韓国一“美しい男”と言われた【最旬イケメン俳優主演】秒でハマる「おすすめ韓国ドラマBEST5」

  • 2021年08月17日更新

こんにちは、年間480本以上の作品を鑑賞している映画ライターの白河さなです。

今回は、イ・ジュンギさんの出演作品でおすすめの5つをピックアップしてみました。

イ・ジュンギさんは、2005年に「王の男」でコンギル役(女形芸人役)を演じ、”女よりもきれいな男”、“韓国一の美男子”という代名詞がついたほどの端正な顔立ちとすらりとしたスタイルを持つ人気俳優。

歌手としても活動し、芸能界への情熱にあふれた一面も、人気のポイントかもしれません。 今回は、そんなイ・ジュンギさんのおすすめ韓国ドラマを早速ご紹介します。

              

①麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~

<作品紹介>

湖に落ちた子供を助けようとして溺れた化粧品販売員、コ・ハジン(IU)。目を覚ました彼女は高麗時代にタイムスリップしていて、ヘ・スという少女の体になっていました、高麗の初代皇帝、ワン・ゴンの宮廷で暮らすことになった彼女は、美しい8人の皇子と出会います。その中でも、二人の皇子に惹かれていきますが…。

<作品レビュー>

イ・ジュンギが演じたのは、過去に深い傷を負ったミステリアスで孤独な第四皇子ワン・ソ。イ・ジュンギのクールの中にも優しさがある眼差しは、まさにワン・ソでした。最初はヘ・スのことを冷たく突き放しますが、危険が迫った時には見捨てずに助けます。ヘ・スの身を守るために、もう好きではないと嘘をついて去っていくシーンは苦しすぎて号泣注意です。最終話はこんなにも切なく辛い話があるのかと、しばらく余韻から抜け出せませんでした。

DVD-SET1

DVD-SET2

②無法弁護士~最高のパートナー~

<作品紹介>

人権弁護士だった母を目の前で殺され、母方の伯父で組織暴力団のボスの下で育ったポン・サンピル(イ・ジュンギ)は、暴力団の弁護士として活躍していました。そんなある日、差出人不明で1冊の手帳を受け取った彼は、復讐の時が来たことを確認し、18年ぶりに故郷へ戻ります。

<作品レビュー>

イ・ジュンギが演じたのは「法は知ってこそ破れる」と頭脳も喧嘩も超一流の負けない弁護士ポン・サンピル。そんな破天荒な弁護士の心に秘められた悲しい過去には胸が痛くなりました。特に、「時が忘れされてくれるだと?苦痛を味わったことがない奴のセリフだ」という言葉は印象に残りました。元ヤクザの事業家と表と裏の顔を持つカリスマ裁判官という巨大権力に立ち向かっていくサンピルから目が離せません。正義感あふれる勝ち気な熱血弁護士ハ・ジェイとのロマンスの行方にも注目です。

DVD-BOX1

DVD-BOX2

③一枝梅~イルジメ

<作品紹介>

17世紀、朝鮮王朝中期。功臣の息子・ギョム(イ・ジュンギ)は、父を目の前で暗殺されます。ギョムは何とか刺客の手を逃れますが、ショックで記憶を失くし、ヨンと言う名で庶民夫婦の子として育てられます。それから13年、ギョムの生存を知った刺客は、再び彼を狙い始めます。

<作品レビュー>

イ・ジュンギが演じたのは、悪に立ち向かう孤高の義賊・イルジメ。皮肉すぎる運命に鳥肌が立つのと同時に、善悪とは何なのか思わず考えてしまう作品でした。何よりも、1話の梅の花越しのイ・ジュンギのドアップが美しすぎて心奪われてしまいました(笑)今は名俳優になっている当時子役だったキャストたちの演技も必見です。臆病で気弱だった青年が記憶を取り戻し、強く逞しくなる過程は心を打たれます。華麗なアクションシーンや、CGを駆使した美しい映像も見どころの一つでしょう。

DVD-BOX1

DVD-BOX2

④クリミナル・マインド:KOREA

<作品紹介>

ソウルで起きた爆弾テロ。NCI行動分析チーム長のギヒョン(ソン・ヒョンジュ)は容疑者のプロファイルを行いますが、上層部の判断ミスで失敗し、キム・ヒョンジュン(イ・ジュンギ)は仲間を失います。1年後、テロ事件に責任を感じ休職していたギヒョンですが、連続殺人事件を受けて復帰を決意します。

<作品レビュー>

イ・ジュンギが演じたのは「完璧なプロファイリングより人の命を優先するのが俺のやり方だ」と卓越した頭脳と情熱を併せ持つ捜査官。NCIのメンバーには行動分析官から情報収集のプロ、記憶能力に秀でた天才、情報操作やマスコミの対応担当など、得意分野が異なった個性豊かな人物が勢ぞろい。メンバーそれぞれが、抱える過去にどう立ち向かっていくのか、という点も意識して見るのがおすすめです。

DVD-BOX1

DVD-BOX2

⑤TWO WEEKS

<作品紹介>

三流チンピラのテサン(イ・ジュンギ)は、別れた恋人・イネと自分との間に8歳の娘・スジンがいると知らされます。急性白血病で骨髄移植を必要とするスジンのドナーとして2週間後に移植手術を受けることになったテサンですが、その矢先、殺人犯として逮捕され護送中に脱走します。

<作品レビュー>

イ・ジュンギが演じたのは、殺人の濡れ衣を着せられた逃亡犯。自分のためだけに生きてきたテサンが、初めて守りたいものができたときにどう成長するのか丁寧に描かれています。テサンと娘のシーンは、何度泣いたか分かりません。初めて娘に会った後「あいつ 本当にかわいかったな」と泣きながら呟くシーンは、グッときました。イ・ジュンギは表情の演技が繊細で、何秒という短い間に驚きや愛しさ、やるせなさなど色んな感情が含まれた顔をするんですよね。

DVD-BOX1

DVD-BOX2

今、旬な韓国イケメン「イ・ジュンギ」作品で、おうち時間を充実させよう

いかがでしたか?
イ・ジュンギさんの最新作品から、過去の代表作までまとめてみました。ぜひ、おうち時間のおともに、韓国ドラマを楽しんでみてくださいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事