【2021年】海外・日本ブランドの「高級チョコレート」14選!プレゼント・自分用におすすめ

  • 2021年03月29日更新

バレンタインの時期が近づくとなんだかソワソワしますよね。そうです、楽しいけどちょっと大変なチョコレート選びをしなければいけないから…。

最近ではパートナーへのチョコレートのほかにも、お世話になっている人や友だち同士でもチョコレートを贈ることが増えていますが選ぶのも結構大変ですよね。

そこで今人気を集めているのが高級チョコレートです。

「1年に一度の特別な日に特別な贈り物をしたい」
「自分へのご褒美にちょっとリッチなチョコレートで幸せ気分を味わいたい」

そんな方のために、今回は海外・日本ブランド問わず高級チョコレートのおすすめをご紹介します。チョコレートを選ぶときのポイントもご紹介しているので参考にしてみてくださいね。

高級チョコレートとは?

高級チョコレートとは、見た目はおろか香りや味、口溶けも上質に作り上げられているのが魅力なチョコレートとのこと。

高級チョコレートを手掛けている各ブランド、パティシエの多くは世界各国を渡り歩き厳選したカカオ豆を原料に作っています。 そのため、スーパーやコンビニなどで購入できる市販のチョコレートとは香りや濃厚さが別格です。

海外ブランドと日本ブランドがある

バレンタインでチョコレートを選ぶときのひとつの基準がブランドです。ブランドには海外ブランドと日本ブランドがあり、チョコレートの本場ベルギーのブランドは日本でも知名度が高く人気を集めています。

どのチョコレートを買うか迷ったときは、ブランドで選ぶのもひとつ。バレンタインであればとくに、特別感のある海外ブランドがおすすめです。

高級チョコレートの相場価格

高級チョコレートといえるチョコレートの価格はおおよそ2,000円~9000円ほど。これは一箱あたりの金額となりますが、一箱2,000円のギフトであれば3~4粒ほど入っているものが高級チョコレートと言えるでしょう。

中には4粒で9,000円というチョコレートもありますが、プレゼントとして渡す場合は相手との関係性を考えた上で選ぶことが重要です。

友チョコや同僚などに気軽に渡すのであれば2,000円~3,000円程度。ちょっと特別な友人や恩人などに渡す場合は4,000円~5,000円。特別な相手への贈り物なら6,000円以上が高級チョコレートの目安と言えます。

あまりに高額過ぎるチョコレートを貰って逆に迷惑と感じることもあるので、相手との関係性で予算を決めていきましょう。

高級チョコレートのおすすめ14選

1.チョコレート好きが極めたチョコレート「ピエールマルコリーニ(PIERRE MARVOLINI)」

出典:Amazon

アイテム詳細はこちら

2015年にベルギー王室御用達の栄誉を受けたピエールマルコリーニ。マルコリーニが作り出すチョコレートのこだわりはカカオ豆から納得の行くものを選ぶこと。

自らの足で世界のカカオ農園を駆け回り、何度も何度も焙煎や粉砕などの工程を繰り返し科学者ばりに計算されて作られている、繊細でインパクトのあるチョコレートです。

バレンタインには欠かせない真っ赤に染まったハートのショコラ「クールフランボワーズ」はラズベリーの風味と少しのアルコールが相まった大人な味が楽しめます。

2.秘伝のレシピをものに作られた最高級「ダスカ(Daska)」のチョコレート

アイテム詳細はこちら

最初にご紹介するのは、チョコレートの本場ベルギーで老舗パティスリー「ダスカ」のチョコレートギフト。1907年創業で代々受け継がれている秘伝のレシピを元に、熟練のショコラティエが作り上げる粒は最高級!

ダスカと言えば「口溶けなめらかなトリュフ」として知られており、創業以来ダスカの代表粒のひとつ。今も多くの方に愛されているトリュフに、ポップコーンをあしらっている「ポップコーントリュフ」は日本初登場。愛され続けて114年のショコラを楽しんでみてはいかがでしょう。

3.猫の舌がモチーフの「デメル(DEMEL)」のチョコレート

出典:Amazon

アイテム詳細はこちら

デメルはオーストリアの古都ウィーンで誕生したパティスリー。香り高く、味わい深いチョコレートやクッキーなどが有名で、この味を日本にも届けたいと1988年日本に上陸。ウィーンのショコラティエたちの繊細で丁寧に、愛を込めてつくる気質は日本にもそのまま引き継がれ今や日本でもチョコレートの代表格のひとつ。

デメルを代表する猫の形をモチーフにしたチョコレートの味は3種類。ヘーゼルナッツ・スウィート・ミルクから選ぶことが可能です。パッケージにも猫が描かれてネコ好きさんにはたまらないチョコレートです。

4.実力はショコラトリー!ポップで遊び心満載「ガレー(Galler)」のチョコレート

出典:楽天市場

アイテム詳細はこちら

世界的にも知名度の高いガレーは1974年に創業。たった18年でベルギー王室御用達の認定された実力派ショコラトリーです。パッケージはポップカラーでとてもカラフル。見ているだけで元気になれて、遊び心満載のギフトが持ち味。

オーソドックスなものから、ダークオレンジやミルクプラリネなどちょっと違った味わいを楽しめるのも魅力です。個別包装にもなっているので、手土産などにもおすすめ!

5.情熱深いシェフがつくるチョコレート「クリオロ(CRIOLLO)」

出典:楽天市場

アイテム詳細はこちら

クリオロの始まりは2000年の洋菓子学校。その後、業務拡大により惜しまれながら学校は閉鎖してしまいましたが、カカオの最高品種名「クリオロ」として生まれ変わり「時代に合ったおいしいもので幸せに」を合言葉にフランス人オーナーシェフが営んでいるパティスリーです。

パリで行われる「サロン・デュ・ショコラ」では2年連続で金賞を受賞するほど、チョコレートへの情熱が深いシェフ。厳選した素材を贅沢に使うのがシェフ流で極上の口溶けで「身近な幸せ」を届けているのがクリオロのチョコレートです。

6.老舗お茶屋から生まれた大人スイーツ「京都宇治伊藤久右衛門」チョコレート

出典:楽天市場

アイテム詳細はこちら

1832年(天保3年)から続く京都の老舗お茶屋の大人スイーツ。高級茶で名高い京都の宇治に軒を構えている伊藤久右衛門が作り出す、お茶×チョコレートの上品で日本らしさが全面に出ているフレーバーになっています。

2021年のチョコレートコレクションは6粒入りと9粒入りの2種類。箱に詰められている粒はすべてが違う味わいを放ち、ひと粒ずつが主役。チョコレートと言えば洋菓子のイメージが強いですが、和とコラボした日本らしい贈り物もおすすめですよ。

7.気軽に購入できる高級感チョコレート「ゴディバ(GODIVA)」

出典:Amazon

アイテム詳細はこちら

百貨店やショッピングモールでも見かけることが多く、馴染み深いゴディバ。チョコレート大国ベルギーのブランドのひとつですが、チョコレートドリンクやアイスなどの販売も行っているため、身近に感じることができる高級チョコレートブランドなのも魅力でもあります。

そんなゴディバは2021年バレンタインコレクション限定で「きらめく想い」を期間限定で発売。空にキラキラ輝く星やハートのモチーフが詰め合わされているギフトで、あなたの思いを届けてみてはいかがでしょう。

8.マダムを虜にしたチョコレート「サダハル・アオキ」

出典:Amazon

アイテム詳細はこちら

フランス・パリで多くの方に感動を与え続けている日本人パティシエ”サダハルアオキ”のチョコレートです。パリ市内でも年配マダムが多く住むエリアに出店し、経験豊富で舌のこえているお客が多い中、サダハルアオキのスイーツファンという方が多くいるほど卓越したスイーツ作りの職人。

そんなサダハルアオキのチョコレートは色鮮やかな見た目だけど、どこかシンプルさも兼ね備えているおしゃれで大人なボンボンショコラが日本では人気。フランス菓子の基礎を元に独自の考えを加えオリジナルの味わいを作り上げたチョコレートをぜひご賞味あれ!

9.最高な義理チョコ「バニラビーンズ(VANILLABEANS)」のチョコレート

出典:楽天市場

アイテム詳細はこちら

バニラビーンズは2000年に創業。当時は2坪のプレハブ小屋から世界のひとに幸せを届けたいと想い続け、インターネット販売など時代に合わせてその名を全国区に!サクサクのバタークッキーでとろとろの濃厚チョコレートをサンドした”ショーコラ”など人気のチョコレートを3種詰められた「ショーコラ&パリトロセット4個入」はちょっとリッチな義理チョコにおすすめです。

今では楽天のデイリーチョコレートランキングでは常に上位に君臨するほどの人気ぶり。ショップレビューでは3万6000件を超えるレビュー数にも関わらず、その評価は★4.79(2021年1月現在)!話題のチョコレートを堪能してみてはいかがでしょう。

10.ファッションブランドが手掛ける高級チョコレート「アルマーニ/ドルチ(ARMANI/DOLCI)」

出典:Amazon

アイテム詳細はこちら

シックで光沢があるイタリアンラグジュアリーな高級感が全面に出ているパッケージにはアルマーニオリジナルのプラリネ(チョコレート)が4粒。プラリネにはアルマーニのチョコレートを象徴とする「A」の文字があしらわれています。

見た目さながらの香り高いカカオを使用して口溶けまろやかなエレガントな味わい。高級感を見て、感じたい方におすすめのチョコレートです。

11.190年以上の老舗ブランド「カファレル(Caffarel)」のチョコレート

出典:楽天市場

アイテム詳細はこちら

190年以上イタリアのチョコレート界を引っ張ってきた老舗ブランド。イタリア王室・貴族御用達として世界中のグルメ達の舌をうならせ続けています。Web限定で購入が可能なこちらの「ペル・テ」にも含まれている”シャンドゥーヤ”はカファレルが発祥。

香ばしいヘーゼルナッツの含有量が28%と非常に高く、なめらかな生地を手間ひまかけて形成しています。なめらかな口溶けとナッツの香り、最高水準の原料のみを使用して作られている品質の高いカファレルのチョコレートは世界中で愛され続けています。

12.バームクーヘンからチョコレートへ「クラブハリエ(CLUB HARIE)」

出典:楽天市場

アイテム詳細はこちら

クラブハリエは滋賀県に直営店を6店舗展開している日本のパティスリーです。地元の方に愛されていたバームクーヘンを百貨店に出品したことがきっかけとなり、その名は全国区に!今ではキッズ向けショップやフランス菓子専門店など多彩なブランドを展開し身近に感じられるパティスリーのひとつ。

クラブハリエのチョコレートは見た目の流行りなどに囚われず、香りや口溶けなど味にこだわったボンボンショコラを作り続けています。こちらのギフトはチョコレートと苺のあまずっぱさをかけ合わせたフルーティーなソアートです。友チョコやお世話になっている方への感謝チョコにもぴったり。

13.北欧ムーミンとコラボしている「メリー(mary’s)」のチョコレート

出典:楽天市場

アイテム詳細はこちら

メリーも日本のチョコレート界を支えている代表的な老舗ブランド。2021年のバレンタインでは北欧キャラクターのムーミンとのコラボレーションチョコレートを限定発売しています。

物語に登場するリトルミイやニョロニョロがあしらわれているチョコレートはとてもキュートで食べてしまうのがもったいなく感じてしまうかも…。パッケージも缶なので、チョコレートを食べてしまっても、小物入れなどにアレンジ可能ですね。

14.ダイヤモンドの煌きに負けない味「デルレイ(DelReY)」のチョコレート

出典:楽天市場

アイテム詳細はこちら

デルレイはフランダースの犬の舞台やダイヤモンドの取引が行われる地として有名な、ベルギー北部のアントワープで誕生。ダイヤモンドの街ゆえにデルレイはダイヤモンドをモチーフにしたチョコレートで有名です。

もちろん見た目に負けず味も逸品高!級妥協を許さない美味しさへのこだわりがデルレイの理念で、イギリス王室御用達の名誉も与えられています。デルレイは日本で銀座に3店舗しかし出店しておらず、あまり手に入らないチョコレートとして高級感を味わわせてくれる貴重なチョコレートです。

まとめ

高級チョコレートは見て目も上品なので、見ているだけでも幸せな気分になります。 蓋を開けたときのカカオの香りは、市販のチョコレートでは味わえないひとときです。

チョコレート好きにはたまらない季節ですが、そうでない方もカフェタイムに一粒ずつリッチなチョコレートで特別な時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事