万能すぎて”じゃない使い方”で大人気【セリア・ダイソー】たばこケースを薬収納で比較してみた

  • 2021年03月30日更新

こんにちは。シンプルナチュラルな家を目指すヨムーノライターのJUUです。

マスクのストックが必須になり、薬箱がごちゃついてきた今日この頃。
気になったときは収納を見直すチャンス!

子ども達の常備薬もほったらかしになっていたので、100均で人気の「たばこケース」を買い足して整理することにしました。
以前から我が家ではダイソーのものを使っていましたが、セリアのものも気になっていたので、今回はセリアで購入。

少しの違いがあったので比較しながらご紹介します。

「たばこケース」セリアとダイソーの違い

サイズの違い

外見的には、セリアの方が高さがあり、ダイソーは低いです。

幅は同じです。

フタを取ると、ダイソーの方が容量が大きいように見えます。

フタの開閉方法が大きく違う!

ダイソーはフタをかぶせるタイプです。
両手で開ける必要がありますが、フタが完全に取り外せるので、錠剤を出しやすいのは好ポイントです。

セリアはフタを押し上げるタイプ。
箱から離れないので片手で開けられ、フタを失くしてしまう心配もありません。

材質の違い

ダイソーはポリエチレンで、柔らかいソフトケース。
セリアはABS樹脂で、しっかりとしたハードケースです。

色んな種類の薬を入れて比べてみた

絆創膏で比較

両方とも問題なく入りますが、ダイソーのソフトケースはフタが下まで完全には閉まりません。

少し浮いた状態になりました。

チューブ薬で比較

チューブの大きさによりますが、我が家ではダイソー・セリアともに、問題なく入りしっかりフタも閉まりました。

まとめ

材質や仕様・高さ多少の違いはありますが、どちらも使いやすく、細々した物の収納に最適です。
入れる場所・入れる物や、フタの使い勝手によって使い分けるのがおすすめです。

ぜひチェックしてみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事