使って分かったワークマン女子注目「レディース綿トレッキングラップショーツ」はココが凄い

  • 2021年03月30日更新

こんにちは、何気ない暮らしの中のさりげない幸せをきちんと感じて歩んでいきたい、ヨムーノライターのフェルマータです。

寒さの中にも日差しが明るくなってきました。ここでは、これからの季節におすすめのワークマンアイテム「綿トレッキングラップショーツ」をご紹介します。

2021年2月28日時点のワークマン公式オンラインストアでは、ダークベージュ(L)/ブラック(L)のオンラインストアでの取り扱いは終了したようです。

レディース綿トレッキングラップショーツ 2,500円(税込)

▲商品番号:LSB017

素材:綿97%、ポリウレタン3%
カラー:ダークベージュ・ブラック・テラコッタ
サイズ展開:S・M・L

おしゃれに冷えを防止したい!

私がこの「綿トレッキングラップショーツ」を買おうと思った一番の理由は、おしゃれに冷えを防止したいと思ったからです。

女性に冷えは大敵。それは年中を通して言えることです。トレッキングラップショーツは腰回りを温かく守ってくれて、しかもかわいい。

腰回りをカバーすると、それだけで身体が中からポカポカしてきます。

寒い季節はレギンスやタイツを合わせられますし、季節によって様々なコーディネートが楽しめます。私は今回、3色あるカラーの中からダークベージュをチョイスしました。ほら、グレーのレギンスとも相性バッチリです。

なんといっても動きやすい!

この「綿トレッキングラップショーツ」。一見スカートを履いているようにみえませんか?でも実際にはパンツの上に布を1枚プラスしてあるのです。

前にも後ろにも布がついています。これ、気に入っています。その理由は2つ。

  • 実際にはパンツなので動きやすい。軽快

  • ちょっと気になるお腹周りやお尻もうまくカバーしてくれる

後ろ姿もスカートを履いているみたいです。
このスカートに見える感じがタウンユースでもおすすめのポイントです。お買い物にも普通に行けちゃう。でも実はパンツ。自転車での買い物にも最適です。

それでいてスタイルカバーしてくれるとなれば、強い味方というより他ありません。

細部にもこだわりが!

お店で手に取ってみて、「うわっ。これポイント高い。」と思ったのが、ウエスト裏面のロゴ部分です。

かわいくないですかー?このグレーのゴムにピンクのロゴ。着用すれば見えない部分ですが、そこまでこだわっているところにテンションが上がります。

機能面もチェック!

ワークマンアイテムは、なんといっても機能性が高いことが人気の秘密です。「綿トレッキングラップショーツ」の嬉しい機能面をご紹介します。

【耐久撥水】
「綿トレッキングラップショーツ」には耐久撥水加工がされていて、水をはじきやすいのが特徴です。急に雨が降ってきても安心。汚れも落ちやすく工夫されています。

でもこれって購入してすぐだけなんじゃない?と疑ってしまいます。でも大丈夫です。この耐久撥水加工、50回の洗濯に耐えます。

そうとわかれば暑くなって、汗をかく季節になってもガンガンお洗濯できちゃいます。

【ストレッチが効いた生地】
生地はストレッチが効いていて、動きやすいのが魅力です。どんな動きでもつぱりを感じることがありません。ストレスフリーに動けるので、ついつまた履いてしまします。

履きすぎて、もう1枚購入することを検討中です。

【ウエストゴム、ひもで調節】
ウエストがゴムで履いていて楽。さらにひもで調整できます。ちょっと大きめサイズを購入しておけば、寒い季節にもトップスをインしやすくておすすめです。

【両サイドにポケットも】
両サイドにあるポケットも嬉しいポイントです。本当は履いているシルエットを崩したくないので、パンパンにしたくないのですが、子どもと公園に行くと、拾った木の実や石を持っておいてと頼まれます。

そんな時、このポケットが大活躍。両手をあけながら、公園での大切な宝物も守れます。

しわになりやすいのがちょっと残念

とってもお気に入りな「綿トレッキングラップショーツ」なのですが、ちょっと残念に感じていることがあります。

それはしわになりやすいことです。私は少し気になるので、前後の布に少しアイロンをかけて着用しています。

洗いっぱなしで着ることができたら最高なのになーと感じています。

まとめ

「綿トレッキングラップショーツ」ってトレッキング用?もちろんトレッキングをはじめとするアウトドアに最適だと思います。それだけ、動きやすい!ということはデイリーにもおすすめです。

冷えも防ぎながら、元気なスタイルで過ごしたい。アウトドア派のあなたもそうでないあなたもぜひチェックしてみてください。

参考になりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事