ロマンスの女王♡無数の“胸キュンシーン”爆誕!パク・ミニョン主演「おすすめ韓国ドラマ」5選

  • 2021年08月17日更新

こんにちは、年間480本以上の作品を鑑賞している映画ライターの白河さなです。

パク・ソジュンと主演を演じた「キム秘書」で有名なパク・ミニョン。そして俳優チ・チャンウクが主演した懐かしのドラマ「ヒーラー」のウェブ漫画化が決定したばかり!

そんなニュースにちなんで、今回はロマンスの女王ともいえるパク・ミニョン主演の韓国ドラマをご紹介します。

「ヒーラー」を主演したパク・ミニョンとチ・チャンウクは2014年のKBS演技大賞で「ベストカップル賞」に輝いた歴史もあり、20代からあらゆるジャンルの「ロマンス」を演じる、今、韓国で最も注目される女優の一人です。

            

①彼女の私生活

©STUDIO DRAGON CORPORATION

仕事は完璧にこなす美術館の学芸員・ドクミ(パク・ミニョン)は、実は熱狂的なアイドルオタク。人気アイドル・シアン(チョン・ジェウォン)の大ファンで、オタク活動に全力を注いでいました。そんなある日、海外の競売場で最悪の出会い方をしたライアン(キム・ジェウク)が新館長として就任することになり…。

隠れオタク女子とクールなイケメン上司が織りなす大人の胸キュンラブコメディ。 全オタク女子に見てほしい韓国ドラマ!パク・ミニョンが予想以上にガチのオタクをしているので注目です。動画の中の推しに向かって話しかけたり、現実が最悪な時は聖地巡礼をしたり (笑)。そんな画面の中にしか恋できないドクミが、偽装恋愛をきっかけに戸惑いつつも恋をしていく様子がキュートに描かれています。

DVD-BOX1

DVD-BOX2

②キム秘書はいったい、なぜ?

© STUDIO DRAGON CORPORATION

ユミョングループの副会長個人秘書を務めるキム・ミソ(パク・ミニョン)は誰もが認める有能秘書。ナルシストな副社長を9年間支えたミソは、これからは自分の人生を歩むために退職を決意。それを知った副会長イ・ヨンジュン(パク・ソジュン)はあの手のこの手でミソをひきとめようとします。挙句の果てには、ミソにプロポーズしてきて…。

「キム秘書はいったい、なぜ?」はパク・ソジュン演じる副社長のナルシストぶりが話題になりましたが、パク・ミニョンの清楚な秘書スタイルファッションも見どころの一つでしょう。ちなみに、パク・ミニョンはこの作品の撮影に入る前にオフィスルックを着こなせるようにダイエットしたそうです。そんな完璧に見えるキム秘書が新人だった頃の回想シーンは、彼女の陰ながらの苦労や努力が描かれていて感動しました。

DVD-SET1

DVD-SET2

【マニアの解説記事はこちら】

③ヒーラー~最高の恋人~

インターネットの新聞記者チェ・ヨンシン(パク・ミニョン)は、悪を始末する闇の便利屋ヒーラーに憧れその正体を追っていました。そんな彼女の職場にパク・ボンス(チ・チャンウク)と名乗る新人が入社してきます。ただの気弱で頼りない新人に見えたボンスですが、彼には秘密があり…。

「ヒーラー」といえばとにかくキャストが美男美女!そんな二人の胸キュンシーンをあげるときに欠かせないのが、チ・チャンウクがパク・ミニョンを後ろから抱きしめるシーンでしょう。チ・チャンウクの高身長がとても生かされるシーンで、二人の身長差が萌えポイントです。他にも、朝ベッドで先に目覚めたジョンフが、まだ眠っているヨンシンを見つめるシーンは語彙力を失うほどの甘さ!いつもクールで仕事人のジョンフがヨンシンの前だと甘えん坊で子供みたいになるのがかわいいんですよね。

DVD-BOX1

DVD-BOX2

④七日の王妃

良家の娘・チェギョン(パク・ミニョン)は、兄に代わり王になることを望まれている王子・ヨク(ヨン・ウジン)と出会い互いに恋に落ちます。そんな中、ヨクの兄である第10代国王 (イ・ドンゴン)も、チェギョンに出会い、自分を恐れない彼女に惹かれていき…。

前半は正反対の兄弟に愛される甘くトキメキいっぱいのラブロマンス…なのですが、後半はトキメキというよりも切なさの方が多くて涙が止まりませんでした。逆らうことのできない運命に苦しみながらも、それぞれの愛を貫く姿に心打たれること間違いなし。共にいられなくても、生きてさえいればそれ自体が愛しあっている証になるという二人の愛の形が美しすぎて…。最終話は、日常を全て忘れて泣けます。

DVD-SET1

DVD-SET2

⑤リメンバー~記憶の彼方へ~

抜群の記憶力を持つ青年ソ・ジヌ(ユ・スンホ)は、殺人の濡れ衣を着せられた父親の無実を証明するために弁護士になります。そんな彼を支えることを決めた検事・イ・イナ(パク・ミニョン)。実はこの事件には巨大権力の陰謀が絡んでいて、真実が塗り替えられていきます。

ジヌの人生があまりにも悲惨すぎて、気づけば物語に入り込んでしまう作品でした。爽やかなイケメン俳優ナムグン・ミンの悪役が、予想以上にはまり役でインパクト抜群。最後にジヌが残した「君だけは幸せな思い出の中で暮らしてくれ」というビデオレターのシーンは涙腺崩壊です。すべてを奪われた青年の愛と真実をかけた戦いに、やるせなさと衝撃で、心臓が鷲掴みにされているかのような気持ちになりました。

DVD-SET1

DVD-SET2

数ある胸キュンシーンを演じてきたパク・ミニョンの作品!必見です♪

女優としての評価だけでなく、35歳になる今も、美しい肌と衰えを知らないボディメイクの方法などが女性の間でも超話題。

そんな、パク・ミニョンさんの過去作品を、この機会にお楽しみください!

※作品は予告なく配信終了となることがございます。
※2021年6月時点での情報です。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事