年に空海が日本に伝えた宿曜経を現代に活かしたオリジナルの「オリエンタル占星術」を発表し人気を博したベテランカリスマ占い師。最近ではゲッターズ飯田さんが「唯一尊敬する占い師」として紹介したことでもさらに有名に。シリーズ累計44万部突破の『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2021』が大好評発売中!
水晶玉子さん2021

『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2021』が重版44万部突破!

「開運のカリスマ」水晶玉子さんが伝える2021年を乗り切るための秘策や、365日の開運メッセージが1冊に。27の本命宿タイプ別の全運勢を大公開します。全体運、金運、健康運から開運キーワードまで完全網羅。毎年的中すると話題、ゲッターズ飯田さんとの大予測対談はもちろん、27宿×12星座の運勢ランキングも見逃せません。本命宿早見表は赤ちゃんから100歳まで調べられ、ご家族で楽しめます(1920~2021年生まれ)。

【書籍名】
『水晶玉子のオリエンタル占星術
幸運を呼ぶ365日メッセージつき 開運暦2021』
【発売元】集英社
【価格】1,540円

販売ページを見る(Amazon)

参考になりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事