【セブンプレミアムゴールド】一風堂「博多とんこつ」リニューアル!増量と値上げには不満が残る

  • 2021年03月30日更新

こんにちは、九州出身者が2名も在籍しているヨムーノ編集部セブンイレブン担当です。

九州のソウルフード「とんこつラーメン」は福岡県を中心に有名です。
そんな九州のソウルフードの「とんこつラーメン」といえば、「一蘭」「一風堂」「九州じゃんがら」「まるきん」などなど……九州発もあれば、九州に店舗が無い首都圏中心のお店もあります。

ここでは、セブンイレブンで味わえるセブンプレミアムゴールドの「一風堂 赤丸新味 博多とんこつ」をご紹介します。

関東地方のセブンイレブンには「一風堂」商品ばかりですが、西日本のセブンイレブンには「だるま」や「一蘭」商品が陳列されているようです。時々、実家から送ってもらおうかと考える時もありますが、送料がもったいないので我慢している今日この頃です。

セブンプレミアムゴールド 一風堂 赤丸新味 博多とんこつ 278円(税込300円)

セブンプレミアムの上をゆく「セブンプレミアムゴールド」ブランドの「一風堂 赤丸新味 博多とんこつ」です。

2021年2月25日時点のセブンイレブン公式サイトに記載されている販売エリアは首都圏、長野県、北陸、近畿、中国、四国、九州、沖縄になっています。

商品入れ替え中!?

▲販売地域:北海道、東北、北関東、新潟県、山梨県、東海

セブンプレミアムゴールドには昔から「一風堂 赤丸新味 博多とんこつ258円(税込278円)」があり、今回の「赤丸新味 博多とんこつ」はパッケージデザインや中身が少し変わっているようです。

順次、新しいパッケージに切り替わるかもしれません。
微妙に20円くらい値上がってもいます(汗)。

リニューアル版は豚骨スープのオイルと辛味噌を増量!

商品名が同じなのでややこしいですが、旧バージョン(258円)には「かやく」が単独でありましたが、リニューアル版(278円)は「かやく・粉末スープ」が一緒になって、1袋分コンパクトになっています。

でも、22円高い←しつこい!

辛味噌と液体スープを入れる前です。見た目はTHEとんこつラーメン!って感じです。

黒い液体スープと、辛味噌・黒香油をいれます。リニューアルの特長は、豚骨スープのオイルと辛味噌を増量したことです。

つまり増量して22円値上げってことです!←しつこい

王道の「とんこつラーメン」を味わいたい方にはおすすめできない

増量だけあって、たしかに辛みが強いです。
麺は細麺でやわらかくて、美味しいですが、「とんこつ」のパンチ力は薄れています。

「とんこつ」じゃなくても、担々麵など辛いのが好きな方には新しいバリエーションとして味わってみるのもいいですね。

ただ、辛さよりも「とんこつ」感ならリニューアル前のほうが好きかもです。

セブンイレブンと一風堂はかなり密!

一風堂監修 博多とんこつラーメン ▲販売地域:首都圏、新潟県、北陸、静岡県、近畿、中国、四国、九州

セブンイレブンにはほかにも「一風堂監修 博多とんこつラーメン」があります。気になる点は、デフォルトで「麺かため」設定という部分。個人的には「バリやわ」派なので(笑)。

レンジで加熱後、具をスープに流し込みます。
500Wのレンジだと5分以上の加熱が必要で、ちょっと待たされます。

豚バラチャーシュー、青ねぎ、きくらげのごま唐辛子和え、もやしと、押さえるべき具は押さえてありますね。
ここに味玉系がくると、460円では収まらないと思います……。

やはり、レンチンしても「麺かため」ですね。
ここは、お店提供ではないので“かたさ”は致し方なし。ただ、麺は美味しいです。

スープも期待通りの旨さ!!
これで、税込みでもワンコイン以下の496円はすごいです。

とんこつ好きなら、要チェックです。

そして、美味しかったを表現する「完飲」を、セブンイレブンのラーメンでも再現できました。

セブンイレブンの「とんこつ」は美味しい

▲セブンイレブン『スープが決め手!博多豚骨ラーメン』(税込464円)

一風堂監修ではないのですが、2019年夏に『スープが決め手!博多豚骨ラーメン』が登場していて、かなり美味しかったです。

※税込価格は軽減税率適用の消費税8%で表記しています。
※地域により商品の規格や価格・発売日が異なる場合があります。
※店舗により、取り扱いがない場合があります。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事