ドンキ「買うだけでお得!おすすめ5大コツ」1,000万円貯めた人の節約術

  • 2021年03月30日更新

こんにちは、子供3人の母、貯金ゼロから1000万円貯めたヨムーノライターのchippuです。

我が家は、ドン・キホーテ(ドンキ)から徒歩10分、自転車を飛ばせば3分という好立地に住んでいます。

ドン・キホーテ(ドンキ)には、ちょっと変わった商品も多いですが、スーパーよりお買い得な食料品やお菓子がたくさんあるので、家計費節約の味方と言うべき存在です♪ ただ、ドンキには一見安くても、実際はそこまで安くない商品が混ざっていることもしばしば…。

そこで私は、ドン・キホーテ(ドンキ)でお得に買い物をするべく、お得な商品かどうかを見極めてからカゴへ入れるようにしています。
今回は、ドン・キホーテ(以下ドンキ)に週1で通う筆者が、安い商品を見極めるコツを伝授します♪

【ドンキおすすめ!安い商品を見つけるコツ1】majicaクーポンは家を出る前に必ずチェック!

ドンキでお得に買い物をするのなら、「majicaアプリ」のダウンロードは必須です♪
majicaは、ドンキの公式アプリで、利用するといろいろな特典が受けられます。

ドンキ専用の電子マネー“majica”が利用できたり、お得な情報が配信されたりします。
さらに、『アプリ会員限定のクーポン』をゲットできるメリットがあるんです♪
ドンキでは、アプリ以外にもお店にある発券機を利用してクーポンをもらうこともできますが、イチイチ発券するのは面倒ですし、混んでいるときは順番を待たなければいけません…。

クーポンは枚数に限度があるので、なくなってしまうこともあります。
でも、majicaアプリを持っていれば発券は不要♪
レジでバーコードを読み取るだけで、アプリ内で獲得したクーポンがすべて適応になります。

一度に保有できるクーポンは“10枚まで”と上限はありますが、クーポン内で獲得して2時間以内に使えば確実に割引してもらえるので、「クーポンを取り損ねた…」という心配もゼロです♪
majicaクーポンには、割引率高めのお得な商品がたくさんあるので、家を出る前にクーポンをチェックして、お得な商品を買い損ねないようにしています。

【ドンキおすすめ!安い商品を見つけるコツ2】ドンキのPB「情熱価格」のついた商品はお買い得!

ドンキには、「情熱価格」というPBがあります。 種類は3種類。

  • 情熱価格(イエローのマーク)
  • 情熱価格プラス(シルバーのマーク)
  • 情熱価格プレミアム(ゴールドのマーク)

情熱価格のロゴは3つありますが、私がおすすめするのは、イエローの一番シンプルな情熱価格のロゴが書かれた商品。
イエローの情熱価格のロゴが書かれた商品は、ドンキが価格を訴求した激安価格の商品である証拠です♪
食料品に書かれていることが多く、私が良く購入している、ドンキの『業務用ウインナー 780g』も情熱価格のマークがついています。

780g入りで税込み753円と、100g100円以下の激安価格。
それなのに、パリッとジューシーで味のクオリティがとにかく高いです!
私はいろいろな激安ウインナーを購入してきていますが、安いのにパリッとジューシーなウインナーは、ドンキの業務用ウインナーしか出会ったことがありません。

ウインナーのほかにも、ヨーグルトやとろけるチーズ、ベビーチーズ、冷凍パスタやアイスクリームにも「情熱価格」のマークがついています。
いまのところ、ドンキの情熱価格商品はハズレなし!
どれも安くて美味しい食料品が揃っているので、買って損なしの商品です♪

【ドンキおすすめ!安い商品を見つけるコツ3】他店(競合店)徹底抵抗!のPOPは確実に安い♪

ドンキと言えば、ド派手なPOPが印象的ですよね♪
各店舗にいるPOPライターさんが心を込めて作ったPOPは、見た目はもちろんどこか惹きつけられるものがあります。
そんな魅力あふれるドンキのPOPには、いろいろなワードが書かれているのをご存知ですか?

よく見てみると、「安さの理由」や「驚安」「最強プライス」「激安大放出」など、ドンキならではのいろいろな売り出しワードが書かれています。
なかでもとくに注目しておきたいのが、『他店(競合店)徹底対抗!』と書かれたPOPです♪
『他店(競合店)徹底対抗!』のPOPがある商品は、近隣のお店より1円でも安く売っているという証拠!

店舗によっては、「価格調査の結果、(他店名)さんでは、〇月〇日〇時現在、〇〇円でした」という情報を記載しているところもあります。
他店の価格を調べて、1円でも安く売りだしている『他店(競合店)徹底対抗!』のPOPがある商品は、確実に底値で買えるのでねらい目ですよ♪

【ドンキおすすめ!安い商品を見つけるコツ4】入口などにポツンと置いてある“島陳”はねらい目

ドンキは、店内だけはもちろん、敷地内にいたるところに商品が並べてありますよね。
駐車場の入り口は階段の限られたスペースにも陳列している店舗も見かけます。
これだけたくさん商品があると、どれが得なのかわかりづらいですが、お店やフロアの入り口にポツンと置かれた“島陳(しまれつ/島陳列・しまちんれつ)”と呼ばれた売り場は要チェックです♪
島陳は、普段お店には並ばないお得な商品が陳列されている可能性があります。

急な仕入れや数量限定で仕入れできたお買い得な商品は、店内に定位置がないので、入口などにそのままドンと置くことが多いんです。
実際に、私がいつも行くドンキでは、食料品フロアの入り口に1パック100円の数量限定たまごパックや、一括仕入れの激安お菓子がダンボールに入ったまま置かれているのを時々見かけます。
ドンキの島陳はいつもあるわけではありませんが、お買い得な商品に出会える可能性が高いので、ぜひチェックしておきましょう!

【ドンキおすすめ!安い商品を見つけるコツ5】“大量一括仕入”“在庫一掃”商品は、割引率が高い!

ドンキで売っている激安商品には、必ずワケがあります。
“ワケあり“と聞くと、安くても購入するのに抵抗がある人もいるかもしれません。
なかには、少し珍しい味やフレーバーの商品や、売上が好調ではなかった不人気のお菓子が安くなっていることも。
ワケありの理由も見ないで、“安い”というだけで購入すると、かえってムダ買いになってしまいます。

ですが、激安価格のワケが「大量仕入れ」や「在庫を一掃」と書いてある商品は、迷わず買いのお得商品です!
大量に仕入れて在庫が残っているから売り出す、というだけなので、商品自体に問題はないことがほとんど♪
とくに、在庫一掃の商品は、売り切るために、50~80%安くなっているものもありますよ。

【ドンキおすすめ!安い商品を見つけるコツ】まとめ

ドンキの商品は、他店よりお買い得な商品がたくさんありますが、なかには“POPがド派手な定価商品”もあります。
「POPの派手さ=安さ」ではないので、POPにつられて購入しないように注意しています。
ドンキで買い物をするときは、安いものを見極めるようにすると、家計費の節約に効果的ですよ♪

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事