何度リピしたか忘れた【カルディ】噂のバカ売れスイーツ2TOP「棚の片隅で発見」「マニア感涙」

  • 2021年05月14日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

世界中の美味しいが詰まった【カルディ】。

ぎっしりと食品が並んだ商品棚は圧巻!どれを買おうか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、カルディマニアの小町ねずさんが、実際に買って「本当によかったおすすめお菓子」をご紹介します。 どんなところがよかったのか、詳しくレビューしていますので、ぜひお買い物の参考にしてくださいね。

棚の片隅で発見!隠れ名品チョコレート

まずは、小町さんおすすめの「オレンジフレーバーのチョコレート」をご紹介します。爽やかなオレンジフレーバーは、いつものチョコとは一味違うおいしさ。 オレンジの主張が強すぎない商品をピックアップしたので、シンプルなチョコ好きさんにもおすすめですよ。

ゴロッと入ったオレンジピールがアクセント

販売ページを見る

  • フェアトレードチョコレートオレンジピール 53g 通常価格:185円(税込)

シンプル派にはこちらがおすすめ。チョコレートとオレンジピールのおいしさがストレートに味わえる板チョコです。

サイズは小さいものの、チョコには厚みがあり、ひとかけらでも満足感は高めです。 最近の板チョコは薄く伸ばされているので、大きさの割に量が少なめですよね。一般的な板チョコは50~60gくらいなので、実は同じくらいの内容量です。

185円(税込)と板チョコにしては少し価格が高めに感じるかもしれませんが、フェアトレードのチョコの中ではお手頃価格です(フェアトレードとは適正な報酬で取引する貿易のことで、発展途上国の生産者の生活向上を目指すものです)。

フェアトレードの板チョコは500円以上することも珍しくないので、フェアトレードでこんなに安いの?と疑いましたが、パッケージの右上には「国際フェアトレード認証」のマークがついていました。疑ってごめんなさい……。
高価格なチョコは有機栽培だったり、添加物不使用だったりとこだわりがあるので、そのあたりの違いなのかもしれませんね。

使われているのは、ガーナ・クワベナアクア村のフェアトレードカカオ豆。
原材料はシンプルで、商品には「余分な油脂分を加えず、ココアバターだけを使ったカカオ分70%のダークチョコレートにオレンジピールをちりばめました」と書かれています。

確かに、ストレートにチョコレートの味が楽しめる仕上がりです。

ビターなチョコの中にはオレンジピールがゴロゴロと不規則に入っています。

オレンジピールのサイズが不揃いなのが面白いんですよね。チョコを楽しんでいるとふいにオレンジの風味がガッ!と訪れ、嬉しくなります。
オレンジピールは主張しすぎず、主役であるチョコの風味の引き立て役。奥ゆかしくも印象はしっかりと残す、いい仕事ぶりです。

チョコもオレンジピールも、甘すぎずビター過ぎず。素材のよさがそのまま生かされたおいしさです。シンプルだからこそ味わえる贅沢さ、というのでしょうか。

「フェアトレード」なんて言うと敷居が高く感じそうですが、単純においしいチョコレート。価格も高すぎず、カジュアルに食べられますよ。
同シリーズには、「ミルク50%」「ダーク70%」「ダーク80%」があります。棚の隅っこにひっそりと置かれていますが、侮れない一枚です。

もう何度リピしたか忘れた「地味すごスイーツ」

輸入食品のイメージが強いカルディですが、実は和物のお菓子も得意分野。お次は、きなこを使った絶品お菓子をご紹介します。ほっこりしたい人は、ぜひお試しを!

きなこくるみ

  • きなこくるみ 70g 通常価格:278円(税込)

販売ページを見る

「きなこくるみ」は、くるみに黒糖ときなこをまぶしたお菓子です。 黒糖は沖縄県産、きなこは熊本県産が使用されているとのこと。

カリッとしたくるみに香ばしいきなこ、甘い黒糖……。こんな組み合わせ、おいしいに決まってますよね。 きなこはきめ細かく、ザラつきのない仕上がり。口に入れると、なめらかな舌触りが楽しめます。
甘さ担当は、コク深な甘さが印象的な黒糖です。クドさはなく、やさしい甘さが好印象。

主張が強い素材がなく、絶妙なバランスなんですよね。 素朴な味わいなのに繊細さが光る、技ありなお菓子です。

商品には「大粒のくるみに~」と書かれていますが、くるみの大きさにはバラつきがありました。 大粒もゴロゴロ入っていましたが、小粒なものもパラパラと。

くるみ好きは粒が大きくないと!と思われるかもしれませんが、きなこ好きは小粒でも十分楽しめます。どっちもうまい!

原材料はシンプル。素材勝負!な真面目な味が楽しめます。

疲れたときに癒されたいなら、きなこくるみがいちおしです。 やさしい味わいに、心が穏やかになれますよ。

カルディは棚の隅まで見逃せない!

いかがでしたか?
今回紹介した商品は、棚の隅に置かれていたり、派手さはない商品ですが、食べるほどに好きになる、いつもそばにいてほしいような美味しさのお菓子でした。

ぜひ次にカルディに行った時には、そんな隠れヒットがいないか、棚の隅まで探してみて下さいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事