本日までナゲット半額!ケンタッキー「買うだけで1,000円お得」節約術

  • 2021年03月30日更新

こんにちは。 貯金ゼロから2年で350万円、貯金1,000万円貯めた、子ども3人の母、ヨムーノライター あき(@aki_kakeibo) です。

わが家では、外出自粛が続き、外食より「お持ち帰り(テイクアウト)」を利用する機会が増えています!

でも、いくらテイクアウトといっても、普段の食費より大幅に食費増!になってしまうと痛手の出費に…。わが家では一人当たりの単価がいつもの食事とそれほど変わらないか、少し多めくらいで済ませられるテイクアウトを利用中です。

今回は、ケンタッキーのお得なパックが期間限定で発売されていたのでさっそく注文。実食してみましたので、ご紹介します!

あき
家計簿・家計管理アドバイザー

ケンタッキーからお得なパックが発売中!

ケンタッキーでは、以下のお得なパックが期間限定で発売されています。

  • いいトコどりパックA 1,100円(税込)
  • いいトコどりパックB 1,500円(税込)

販売期間は2021年3月3日(水)までとなりますので、間もなく終了になりますね。

いいトコどりパックA 1,100円(税込)

いいトコどりパックA 1,100円(税込)には下記が入っています。

  • オリジナルチキン 3ピース
  • クリスピー 1ピース
  • ビスケット 1個
  • ポテトSサイズ 1個

いいトコどりパックAは、単品で購入するより330円お得になっていますよ。

いいトコどりパックB 1,500円(税込)

「いいトコどりパックB1,500円(税込)」には下記が入っています。

  • オリジナルチキン 5ピース
  • クリスピー 1ピース
  • ビスケット 1個
  • ポテトSサイズ 2個

いいトコどりパックBは、単品で購入するよりなんと!650円お得になっています。

ケンタッキーでは「ナゲット」もお得!

ケンタッキーでは、おうち時間応援企画として2月19日(金)~2月27日(土)までナゲットもなんと半額!

  • ナゲット10ピース 400円(税込)

ケンタッキーファンの方にはお得すぎますよね。ナゲット半額のキャンペーンはいいトコどりパックより期間が短いので注意してください。

ケンタッキーのお得なパックとナゲットを実食

今回は、わが家はいいとこどりパックBとナゲットを注文してみました。

いいとこどりパックBはオリジナルチキンが5つ入っているので、ボリュームもたっぷり!

クリスピーも1ピースあり、ポテトも2つ入っているので食べ応えがありますね。 個人的には、ケンタッキーのポテトは太めでじゃがいもの味がしっかりしている印象があります。

ビスケットは1つですが、ハニーメープルがついていてちょっとしたデザート感覚でいただけます。

ナゲット10個も一緒に注文したので、全体として、かなりのボリュームになりました!

「合計1050円」お得なケンタッキー

いいとこどりパックBは単品価格より650円お得、ナゲットは半額で400円お得になっているので、合計で1050円もお得になります。

ケンタッキーと言えば、わが家ではクリスマスが定番なのですが、これだけお得になっているとクリスマスでなくても注文してしまいたくなります。

なお、PayPayは2月限定で10%戻ってくるクーポンを配布中で、ケンタッキーも対象店舗になっています。

私も、今回はPayPayで支払いましたよ。

いいとこどりパック1500円とナゲット400円で1900円ですが、10%戻ってくるクーポンを使えばさらにお得になりますね。

PayPayのクーポンは、対象金額が500円以上のお支払いで、付与上限は200円/回になっていますので、ぎりぎり上限以下で利用できそうです。

なお、今回のPayPayのキャンペーンはクーポンなので、事前にクーポンを獲得しておくのを忘れずに!

ケンタッキーの期間限定キャンペーン

今回紹介したケンタッキーの「いいトコどりパック」は、3月3日(水)までの販売、ナゲットは2月27日(土)までの販売になります。

「いいトコどりパックA」は単品購入よりも330円、「いいトコどりパックB」は650円、ナゲットは400円お得と割引額が大きいので、気になる方は是非チェックしてみてください!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

参考になりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事