【ニトリ・無印良品】"激似"で約200円の差!1番使える「収納ボックス」徹底比較

  • 2021年03月29日更新

ニトリ

ソフトNインボックス レギュラー

799 円 (税込)

ソフトNインボックス

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

似ているようでそれぞれ特徴があるニトリと無印良品の収納ボックス。「どっちを買おうかな?」と迷ったことはありませんか? 今回はプチプラマニアであるヨムーノ編集部が、この2つのアイテムを徹底比較したいと思います。

ぜひお買い物の参考にしてみてくださいね。

ニトリ・無印良品「収納ボックス」動画でも解説中

※音が出ますのでご注意ください。

ニトリ・無印良品「収納ボックス」は動画でも紹介しています。 ぜひご覧くださいね。

次からは動画でお伝えした内容を簡単に紹介します。

ニトリVS無印良品「収納ボックス」を徹底比較!

今回比較する商品は、ニトリ「ソフトNインボックス」と無印良品「やわらかポリエチレンケース」です。 どちらもシンプルなデザインで使いやすいアイテムですよ。

角のないやさしいフォルム

▲左:ニトリ「ソフトNインボックス」/右:無印良品「やわらかポリエチレンケース」

どちらの収納ボックスも角が丸く、やさしいフォルムが特徴的です。 一見似た形ですが、2つを比べてみると、無印良品の方が少し丸くなっています。

材質は柔軟性のあるポリエチレン

材質はソフト素材のポリエチレンを使用しています。 どちらも柔軟性がありますが、ニトリの収納ボックスの方がやわらかいです。

テイストを問わない質感と色味

質感はニトリがサラサラ、無印良品はしっとりしています。 色味もぱっと見は似ていますが、ニトリは白、無印良品はクリーム色です。

厚み加工がされた取っ手

取っ手の数もよく見ると違います。 ニトリは取っ手が3カ所あり、そのうち2カ所が持ったときに痛くならないよう厚み加工してあります。

一方、無印良品は取っ手が2カ所で、どちらも厚み加工されています。

フタは別売り

収納ボックスのフタはどちらも別売りです。 フタも半透明でよく似ていますが、フタの開閉は無印良品の方が硬いです。

ニトリVS無印良品「サイズ展開」を比較

サイズ豊富でカスタマイズしやすい

「レギュラー/大」サイズを基本としたサイズ展開の違いを見てみましょう。

ニトリは高さが半分のサイズのみ、無印良品は2/3、1/3と全部で3種類の高さが選べます。 無印良品の方がサイズが豊富なため、収納スペースに合わせてカスタマイズしやすいです。

※執筆時点の情報です。

あなたはどっち派?ニトリ・無印良品「収納ボックス」

ぱっと見はよく似ていますが、比較してみるとそれぞれに特徴があるのがわかります。 デザイン性と機能性ともに優れており、どちらもマニアが絶賛するイチオシ商品です。

詳しくは動画で解説していますので、ぜひご覧くださいね♪

紹介した商品はこちら

  • ニトリ「ソフトNインボックス」

参考価格:レギュラー 799円(税込)

ソフトNインボックス

  • 無印良品「やわらかポリエチレンケース」

参考価格:大 990円(税込)

やわらかポリエチレンケース(楽天)

やわらかポリエチレンケース(LOHACO)

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

ニトリ

ソフトNインボックス レギュラー

799 円 (税込)

ソフトNインボックス

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事