レンチンもできる!セブンイレブンおすすめ「バターチキンカレーおむすび」を食べてみた!

  • 2021年03月30日更新

こんにちは、バターチキンカレーデビュー戦は松屋だったヨムーノ編集部グルメ担当です。

神出鬼没に販売される松屋の「バターチキンカレー」。
今では、無印良品や西友でもレトルトカレーの「バターチキンカレー」が食べられる時代になりましたが、作るのが面倒派はやっぱり松屋で食べたい。 コンビニでも「バターチキンカレー」のお弁当が買えるようになりました。

そして、セブンイレブンからはお弁当の上をゆく、ワンハンドで食べる「 バターチキンカレー」が登場。どんな味わいになっているのか気になるので、買って食べてみました。

銀座デリー監修 バターチキンカレーおむすび 130円(税込140円)

銀座デリー監修 バターチキンカレーおむすび

2021年2月16日(火)から順次発売中の「バターチキンカレーおむすび」です。
セブンイレブンから銀座デリー監修の商品が最近よく登場しますが、今回はバターチキンカレー。しかも“おむすび”!

電子レンジで温めることもできます。

電子レンジであたためると、表面のカレーソース部分にとろみが出た感じがします。

さすがに、チキンがゴロっと入っていませんが、バターチキンカレーの風味はしっかりあって美味しいです!
スパイシーさはそんなに感じないので、食べやすいです。

銀座デリーの凄さまでは、なかなか“おにぎり”1個ではわからないですが、ワンハンドで食べるバタチキという発想はいいですね♪

チキンカツカレー 460円(税込496円)

チキンカツカレー

また、セブンイレブンにはカレーうどん含め、カレーのチルド弁当も豊富です。
一時期、アンガス牛のビーフカレーをよく見かけていたのですが、最近見なくなったと思ったら「チキンカレー」が登場していました。

チキンカツカレー

レンチンで溶けたチーズが、イイ感じでチキンに絡んでいますね(笑)。
レンチンの影響でカレーソースもチキンもかなり熱いです。

チキンカツカレー

チキンは柔らかく、肉厚もあります。税込みで500円以下は嬉しいコスパです。
スパイシーさはそんなにないので、もうちょいスパイス強めが欲しいかな……。

職場ではなく在宅作業なので、においなども気にせず遠慮なくカレーを食べられるのも嬉しいです。

※税込価格は軽減税率適用の消費税8%で表記しています。
※地域により商品の規格や価格・発売日が異なる場合があります。
※店舗により、取り扱いがない場合があります。

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事