東京ドイツ村おすすめお土産3選!ヒルナンデス注目スイーツ「バウムクーヘン」も

  • 2021年03月30日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部レジャー担当です。

在宅ワーク中でも最新情報をゲットするために、平日の日課となってしまった「ヒルナンデス」の視聴。
その「ヒルナンデス(2021年2月19日放送)~マチャミのおひとり様が行く!=~」で紹介されたテーマパーク東京ドイツ村のイルミネーションがとってもキレイ!
そして、お土産のバウムクーヘンが美味しそう……。

土日は混みそうなので、平日の日没に行ってきました!
ここでは、東京ドイツ村で開催中のイルミネーションとおすすめのお土産をご紹介しています。

東京ドイツ村のウィンターイルミネーション

▲開催時間:日没後~20:00(最終入園19:30)

2021年3月28日(日)まで開催中の東京ドイツ村のウィンターイルミネーションです。 観覧車も動いているので、上空からのイルミネーションも楽しめます。

アニメ「鬼滅の刃」の曲に合わせてイルミネーションが連動したり、恐竜がいたりと……想像していたよりも見どころはたくさんありました。

悪天候以外は前日開催していますが、事前に東京ドイツ村公式ホームページでチェックすることをおすすめします。

■東京ドイツ村公式ホームページ
https://t-doitsumura.co.jp/special_event/

この日はめっちゃ強風で怖かったです(笑)。
※観覧車などのアトラクションは別料金です。

入園料は車代のみ

料金は普通乗用車1台で3,000円でした。
入園料込みなので、お得感があります(アトラクションは別料金)。

幼稚園と学校から帰ってきた子どもたちを車に乗せて家族4人で3000円でした。
7人乗りの車なので、期間中なら7人乗って来園しても3000円ということになります。

マイクロバスなどは別料金です。

東京ドイツ村おすすめお土産「バウムクーヘン専門店Angie」3選

お目当てでもある、お土産屋さんには「ヒルナンデスでしょうかいされました!」のPOPがたくさん(笑)。
ヒルナンデス観てきたのですが、お土産屋さんも対応早い!!!

他にも「マツコで紹介された」というPOPもありましたが、売り切れ。
イルミネーションのデメリットは閉館時間に近いことから、メディアで紹介されたスイーツは売切れになっている可能性が高いかもしれません。

(1)落花生キャラメリゼバウム

落花生キャラメリゼバウム

個包装で6個入りです。

落花生キャラメリゼバウム

箱は意外とゴージャス感がありますね。

落花生キャラメリゼバウム 落花生キャラメリゼバウム

普通のバウムクーヘンくらいかなぁ~と思っていましたが、キャラメルソースが濃くて美味しい!
落花生の風味がどのあたりかよくわからなかったのですが、この美味しさはアリです。

(2)アンジーの黒ビール

アンジーの黒ビール

見た目重視のお土産なら「アンジー」は外せないです。

アンジーの黒ビール

ビールジョッキの形をしたバウムクーヘンです。
もちろん中にビールなどの液体は入っていません。また、アルコールなどは一切使用されてないです。

アンジーの黒ビール

開封する場所だけ注意が必要です。
ジョッキ型の上を開けてしまうと取り出しにくいので、ジョッキ型の下を開封すると袋を上に抜けばジョッキを取り出せます。

アンジーの黒ビール

中は空洞です。
遊びでも液体は中に注がない方が良いと思います。

アンジーの黒ビール

気になる味ですが、壊れにくいように作られているからか、かためのバウムクーヘンですが。なので、カットはしやすいです。
部分カットでジョッキが崩壊する心配はありません。

アンジーの黒ビール

甘さは控えめなので、カットしたらバニラアイスなどと一緒に食べても美味しいかもです。

(3)ドイツ旗バウムチップス

ドイツ旗バウムチップス

ミニサイズなので、“ついで買い”しちゃう危険なお菓子です。

ドイツ旗バウムチップス

しっとりバウムクーヘンとは違い、クッキーのような味わいで美味しい。
1箱に8枚入っていましたが、食べだすと止まらないですね。

切る手間もないし、個包装でもないので開けたら止まらないです。
家族で1個は絶対足りないので、おやつ用に買うなら1人1個買わないとケンカになるレベルかも。

いかがでしたか?
イルミネーションの点灯時間も重要ですが、日没前に行くと夕焼けがとってもキレイです。
ヒルナンデスやマツコで取り上げられたお土産も事前にチェックしておくと、買い物もスムーズですが、売り切れる可能性大なので、東京ドイツ村に着いたら即お土産屋さんチェックがよいです。

寒さ対策、花粉対策、感染症対策を忘れずに3月28日(日)までなので、春休みの前半に家族で検討してみてはいかがでしょうか?

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事