4人で食費2万円台!【3COINS】「スタッシャー」激似系が1/8価格で神

  • 2021年03月29日更新

こんにちは!「暮らし整えアドバイザー」で、ヨムーノライターの海老原葉月です。

わが家は4人家族で食費2万3000円代でやりくりしています!この金額でやりくりできる秘訣は「自家製冷凍保存」をしているからなんです。

冷凍保存する際に欠かせない保存袋は使い捨てタイプを使っていたのですが、なんと繰り返し使える保存袋発見!しかも3COINSで300円(税別)と、リーズナブルなんです。 しかもSNSで話題沸騰の節約系アイテム「スタッシャー」に特長が似ていて、価格が約1/8ほど!

冬場の野菜の価格高騰も、自家製冷凍保存があれば食費予算を抑えることができますよ♪

食費節約のキモは「使い切ること」

我が家は4人家族で食費2万3000円で生活をしています。この金額を見ると、「お米をもらっているの?」や、「子どものおやつは別?」と聞かれることが多いのですが、お米や野菜をいただくこともなければ、おやつも調味料も全部込みでこの予算です。

この少ない予算でやりくりできる秘訣は「自家製冷凍保存」をしているからなんです。

節約のためにと、いくら安い金額でものを購入しても、使わなければ購入する意味がありません。まして食べ物となると、傷ませることなく、また賞味期限を切らすことなく「しっかり使い切ること」がとっても重要なんです!

再利用可能!保存袋は3COINSが大正解!

「自家製冷凍保存」しているものは、お肉やお魚、野菜も生のまま冷凍保存しています。下茹でなどの手間が必要ないので、使い勝手の良い大きさに切って後は保存袋に入れて冷凍すればOK!使う際は凍ったまま使えるので、とても手軽なんです。

この方法のおかげで8万円以上かかっていた食費を、なんと6万円ほど削ることに成功しました!! 年間にすると、72万円のコストカットです。

でも1つ気になっていたことがあったんです。それは「保存袋」の消費量が多いこと。基本的に1度使った保存袋は、衛生上使い回していません。これってあんまりエコでは無いですよね…。SDGsやサステナブルという言葉を至る所で聞く時代、逆行している気がして後ろめたい気持ちでした。

そんな時に見つけたのが3COINS「繰り返し使えるシリコン保存袋 300円(税別)」でした!

商品名の通り、繰り返し洗って使えるエコキッチングッズなんです!シリコーン素材なので、冷凍保存だけではなく、湯煎や電子レンジにも使える「1つあると便利」なグッズなんです!!

サイズは縦16×横22×マチ9cm。容量は1000mlと、汁物を入れても安心の大容量です。

整理収納アドバイザーも認める!工夫が詰まった保存袋

整理収納アドバイザーと言う仕事柄、色味やデザイン、アイデアや使い勝手の良さを加味してモノを購入しています。そんな「収納のプロ」目線で見ても花まるなポイントをご紹介します。

何が入っているか一目瞭然「タグ」

中身の見えない保存袋のあるあるが「開けてみないと何が入っているかわからない」こと。これでは使い勝手がとても悪いですよね。

このシリコン保存袋ならジップ上部にタグが付いているので、入れるものの名前を書くことができます。「専用保存袋」にすれば、どの食材が在庫切れになったのかも一目瞭然。ダブり買いの防止にもなりますよ。

立たせる収納が必須!「9cm底マチ」

冷凍保存する際、気をつけたいのが「化石化」です。化石化とは、冷凍したのをすっかり忘れて奥底に眠ってしまうこと。これでは食材を傷ませて廃棄するのと同じですよね。

そこでオススメなのが「立たせる収納」です。きれいに整列させることで、どこに何があるのかわかりやすくなります。

シリコーン保存袋はなんと9cmも底マチがあるので、しっかり自立させて保存袋ができます♪

話題の保存袋の1/8で買えるリーズナブルさ

実は今、シリコーン保存袋と同じように、繰り返し使える保存袋「スタッシャー」がじわじわとブームになっています。節約系インスタグラマーがこぞって投稿したり、ムック本が出たりと、確実に知名度が上がっているんです。
でも、スタッシャーのデメリットはその価格。3COINS「シリコーン保存袋」と同じくらいのサイズの「スタンドアップミディアム」は1つ2,300円と約8倍。これをいくつも買い揃えるとなると、もれなく家計がひっ迫しちゃいますよね(笑)。

1つ持っていると便利なこと間違いなし!要チェックですよ~!

こちらもどうぞ

人気記事ランキング 24時間PV集計
節約

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ