水まわりをすっきり見せる!【ニトリ】で最強ホワイト化アイテム5選

  • 2021年03月30日更新

こんにちは!買う予定のものがなくてもついついニトリをパトロールしてしまうヨムーノライターのmomoです!

年々素敵なアイテムが増えているニトリ。
今、ニトリでは「ホワイトアイテム」がたくさん販売されているのをご存知でしょうか?

お風呂や洗面所などの水回りは、おうちの中でも特に生活感を隠すのが難しい場所。 そんな場所のアイテムを、ニトリのホワイトアイテムに変えるだけですっきりとした印象に変えることができますよ!

今回は、ニトリの「ホワイトアイテム」を5つご紹介します!どれも真似したいアイデアばかりで、水回りをすっきりさせたい!という方は必見です。

高級感も機能も文句なし!ディスペンサー

洗面台に必須のハンドソープは、こちらの「泡ディスペンサー Nアーバン 300mL(税込814円)」を使えば、毎回の詰め替えも楽になり見た目もすっきり。投稿者の@tami_house_acさんは「衝動買い」したそうです。

プラスチック製ですが、まるで陶器のようなつるつる具合とポンプ部分のシルバーの組み合わせが、高級感のある印象に見せてくれます。

フタがガバッと開くので、詰め替えの時にこぼしてしまう心配も少なく安心!さらに、洗いやすく乾きやすいところも清潔に保ちたいハンドソープ入れにはぴったりですね。

ニトリで大正解♡詰め替えラクラクボトル

先ほど紹介した、ハンドソープディスペンサーと同種類の「ディスペンサー Nアーバン550ml(税込814円)」。こちらは、シャンプーやリンスにぴったりな大きめサイズです!

フタがガバッと開き、詰め替えのパックごと入れられるのが最大のポイント。 シャンプー・リンス・ボディソープと3つ揃えても2,500円以下なので、一気にそろえられるプチプライスが嬉しいです。

デザインもホテルライクなので、バスルームをお洒落に見せてくれそうです!

マグネット最強!使い方も自在なハンガーラック

こちらの「マグネット収納 ハンガーラック 2段FLAT(税込1,290円)」は、ランドリーアイテムで地味にかさばるハンガーをスリムに収納することが可能なアイテムです。

最大の特徴は、マグネットがついており洗濯機の横にペタッとくっつけられるところ!空間を上手く利用することができ、ホワイトカラーでよりまとまって見えますね。

使い勝手もよく、縦に使えば複数のハンガーを2箇所にかけられ、横に使えばお掃除グッズのスプレーなどをかけることもできちゃう優れもの!

整理収納アドバイザーの@irodori.saoriさんも愛用中。有資格者の方もオススメな収納アイテム、チェックするしかなさそうです♡

見た目もすっきり、節水もできちゃうシャワーヘッド

バスタイムをより快適に過ごすなら、シャワーヘッドを取り替えてしまうのがおすすめです! こちらの「シャワーヘッド キモチイイシャワピタ(税込1,518円)」は、約0.3mmのシャワー穴から、きめ細かなやわらかい水流が出るのが特徴。

オールホワイトのデザインで、バスルームを綺麗に見せてくれます。ついつい出しっぱなしにしてしまうシャワーも、手元のボタンで水を止めることができるので節水に効果あり!

この機能で税込1,518円は、まさにお値段以上のアイテムです。

速攻マネしたい!ホワイトダストボックス

ダストボックス周辺は生活感が特に出てしまうのが、あるあるですよね。綺麗にまとめたい方は、こちらの「RGダストワゴン 35Lトリプル(税込19,900円)」がオススメです!

収納が可能なキャスター付きのダストボックスで、フタが付いているのでにおいも気にならず分別もらくらく。

お値段はプチプラとは言えませんが、一度購入してしまえば長く使えるダストボックス。思い切って買い替えてしまうのもアリですね!

@monotone0404さんは、「最初からこれにすべきでした」とコメントしています!とっても使いやすそうで、今すぐにでも真似したいアイテムです♡

スッキリ見せるならニトリのホワイトアイテムで決まり!

いかがでしたか?
どれもホワイトで綺麗にまとめられており、参考にしたいアイデアばかり!

高級感や統一感が出て、水回りの印象を変えることが出来ますが、どれも身近なニトリで揃えることができるのが嬉しいですよね。

ごちゃごちゃしてしまうのが悩み、という方はぜひニトリの店舗やオンラインストアをチェックして、「水回りホワイト化計画」を立ててみてくださいね!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事