【カルディ】家でお花見気分!桜のおやつ&お茶3選!食卓に春の風を

  • 2021年03月30日更新

こんにちは、ヨムーノライターの小町ねずです。

現実の桜の開花はもう少し先ですが、カルディではすでに満開です! 店頭には春気分が満喫できる桜風味の食品が豊富に並び、どれにしようか迷うほど。

今回はその中から3商品をピックアップしました。
桜風味のお菓子と飲み物で、春の空気を味わってみませんか?

きなこ好きにいちおし「さくらきなこねじり」

通常価格:183円(税込)
内容量:70g

販売ページを見る

カルディの人気お菓子、「きなこねじり」の桜バージョンです。
通常版の「三温糖きなこねじり」(通常価格236円・150g)と比べると内容量が少なく、パッケージも小さめ。

パッケージの雰囲気は違いますが、両方とも「もへじ」による商品です。
カルディファンなら、この時点で「安定のおいしさに違いない!」と予想がつきます。

香りはまさしく桜餅!和菓子っぽい雰囲気で、日本茶が恋しくなります。
生地には粉末桜葉が練り込まれていて、ほんのりと桜風味。

色も通常版と比べると緑色っぽくなっています。

さっそく、実食!

生地は柔らかくしっとりとしていて、口あたりはやわらか。 ひとくちほおばると、きなこの香ばしさと砂糖の甘さがふわっと広がります。

そこに桜のほのかな塩気が加わり、絶妙なあんばい!
きなこ好きなら間違いないですね。さすが「もへじ」、期待を裏切らないおいしさでした。

きなこねじり自体は素朴なお菓子ですが、桜風味の方はちょっとおめかししたような、かわいらしい味わいでした。 素材の味がシンプルに生きた、家族全員で楽しめるお菓子です。

甘じょっぱさがクセになる「桜ちょこカシュー」

通常価格:345円(税込)
内容量:50g

販売ページを見る

「桜ちょこカシュー」は、カシューナッツに桜風味のチョコがコーティングされた、いわゆる“ナッツチョコ”です。 ナッツチョコに桜を混ぜ混むなんて、手が込んでいますよね。

ローストされたカシューナッツは、カリッとした軽快な歯触り。 コーティングのホワイトチョコはわりと甘め。厚めにコーティングされていて、こっくりとした風味が楽しめます。

チョコとカシューナッツが合わさり、旨味たっぷりな仕上がりです。

桜葉の存在感がポイント

開封時に桜の香りはせず、口に入れた瞬間も桜の存在感はほのかに感じる程度。
「なんだ、ただの甘いナッツチョコか」と油断していたら、後からじわじわと桜葉の塩味が追いかけてきました。 「あ、桜だ!」とはっきりわかるくらいの風味にビックリ。

不思議に思って原材料を確認すると、なるほど納得。

チョコには桜葉パウダーと、乾燥桜葉が使用されていました。

チョコに混ざっている緑色が桜葉です。
ほどよく塩気が効いた桜葉は、噛むごとに桜の存在感を控えめながらしっかりとアピール。 だから桜風味が後追いしてきたんですね。

甘じょっぱいナッツチョコは、食感のよさも手伝って食べる手が進むこと進むこと! 保存用のチャックが不要のおいしさでした。

気分は平安貴族?「スイートサクラティー」

通常価格:398円(税込)
内容量:2g×4袋

販売ページを見る

桜を楽しめる飲み物も登場しています。 「スイートサクラティー桜花」は、桜の花を使った珍しいお茶です。

1箱4袋入りで、1袋は1杯分です。
少し割高に感じますが、その価値アリなお茶なんです。

スイートサクラティーの楽しみ方

開封すると、塩漬けされた桜花がトレイの中にちょこんと佇んでいます。

作り方は簡単。急須は不要でお湯だけあればOKです。

温めたカップに桜花を入れたら、沸騰したお湯100mlを入れます。

そのまま蓋をして、1分程度蒸らします。 蓋がなければ小皿で代用してもOK。

1分後、ふたをあけると……

桜花がふわりと広がっています。
なんて華やかなお茶なんだ……!
おもてなしで使うと喜ばれそうですよね。

どんな味?

ほんのりしょっぱい味で、「ティー」といってもお茶っぽい味はしません。 原材料を見ても茶葉は入っていませんでした。

舌ではなく目で楽しむタイプのお茶ですね。

見ているだけで優雅になれるお茶は、平安貴族にでもなった気分に。
「いとをかし」なんて古語がポロリとこぼれそう。

そのまま飲むとカップに桜が残るので、軽く揺らしながら飲むのがコツです。
ゆらゆら揺れる桜を見ながらお茶を楽しんでいると、時間もゆっくりと流れているような気がしてきます。 ひと手間かけながら、上品なひとときをお過ごしください。

パッケージには、お酒やお吸い物、お菓子に使う提案がされていました。

確かに、春らしく変化しそうですね。
(塩気があるので、アレンジするときは塩加減に注意して使ってください)

カルディの食品で春の香りを楽しんで

自粛生活を過ごしていると、季節感を実感しにくくなりますよね。
今年は花見も遠目に楽しむ程度になりそうで、ちょっと寂しい……。

そんなときでも、“食”なら季節感を気軽に取り入れられます。
代わり映えしない毎日に変化を与える桜の食品たちで、春の風を楽しんでみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事