今買うべき【玉子焼き器BEST9】一家に一台おすすめ&選び方。お弁当作りに大活躍!

  • 2021年12月01日更新

こんにちは、ヨムーノライターなないろのしずくです。

お弁当の定番おかずといえば卵焼き。 上手く作れると見栄えも良くなりますし、朝からちょっぴり良い気分になれますよね♪

これから新生活がスタートし、お弁当作りを始める方もいるかと思います。 そんなときにあると便利なのが、卵焼きをきれいに仕上げる手助けをしてくれる「卵焼き器」。

そこで今回は、卵焼き器の選び方のポイントやイチオシアイテムを紹介します!

卵焼き器を選ぶポイント①素材

卵焼きはフライパンの素材によって仕上がりが変わるとも言われています。 それぞれの素材にどのようなメリットデメリットがあるのか知っておきましょう。

アルミニウム

アルミニウムの卵焼き器は、軽量で扱いやすく日常使いにはもってこいの素材です。 錆びにくいといった特徴もあり、お手入れがしやすいのもアルミニウムの良いところ。

卵焼きの焼き上がりは、焼き目が付かずふっくらしたした仕上がりに。 アルミニウムのデメリットを1つ挙げるなら、他の素材と比べて強度が低いことです。

鉄の卵焼き器の最大の特徴は、耐久性が高いため長く愛用できること。 熱量がとても強いので、焼き上がりは焼き目が付いたしっかりとした食感に仕上がります。

重い、焦げつきやすい、錆びやすいといった難点はありますが、きちんとお手入れすれば一生モノとも言える丈夫な素材です。 使い始めは油をフライパンに馴染ませる「油ならし」を行います。

熱ムラが少なく、熱伝導率に優れているのが銅の卵焼き器です。 焼き上がりは焼き目が均一につき、ふっくら美しい卵焼きを作れます。

そんなプロの料理人も愛用する人気の素材ですが、湿気に弱く錆びやすいといった欠点があります。 こちらも鉄と同様、そのままだと食材がくっついてしまうので油ならしが必要です。

卵焼き器を選ぶポイント②コーティング

素材の欠点としてよく挙げられるのが「焦げ付き」。 ですが、コーティング加工が施されたものであれば焦げ付きを防ぐことができます。

代表的なのは「テフロン(フッ素)加工」「マーブルコート」「ダイヤモンドコート」など。 耐久性を高めて滑りを良くしてくれるため、焦げ付きやすいといった欠点がカバーしてくれます。

卵焼き器を選ぶポイント③大きさ

卵焼き器といっても大きさはいろいろで、どのくらいの量を作るかによって選び方も変わってくるかと思います。 1人分のお弁当であれば、卵1個で作れる小さめサイズの卵焼き器が便利です。

一方で家族4人分を作るのでしたら、卵4個分の卵焼きを作れる大きめサイズが◎。 大きすぎると卵が薄くなったり破けたりしやすいので、ご家庭に合った大きさを選びましょう。

卵焼き器を選ぶポイント④熱源

卵焼き器を選ぶときに、忘れずにチェックしておきたいのが熱源です。 ガス専用、IH専用、IHとガス両用など、ご家庭の熱源に合ったものを必ず選びましょう。

続いては、おすすめの卵焼き器を素材別に紹介します♪ ぜひお買い物の参考にしてみてくださいね。

おすすめの卵焼き器(アルミニウム)

金属ヘラの使用OK!石のように丈夫なイタリア製卵焼き器

  • バッラリーニ「パヴィア エッグパン ガス火専用」
    参考価格:2,370円(税込)

Amazonの「卵焼き器」売れ筋ランキング1位にも輝いた、イタリアのフライパンメーカー「バッラリーニ」のエッグパン。 石のように硬い「グラニチウムコーティング」が施され、耐久性に優れているため金属ヘラの使用もOKです。

焦げ付きにくく汚れが落ちやすいため、お手入れが楽なところも人気の理由のひとつ。 ハンドルは樹脂製で軽く、日常使いしやすいイチオシの卵焼き器です。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天】販売ページを見る

適温が見てわかる!大人気ティファールの卵焼き器

  • ティファール「フェアリーローズ エッグロースター ガス火専用」
    参考価格:2,109円(税込)

キッチン用品で有名なティファールの卵焼き器は、実用的な機能性とデザイン性で高い評価を得ています。 注目すべきポイントは、4層の「パワーグライド」コーティングと新デザインの「お知らせマーク」。

コーティングにはミネラル粒子が配合され、強度が高くこびりつきにくいため毎日のお手入れもラクチンです。 「お知らせマーク」は適温になると模様が変わり、目で見るだけで食材を入れるベストなタイミングがわかります。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天】販売ページを見る

軽さが嬉しい!日常使いにぴったりな卵焼き器

  • パール金属「驚きの軽さ ブルーダイヤモンドコート玉子焼 ガス火専用」
    参考価格:1,318円(税込)

パール金属の卵焼き器の特徴は、3層の強力ブルーダイヤモンドコートが施されていること。 金属ヘラも使える強度・耐久性の高さが自慢です。

また驚くほど軽いため、扱いやすくお手入れのしやすさでも高評価。 1000円台とリーズナブルなうえ、キズ・汚れに強いので日常使いしやすい卵焼き器です。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天】販売ページを見る

Amazon限定!ガスにもIHにも使える卵焼き器

  • 【Amazon.co.jp 限定】和平フレイズ「クックデリー エッグパン IH対応」
    参考価格:2,066円(税込)

こちらの卵焼き器は、Amazonでしか購入できない大人気アイテム。 耐久性に優れたダイヤモンドコートを採用し、こびりつきにくく汚れも簡単に落とせます。

ガスコンロにもIHにも使えるため、熱源を問わないところも嬉しいポイント。 フチまでしっかりコーティングされ、調理中も使用後もストレスなく使えます。

【Amazon】販売ページを見る

おすすめの卵焼き器(鉄)

使い込むほどに愛着がわく鉄製の卵焼き器

  • 藤田金属「使いやすいふわふわ玉子焼 IH対応」
    参考価格:2,260円(税込)

錆びにくく、こびりつきにくい「ハードテンパー加工」が施された鉄製の卵焼き器。 ひとつひとつ職人さんが手作りで作り上げ、使い込むほどに油なじみが良くなる愛着のわく一品です。

こちらは深型になっているため、卵焼きだけでなくちょっとした調理にも使えます。 ガスにもIHにも使用できるオール熱源対応の卵焼き器です。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天】販売ページを見る

手にしっくりなじむ!天然木の取っ手付き卵焼き器

  • タクミジャパン「匠 日本製 エッグパン IH対応」
    参考価格:1,845円(税込)

内側と外側の両面に細かな凹凸が付けられた、独自開発の「マグマプレート」を採用。 この凹凸のある表面加工により、熱伝導が良くなり食材の芯まで素早く火が通ります。

フライパンからの鉄分溶出によって、料理と一緒に鉄分を摂取できるのも嬉しいです。 卵焼き器の取っ手には、手にしっくりなじむ天然木が使われています。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天】販売ページを見る

おすすめの卵焼き器(銅)

焼き上がりが違う!簡単おいしい銅製の卵焼き器

  • 遠藤商事「EBM 銅 玉子焼 関西型 ガス火専用」
    参考価格:3,253円(税込)

熱伝導率が高く火の通りが早いため、時短にも一役かってくれる銅製の卵焼き器。 取っ手には天然木が使われ、見た目が美しく持っているだけでお料理上手な気分になれそうです。

〝焼き上がりが違う!〟〝ふわふわになった〟との声も多く、口コミでも高い評価を得ています。 使い慣れてしまうと他の卵焼き器にはもう戻れなくなってしまうかも!

【Amazon】販売ページを見る

プロも太鼓判!余熱で調理できる人気の卵焼き器

  • 中村銅器製作所「銅製 玉子焼鍋 13長 ガス火専用」
    参考価格:5,820円(税込)

中村銅器製作所の卵焼き器は、一流料亭や寿司職人などのプロたちも太鼓判を押す人気商品。 熱伝導が非常に良く、ムラなく均一に火が通るため普通に焼いただけなのにおいしく焼き上がります。

サイズは必要に応じて選べますが、こちらの13cm×18cmだと卵3~5個分の卵焼きが作れます。 鍋に厚みがあるため保温性にも優れ、余熱で調理できるところも嬉しいです。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天】販売ページを見る

番外編:電子レンジで作れる卵焼き

失敗なし!あっという間に作れる卵焼きメーカー

  • スケーター「ふわふわ卵焼きメーカー」
    参考価格:748円(税込)

もっと簡単に卵焼きを作りたい方は、電子レンジで簡単に作れてしまう「ふわふわ卵焼きメーカー」がおすすめ。 使い方は容器に材料を入れ、ハンドルを上下にシャカシャカした後、電子レンジで温めるだけ。

角型の卵焼きに仕上がるため、サンドイッチにも挟みやすいですよ。 卵焼き器を使うよりも失敗は少なく、あっという間に作れるので持っておくと便利です。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天】販売ページを見る

お弁当作りには欠かせない!おすすめ卵焼き器

卵焼き器は素材によって、焼き上がりやお手入れのしやすさが変わります。 鉄や銅はお手入れにひと手間かかりますが、使い込むほどに油がなじんで愛着がわくといった良さも。

ぜひご家庭の熱源や使う卵の量なども考慮しながら、あなたにぴったりの卵焼き器を見つけてくださいね。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事