その手があったか!【プランターの世界】ベランダじゃなく「リビング・寝室が新しい」飾りテク

  • 2021年04月08日公開

こんにちは、インテリア雑貨のひなたライフです。

おしゃれな部屋や心地いい部屋づくりには欠かせない、観葉植物。
いくつかの植物を個々に飾るのも素敵ですが、ちょっと大きめなプランターにまとめて飾るのも、まとまりがでて大人シックな仕上がりになるんです。

杉の木とアイアンからなる「【SPICE OF LIFE】レクトプランターボックススタンド」は、木目の温かさやアイアンのインダストリアルな雰囲気で大人のお部屋にマッチし、カフェ風インテリアのよう。

またプランターという枠に縛られず、置く場所、置く物で自分らしさをディスプレイするお手伝いもしてくれるんです。

【SPICE OF LIFE】レクトプランターボックススタンド

鉢植えのサイズや置く場所で選べる、2サイズ

横に長く低めな「S」と高さと奥行がある「M」の2サイズをご用意しました。用途や置く場所でお選びくださいね。

■ Sサイズ
サイズ:横60×奥行16×高さ44cm/重量:2700g

■Mサイズ
サイズ: 横55×奥行21×高さ60cm/重量:3550g

⇒商品詳細はこちら!【5000円以上で10%OFFクーポンコード】「ym500」配布中

ボックスのサイズ

プランターの内寸は以下の通りですので、中に入れる鉢のサイズをお確かめの上お買い求めください。

■Sサイズ
内寸 : 横57×奥行13×高さ11.5cm

■Mサイズ
内寸:横52×奥行18×高さ17cm

杉×アイアン

プランターに使われているのは、日本人に馴染み深い杉の木。
杉は軽くて柔らかく、そして触れてもヒヤッとしないので昔の日本建築の床には杉が使われていました。

素足で床を歩いても冷たくないので、見た目だけでなく肌に触れた感じもどこか温かみを感じられる木材です。

脚はそれとは反して、ひんやり冷たい感触のアイアン製。硬く黒色の存在感がインダストリアルな空間を創り出します。

その辛すぎず甘すぎない相反する関係性が、インテリアの引き締め役になりお部屋の鮮度を高めてくれますね。

まとまりあるグリーン置き場

ひとまとめにした植物たちを光の当たる場所へ移動できるのも「レクトプランター」のいいところ。それに水やりも一か所で済み、高さもあるのでしゃがみこまずに水やりができるのは楽ちんですね。

また、ひとまとめにすれば雑多な印象を受けずスッキリとした印象にも。
リビングの隅や玄関、寝室などの空いたスペースに置くだけでとってもオシャレに彩ってくれます。

また、グリーンやフラワーだけでなくソファサイドに置く雑貨入れの棚としても◎。
雑誌や新聞、リモコンやティッシュなどをガサッと入れるだけでも、なんだかステキに。箱型なので目隠しにもなりサイドから見ると、ゴチャ付きも隠せちゃう優れものです。

それに、リビングとダイニング間などのパーテーション代わりにもGOOD。空間をゆるく区切りたい時にオススメです。

お気に入りの植物たちを、レイアウトできる「【SPICE OF LIFE】レクトプランターボックススタンド」。
店頭で見つけたお気に入りのグリーンをおしゃれに室内に飾れるので、インテリアとしてもすぐにでも取り入れたいアイテムです。

杉の木の素材感がそのまま感じられるので、当たり前のように植物との相性はピッタリ。それにアイアンの脚で、温かすぎない大人のモダンヴィンテージ感を添えられます。

植物と一緒に好きな雑誌や本、レコードや思い出のアルバムなどを見せすぎないちょうどいいバランスで飾れるところも◎。

また、ソファ横やデスク横、間仕切りとして置いたりと好きなようにレイアウトを楽しめます。 ちょっと寂しいなと思う壁際に艶やかな観葉植物と一緒に飾るだけで、一気にお部屋が華やぎますよ。ぜひぜひ!

紹介した商品

【SPICE OF LIFE】レクトプランターボックススタンド S/9,900円 M/13,200円(税込)

⇒商品詳細はこちら!【5000円以上で10%OFFクーポンコード】「ym500」配布中

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事