【2021年永久保存版】韓国マニア厳選「推しメンTOP5」!秒でハマるイケメン俳優と見どころ紹介

  • 2021年03月30日更新

こんにちは、ドラマと映画のことならお任せ!ヨムーノライターのはるです。

今回は、韓国エンタメ界きっての大御所俳優から、昨年の作品で一気に人気がアップした旬な俳優さんまで、押さえておきたいイケメン韓国をご紹介。

どの俳優さんも作品を観始めたら止まらない有名俳優ばかりなので、この機会に、作品も改めてチェックしてみてくださいね!

1位:イ・ジュンギ

©STUDIO DRAGON CORPORATION

〈プロフィール〉

俳優名:イ・ジュンギ
本名:イ・ジュンギ
生年月日:1982年4月17日(38歳)
出身地:慶尚南道昌原市
血液型:B型
身長:178cm
デビュー:2001年
学歴:ソウル芸術大学映画学科
現在の所属事務所:NAMOOアクターズ

〈代表作品〉

ドラマ:「犬とオオカミの時間」「イルジメ〜一枝梅」「TWO WEEKS」「麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち」「無法弁護士〜最高のパートナー〜」「悪の花」
映画:「王の男」「フライ・ダディ」「初雪の恋 ヴァージン・スノー」「バイオハザード:ザ・ファイナル」「シチリアの恋」

〈魅力〉

韓国のみならず海外の作品にも積極的に参加し、活躍の場を世界に広げている実力派俳優イジュンギ。2004年に草彅剛主演の日韓合作映画「ホテルビーナス」で映画デビューを果たした彼は、2005年に映画「王の男」での演技が評価され一躍注目を集めました。

2007年のドラマ「犬とオオカミの時間」では、華麗なアクションを披露。その後も「イルジメ〜一枝梅」、「TWO WEEKS」、「麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち」、「無法弁護士〜最高のパートナー〜」、「悪の花」など、多くの作品でスタントを使わないアクションを披露し、視聴者を魅了してきました。

アクションシーンをアップで撮ることで、少しでも画面に映し出される主人公の感情線をぶらさないようにしたいとの思いから、スタントを最小限に抑えているというイジュンギ。そんな彼のアクションにかける姿勢には、ハリウッド映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」で一緒になったスタッフや共演者からも驚きの声が上がるほど。

2018年に放送されたバラエティ番組「知ってるお兄さん」の中で、将来の夢に“アカデミー賞”を挙げていたイジュンギ。ハリウッド映画に中国映画にと活躍の場を広げる彼の、今後の活動からも目が離せません。

2位:チョ・ジョンソク

画像出典:PRTIMES

〈プロフィール〉

俳優名:チョ・ジョンソク
本名:チョ・ジョンソク
生年月日:1980年12月26日(40歳)
出身地:ソウル特別市
血液型:AB型
身長:175cm
デビュー:2004年
学歴:ソウル芸術大学演劇科
現在の所属事務所:JAMエンターテインメント

〈代表作品〉

ドラマ:「キング〜Two Hearts」「最高です!スンシンちゃん」「ああ、私の幽霊様」「嫉妬の化身」「トゥー・カップス〜ただいま恋が憑依中!?〜」「緑豆の花」「賢い医師生活」
映画:「建築学概論」「冠状」「スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班」「EXIT イグジット」

〈魅力〉

2004年からミュージカル俳優として活動し、「風の国」「ヘドウィグ」など数々の舞台を成功に導いてきたチョ・ジョンソク。2012年に映画「建築学概論」で念願の映画デビューを果たした彼は、観客に強烈な印象を残し青龍映画賞新人男優賞を受賞しました。

同年に出演したドラマ「キング〜Two Hearts」でも記憶に残るキャラクターを作り上げた彼は、ドラマ「最高です!スンシンちゃん」で初主演を務め、その後も「ああ、私の幽霊様」「嫉妬の化身」などに途切れることなく出演。2017年のドラマ「トゥー・カップス〜ただいま恋が憑依中!?〜」では、1人2役を演じMBC演技大賞・月火ドラマ部門最優秀演技賞を受賞しています。

また2020年に放送と同時にNetflixで配信され、笑いと人情味あふれる群像劇が韓国のみならずアジア各国で話題になった「賢い医師生活」では、今年のブランド大賞の「今年の俳優賞」と「今年のOST賞」を受賞。どんな役でもキャラクターの個性を生かした演技で抜群の存在感を発揮するチョ・ジョンソクが、次はどんなキャラクターを見せてくれるのか今から楽しみです。

3位:チャン・ギヨン

画像出典:PRTIMES
※画像左。

〈プロフィール〉

俳優名:チャン・ギヨン
本名:チャン・ギヨン
生年月日:1992年8月7日(28歳)
出身地:蔚山広域市
血液型:B型
身長:188cm
デビュー:2012年
学歴:西京大学校芸術学部モデル演技専攻
現在の所属事務所:YGエンターテインメント

〈代表作品〉

ドラマ:「大丈夫、愛だ」「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜」「ここに来て抱きしめて」「恋愛ワードを入力してください:WWW」
映画:「悪い奴ら」「甘酸っぱい」

〈魅力〉

高校2年生の時にモデルで俳優のイ・スヒョクのグラビアを見て以来、モデルとしての夢を育ててきたと言うチャンギヨンは、2012年ソウルコレクションでモデルデビュー。

2014年、ドラマ「大丈夫、愛だ」に出演し、かねてより興味のあった俳優の仕事への第一歩を踏み出しました。ドラマ「ゴー・バック夫婦」や「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜」で俳優としてのキャリアを積み重ねていったチャンギヨンは、初恋を守り抜く純粋な主人公ドジンを演じた初主演ドラマ「ここに来て抱きしめて」で百想芸術大賞TV部門男性新人賞を受賞。

またドラマ「恋愛ワードを入力してください:WWW」では、10歳以上年上の主人公タミに想いを寄せるゲーム音楽会社の社長パク・モゴンを演じ話題を集めました。

4位:クォン・サンウ

画像出典:PRTIMES

〈プロフィール〉

俳優名:クォン・サンウ
本名:クォン・サンウ
生年月日:1976年8月5日(44歳)
出身地:大田広域市
血液型:O型
身長:181cm
デビュー:2001年
学歴:漢南大学校美術教育学科(東洋画専攻)
現在の所属事務所:スカンパニー

〈代表作品〉

ドラマ:「天国の階段」「悲しき恋歌」「メディカルトップチーム」「推理の女王」シリーズ
映画:「同い年の家庭教師」「マルチュク青春通り」「美しき野獣」「探偵なふたり」

〈魅力〉

チェ・ジウとの共演ドラマ「天国の階段」が日本でもヒットし、“涙の貴公子”として人気を博した元祖韓流スターのクォン・サンウ。2001年にドラマ「おいしいプロポーズ」で俳優デビューを果たした彼は、ドラマ「太陽に向かって」で初主演を務め、純粋でまっすぐな青年を演じ共感を集めました。

2003年に放送された「天国の階段」は、最高視聴率45.3%を記録。彼の大ブレイクのきっかけになりました。

また、元祖“モムチャン(鍛え上げられた肉体のこと)俳優”とも言われるクォンサンウは、映画「火山高」や「美しき野獣」でハードなアクションを披露。映画「ライジング・ドラゴン」では、ジャッキーチェンとの共演も果たしています。

2020年には「鬼手」と「ヒットマンエージェント:ジュン」という2作品が日本でも公開されるなど、存在感を発揮し続けるクォンサンウから今後も目が離せません。

5位:イ・スンギ

画像出典:PRTIMES

〈プロフィール〉

俳優名:イ・スンギ
本名:イ・スンギ
生年月日:1987年1月13日(34歳)
出身地:ソウル特別市
血液型:B型
身長:182cm
デビュー:2004年
学歴:東国大学国際通商学科学士・修士、東国大学映像大学院文化コンテンツ学科修士
現在の所属事務所:フックエンターテインメント

〈代表作品〉

ドラマ:「僕の彼女は九尾狐」「キング〜Two Hearts」「君たちは包囲された」「バガボンド」
バラエティ:「1泊2日」「イ・スンギのチプサブイルチェ〜師匠に弟子入り」「ソウルの田舎者」「ふたり旅」

〈魅力〉

現在、韓国で歌手・俳優業だけでなくバラエティー番組にも引っ張りだこでマルチに活躍しているイスンギ。そんな彼は2004年にアルバム「蛾の夢」をリリースし、歌手として芸能界デビューを果たしました。

2006年にドラマ「噂のチル姫」で俳優デビューを飾った彼は、2009年に最高視聴率47.1%を記録した大ヒットドラマ「華麗なる遺産」で主演を務めると、その憎めないキャラクターが受けて“国民の弟”と呼ばれるように。

またバラエティーでも愛されキャラを発揮し、多くのバラエティー番組でMCを務めるようになりました。

2021年上半期にはイスンギが正義感に燃える新人巡査を演じる新ドラマ「マウス」の放送も控えており、今後の活躍にも期待が高まります。

お気に入りの俳優さんを見つけて、“Stay Home”を楽しみましょう

いかがでしたか?
今回は、安定大御所俳優さんたちをピックアップしてみました。 ぜひお気に入りの俳優さんを見つけて、より深い沼ライフを楽しんでくださいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事