【除菌スプレー】おすすめ10選!日本製・防臭・キッチンに使えるタイプも

  • 2021年03月30日更新

こんにちは、ヨムーノライターなないろのしずくです。

今や除菌スプレーは、家の外でも中でも欠かせないものになりました。 除菌といっても様々な種類があり、また「人に使えるもの」と「モノに使えるもの」があります。

似たようなものがたくさんあって、何を選べばいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、おすすめ除菌スプレーを厳選して紹介します!

「除菌」と「消毒」の違いは?

厚生労働省によると、「除菌」とは菌やウイルスの数を減らすもので、多くは「医薬品・医薬部外品」以外の製品に記されていますす。

一方、「消毒」は菌やウイルスを無毒化することです。こちらは厚生労働省が品質・有効性・安全性を確信した「医薬品・医薬部外品」の製品に記されています。

しかし、除菌剤も消毒剤も全ての菌やウイルスに効果があるわけではありません。 また厚生労働省では、手指などの人体に使用する場合は、品質・有効性・人体への安全性が確認された「医薬品・医薬部外品」の使用をおすすめしています。

除菌スプレーの選び方

▲厚生労働省の資料を元に作成

新型コロナウイルス対策を前提とすると、手指など人に使う場合は、「濃度70%以上95%以下」のアルコール消毒液が効果的です。 また安全性の高い「医薬品・医薬部外品」の除菌スプレーを選ぶと尚良いでしょう。

モノに付着したウイルス対策には、次亜塩素酸水や「濃度70%以上95%以下」のアルコールが有効です。表にあるように、熱水や次亜塩素酸ナトリウム水溶液(塩素系漂白剤)、手指用以外の界面活性剤(洗剤)も有効とされています。 アルコールに過敏な方は、人や環境にやさしい電解水や植物エキス成分もおすすめです。

どの消毒剤・除菌剤を購入する場合でも、手指に使えるのか、モノに使うものなのかなどの使用方法、有効成分、濃度、使用期限などを確認し、情報が不十分な場合には使用を控えましょう。

続いては、一家に一本持っておきたいおすすめ除菌スプレーを紹介します!

おすすめの除菌スプレー(アルコール)

アルコール成分を配合したスプレーは、火の周りで使用できません。火の近くで使用すると、引火してしまう可能性もありますので、注意してくださいね。
またアルコールに過敏な方は使用を控えるようにしましょう。

掃除にも使える!1本あると便利な除菌スプレー

  • ドーバー「パストリーゼ77 1L」 参考価格:1,485円(税込)

【Amazon】販売ページを見る

【楽天】販売ページを見る

サトウキビ原料由来の醸造用アルコールを使用した、モノ用の除菌スプレー「パストリーゼ77」。 厚生労働省認可の食品添加物のため、口に入れても安全で食品への直接噴霧も可能です。マスクの除菌・消臭、包丁やまな板の除菌、生鮮食品のカビ予防にもおすすめ。

アルコール濃度は77%と非常に強力であり、またカテキン配合で除菌効果が長時間持続します。 ウイルス対策だけでなく掃除にも使えるため、1本あると便利な万能除菌スプレーです。

100%食品添加物で安心!香りも楽しめる除菌スプレー

  • BY ROLAND「アルコール77% 485ml」 参考価格:1,463円(税込)

【Amazon】販売ページを見る

【楽天】販売ページを見る

手指の消毒から身の回りの除菌までできる、アルコール77%の日本製・高濃度除菌スプレー。 100%食品添加物の原料でできているので、食品への直接噴霧や子どものおもちゃにも安心して使えます。

成分にワサビ抽出エキスを配合しているため、除菌・抗菌・防臭・消臭の4つの効果を発揮。 香料として天然シトラス精油をを使用し、香りを楽しみたい方にもおすすめです。

手荒れが気になる方に!保湿成分入り消毒スプレー

  • サラヤ「指定医薬部外品 ハンドラボ 手指消毒スプレー VH 300mL」 参考価格:648円(税込)

【Amazon】販売ページを見る

【楽天】販売ページを見る

すみずみまで消毒できる指定医薬部外品の手指用除菌スプレー。 アルコール濃度はなんと80%!手洗いでは落としきれないウイルスもしっかり除去してくれます。

さらに保湿成分が配合されており、除菌スプレーによる手荒れが気になる方にもおすすめです。 ラベルをはがすとシンプルなボトルに変身するためインテリアの雰囲気を損ねません。スプレータイプのほか、ジェルタイプもあります。

おすすめの除菌スプレー(次亜塩素酸水)

肌と同じ弱酸性!人や環境にやさしい除菌スプレー

  • サンスター「クワイスクリア ノンアルコール 500ml」 参考価格:1,760円(税込)

【Amazon】販売ページを見る

【楽天】販売ページを見る

暮らしになじむシンプルデザインが素敵な「クワイスクリア」。 人や環境にやさしいモノ用の除菌スプレーです。

肌と同じ弱酸性の次亜塩素酸水を使用し、身の回りの除菌や消臭に、またウイルスに対しても高い効果を発揮してくれます。 香料を一切配合していないため、香りが苦手な方やアルコール過敏の方にもおすすめです。

抗ウイルス99.9%!低刺激で安心な除菌スプレー

出典:Amazon

  • ZIASTOP「次亜塩素酸水スプレーボトル 500ml×2本セット」 参考価格:2,156円(税込)

【Amazon】販売ページを見る

微酸性次亜塩素酸水を使用し、小さな子どもやペットがいる家庭でも安心して使えるモノ用除菌スプレー。 低刺激で肌にやさしく、なのに抗ウイルス99.9%と非常に高い除菌力です。

人の手が触れるドアノブやマスクの除菌、またはキッチン周りや衣類の防臭対策にも効果的。 希釈不要のストレートタイプなので、手軽に使えるところもおすすめポイントです。

除菌効果99.99%!ケミカルフリーの除菌スプレー

出典:Amazon

  • ケアプラス「次亜塩素酸水 除菌スプレー 300ml」 参考価格:1,520円(税込)

【Amazon】販売ページを見る

誰でも安心して使える、ケミカルフリー・アルコールフリーの除菌スプレーです。 水を成分にしているにもかかわらず、ウイルス・菌に対する除菌効果はなんと99.99%!

幅広いウイルスを瞬時に除去してくれるため、どんなときでも常備しておきたい一品。 お部屋の消臭や身の回りの除菌など、モノに対して使える優秀すぎる除菌スプレーです。

おすすめの除菌スプレー(その他)

清涼飲料水の基準をクリア!飲めるほど安全な除菌スプレー

出典:Amazon

  • OneTenth「IELU ultra pure 除菌スプレー 300ml」 参考価格:3,850円(税込)

【Amazon】販売ページを見る

清涼飲料水の基準をクリアした飲めるほど安全な電解イオンミスト「IELU」。 無味、無臭、無着色、無添加、アルコールフリー、無香料、防腐剤フリーと安全性にとことんこだわっています。

手指の除菌やうがいにも使えて、さらにアルコールフリーなので空間噴霧もできます。 アルコールに負けない高い除菌力で、室内だけでなく外出先にも持っていきたい除菌スプレーです。

植物エキス配合!おしゃれな除菌スプレー

出典:Amazon

  • fafra「ボタニカル除菌消臭ミスト 300ml」 参考価格:2,000円(税込)

【Amazon】販売ページを見る

「ボタニカル除菌消臭ミスト」は、植物エキスと純水を成分にした安心で安全な除菌スプレーです。 人の肌と同じ弱酸性で、子どもが触れるおもちゃや寝具の除菌・消臭にも使えます。

しかもノンアルコール、非塩素系でありながら、ウイルス・菌・カビの除菌効果は99.9%。 72時間も抗菌効果が持続します。 出したままでも絵になるおしゃれなボトルデザインも良いですね。

たった5秒でウイルス除去!キューピーの除菌スプレー

  • キユーピー「ケイブランシュ アルコール除菌スプレー 200ml」 参考価格:1,220円(税込)

【Amazon】販売ページを見る

【楽天】販売ページを見る

マヨネーズでおなじみのキューピーの除菌スプレー。 世界初の特許技術である「ノロクリアプロテイン」を配合し、100%食品由来の成分でウイルスや細菌を強力除去。

たった5秒で99.9%除菌してくれるので、いつでも清潔を保てます。 キッチン周りやドアノブなど、身の回りのモノに使える除菌スプレーです。

プロも認める!洗浄とウイルス対策が同時にできる除菌スプレー

  • リンレイ「ハイジェニック除菌クリーナー 450ml」 参考価格:980円(税込)

【Amazon】販売ページを見る

【楽天】販売ページを見る

こちらはモノに対しての除菌に効果的な界面活性剤を使用した除菌スプレーです。 アルコールや次亜塩素酸の場合、汚れが付いていると除菌効果が低下してしまうため、使用する前に汚れを落とす必要があります。

「ハイジェニック除菌クリーナー」は、洗浄と除菌が同時にできるため手間を省けて効率的。 その高い除菌効果と洗浄力はプロにも認められています。

一家に一本持っておきたい!おすすめ除菌スプレー

手軽に清潔を保てる除菌スプレーは、室内でも外出先でも持っておきたいアイテムです。 製品によって成分や性能が変わるだけでなく、「人に使えるもの」と「モノに使えるもの」がありますので、購入前に必ず確認してくださいね。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事