どハマり確定!【パクソジュン】が年下男子を熱演♡人気韓国ドラマ「魔女の恋愛」マニアが解説

  • 2021年08月24日更新

こんにちは、ドラマと映画のことならお任せ!ヨムーノライターのはるです。

今回は人気俳優パクソジュンの初主演ドラマで、年上女性との14歳差の恋を描いたドラマ「魔女の恋愛」を紹介していきます。

今では世界的な俳優となったパクソジュン。その姿を、韓国エンタメで見ない日はないくらいの人気ぶりで、SNSで動向をチェックするファンも絶えません。

そんなパクソジュンの、フレッシュな演技が楽しめる本作を、ぜひ観てみてくださいね。

韓国ドラマ「魔女の恋愛」のあらすじ

©2015 MBC/©CJ E&M Corporation, all rights reserved

ゴシップ雑誌『トラブルメーカー』のエース・ジヨン(オム・ジョンファ)は、仕事はできるものの同僚からは魔女と呼ばれ疎まれる存在。そんな彼女は、芸能人で政界進出を狙うキムジョンドのスキャンダルを取ろうと奮闘していましたが、命の危険に晒されることに。

さらにジヨンを妬む同僚たちの策略により、ナンパしてきた年下男子に恥をかかされそうになります。しかしそれを顔見知りになった便利屋のドンハ(パク・ソジュン)が助けてくれ、2人は熱いキスを交わすことに。その後、紆余曲折を経てジヨンの助手を務めることになったドンハは彼女に惹かれていくものの、突然彼女の元婚約者シフン(ハン・ジェソク)先輩が現れて……。

韓国ドラマ「魔女の恋愛」の見どころ

本作が初主演!主演2人の息のあった演技が魅力

本作で14歳差のカップルを演じるにあたり、「年上女性との恋愛を上手く演じてみたい」と楽しみだったと言うパクソジュン。キャリアのある俳優オムジョンファと共演した彼はインタビューで、「自分のセリフや演技をしっかり受け止め返してくれ、呼吸がとても合った」「先輩とのやりとりを通じて自分自身も成長できたのでは」と話しています。

彼が言うように、本作はドンハとジヨンの息のあった掛け合いが見どころの一つ。メイキング映像の和気藹々とした楽しそうな様子からも、脚本の行間を埋める2人の息のあった様子が伝わってきました。

ドンハの格好良さにどハマり

主演2人の息のあった演技に加え、ドンハの格好良さにも沼落ち間違いなしの本作。すでに観たは、ドンハの人に対する思いやり溢れる性格とその行動力に惹かれた人も多いのではないでしょうか。

そしてそんなドンハは、ラブシーンもとっても素敵。第2話で見せたジヨンとの濃厚なキスシーンは大人の色気たっぷりでとてもセクシーだったし、15話での勢いのある押し倒しキスも強弱のあるキスの嵐にドキドキを貰いました。

スタイリングに関して言えば、ドンハは細身の黒パンツスタイルが多かったんですが、これがとても似合っていて最高でした!たまに見せるスーツ姿にも惚れ惚れです。

終始一貫して仕事に情熱を注ぐジヨンに憧れる

主人公のジヨンは、恋をしている時もしていない時も常に仕事に全力投球。不正を正すことを信条に記事を書いており、国民の目を欺いて不正に利を得ようとする輩を懲らしめることを生きがいにしています。

そんな彼女はブランド記者になり、「パン・ジヨン記者の記事は信じられる」と言ってもらえるようになるのが夢。ドンハとの関係を大切にしながらも、自分の夢を叶えるために突き進んでいく彼女の力強い姿に、背中を押されること間違いなしです。

気になるドラマを観て”Stay Home”を楽しみましょう

いかがでしたか?

パクソジュンの可愛い笑顔と甘いキスシーンに癒される、韓国ドラマ「魔女の恋愛」。夢に突き進むジヨンの姿にも力づけられる本作を観てぜひおうち時間を楽しんでくださいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事